ルカの福音書(35)罪深い女による油注ぎ7:36~50

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

イエスは、罪を赦す神であることを確認する。

ルカの福音書 35回

罪深い女による油注ぎ

ルカ7:36~50

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスは、数々の恵みの業を行われた。

  ②イスラエルの中に、イエスとは誰かという論争が続いた。

  ③バプテスマのヨハネも、同じ疑問を抱いた。

    *イエスは彼に、自分はメシアだと回答された。

    *そして、バプテスマのヨハネを高く評価された。

    *しかし、彼よりも教会時代の信者の方が偉大だと言われた。

  ④この箇所では、シモンというパリサイ人がイエスを吟味しようとした。

(2)イエスは3度パリサイ人から食事に招かれている(すべてルカだけの記録)。

  ①7:36~50、11:37~54、14:1~24

  ②かなり長い場面になっている。

  ③なんらかの論争が起きている。

  ④3度のくり返しは、これが公生涯の特徴であることを示している。

(3)この物語は、ルカ7:35が正しいことの証明となっている。

Luk 7:35 しかし、知恵が正しいことは、すべての知恵の子らが証明します。」

  ①知恵(バプテスマのヨハネ、イエス)は正しい。

  ②知恵を信じた者たちは、知恵の子らである。

  ③知恵の子らの行いは、知恵が正しいことを証明している。

  ④イエスを信じた罪の女の行いが、イエスの教えの正しさを証明している。

  ⑤さらに、イエスは誰かというモチーフがここでも流れている。

2.アウトライン


(1)舞台設定(36節)

(2)罪の女の登場(37~39節)

(3)ラビの講話(40~47節)

(4)講話の結論(48~50節)

3.結論:5つの教訓

イエスは、罪を赦す神であることを確認する。

Ⅰ.舞台設定(36節)

1.36節

Luk 7:36
さて、あるパリサイ人が一緒に食事をしたいとイエスを招いたので、イエスはそのパリサイ人の家に入って食卓に着かれた。

(1)宴会は、宗教的、道徳的講話を聞く場となっていた。

  ①ラビを招いてこのような宴会を開くことは、高潔なことだと考えられていた。

  ②これは、巡回ラビに敬意を表するための宴会である。

  ③一般の人たちにも扉が開かれており、傍聴が許された。

  ④貧しい人たちは、宴会の残り物を食べることができた。

  ⑤イエスは、パリサイ人の招きをすべて断ったわけはない。

(2)主人は、パリサイ人のシモンである。

  ①彼は、イエスに敬意を示すためではなく、別の目的のために宴会を開いた。

  ②彼の動機は、隠されていた。

    *イエスをもてなすわけではないが、敵対するわけでもない。

    *彼は、イエスがメシアであるかどうかを疑っている段階にいた。

Ⅱ.罪の女の登場(37~39節)

1.37~38節

Luk 7:37

すると見よ。その町に一人の罪深い女がいて、イエスがパリサイ人の家で食卓に着いておられることを知り、香油の入った石膏の壺を持って来た。

Luk 7:38

そしてうしろからイエスの足もとに近寄り、泣きながらイエスの足を涙でぬらし始め、髪の毛でぬぐい、その足に口づけして香油を塗った。

(1)「罪深い女」(罪の女)とは、娼婦の婉曲語である。

  ①当時は、異邦人の娼婦もたくさんいたが、彼女はユダヤ人である。

  ②彼女は、ベタニヤのマリアでもマグダラのマリアでもない。

  ③彼女がこのような場にいるのは、異常なことである。

  ④通常は、戸口に召使が立っていて、入室を制限していた。

  ⑤宗教的な家では、誰でも中に入って話を聞けるように、扉を開いていた。

  ⑥傍聴者は食卓から離れて立ち、黙ってラビと主人の対話に話に耳を傾けた。

(2)彼女の行動

  ①香油の入った石膏の壺を持って来た。

    *石膏(アラバスター)は、香油を入れるのに最適な器とされていた。

  ②泣いていた。

  ③イエスのうしろで御足のそばに立った。

    *左ひじをついて、横になって食事をしていたので、足は外側にあった。

  ④涙でイエスの足をぬらし

  ⑤髪の毛でぬぐい

    *宗教的な婦人は、頭にかぶり物をしていた。

    *公の場で髪の毛を見せることは、不道徳なことであった。

    *トップレスで公の場に出るようなものである。

  ⑥その足に口づけして

    *継続した動作(未完了形)

  ⑦香油を塗った。

    *頭ではなく足に油を塗ったのは、彼女の謙遜の表れである。

    *香油は、遊女が商売で使用する物で、パリサイ人には忌むべきものである。

2.39節

Luk 7:39

イエスを招いたパリサイ人はこれを見て、「この人がもし預言者だったら、自分にさわっている女がだれで、どんな女であるか知っているはずだ。この女は罪深いのだから」と心の中で思っていた。

(1)パリサイ人シモンは、心ひそかにイエスについての結論を出した。

  ①イエスは、預言者ではない。

  ②もし預言者であるなら、罪の女にさわらせることはないはずだ。

  ③罪人に触れると、汚れが移る。

Ⅲ.ラビの講話(40~47節)

1.40節

Luk 7:40

するとイエスは彼に向かって、「シモン、あなたに言いたいことがあります」と言われた。シモンは、「先生、お話しください」と言った。

(1)家の主人、招かれた客、傍聴人がいる中で、いよいよラビの講話が始まる。

  ①講話は、たとえ話と質疑応答の形で、展開される。

  ②この講話で、イエスはシモンの心の中を見抜いていることを証明される。

(2)シモンは、「先生、お話しください」と言った。

  ①シモンは、イエスが自分の心の中を見抜いていることを知らない。

  ②彼は、丁寧に「先生」と言った。

  ③ルカでは「先生」とはラビのことである。ラビは、預言者以下の者。

2.41~42節

Luk 7:41
「ある金貸しから、二人の人が金を借りていた。一人は五百デナリ、もう一人は五十デナリ。

Luk 7:42

彼らは返すことができなかったので、金貸しは二人とも借金を帳消しにしてやった。それでは、二人のうちのどちらが、金貸しをより多く愛するようになるでしょうか。」

(1)500デナリの借金を赦された人と、50デナリの借金を赦された人の対比

  ①1デナリは、労働者の1日分の賃金である。

  ②借金の額は、10対1である。

  ③金貸しは、2人に恵みを与えた。

  ④話のポイントは、どちらがより多くその金貸しを愛するかということである。

3.43節

Luk 7:43
シモンが「より多くを帳消しにしてもらったほうだと思います」と答えると、イエスは「あなたの判断は正しい」と言われた。

(1)シモンは、用心深く回答した。

  ①「思います」は、用心深いことばである。

(2)イエスは、彼の判断をほめた。

  ①この判断によって、シモンは自分自身を裁くことになる。

4.44~47節

Luk 7:44

それから彼女の方を向き、シモンに言われた。「この人を見ましたか。わたしがあなたの家に入って来たとき、あなたは足を洗う水をくれなかったが、彼女は涙でわたしの足をぬらし、自分の髪の毛でぬぐってくれました。

Luk 7:45
あなたは口づけしてくれなかったが、彼女は、わたしが入って来たときから、わたしの足に口づけしてやめませんでした。

Luk 7:46
あなたはわたしの頭にオリーブ油を塗ってくれなかったが、彼女は、わたしの足に香油を塗ってくれました。

Luk 7:47

ですから、わたしはあなたに言います。この人は多くの罪を赦されています。彼女は多く愛したのですから。赦されることの少ない者は、愛することも少ないのです。」

(1)ここから、たとえ話の適用が始まる。

  ①イエスは、このたとえ話を罪の女とシモンに適用する。

(2)主人が客を歓迎するために行うことがいくつかあった。

  ①足を洗う(通常は、その家のしもべの仕事であった)。

  ②男性同士は、頬に口づけをする。

  ③頭に油を塗る。

  ④しかしシモンは、それをしなかった。

  ⑤敬意を表しているかのように振る舞いながら、実はイエスを見下していた。

(3)罪の女は、そのすべてを、しかも、謙遜に行った。

  ①涙で足をぬらし、髪の毛でぬぐった。

  ②足に口づけしてやめなかった。

  ③足に香油を塗った。

  ④多く赦されたことへの感謝を、これらの行動で表現した。

(4)シモンには、赦されたという思いがない。

  ①それどころか、赦される必要があるとも感じていない。

Ⅳ.講話の結論(48~50節)

1.48~49節

Luk 7:48
そして彼女に、「あなたの罪は赦されています」と言われた。

Luk 7:49

すると、ともに食卓に着いていた人たちは、自分たちの間で言い始めた。「罪を赦すことさえするこの人は、いったいだれなのか。」


(1)ここでイエスは、公に彼女の罪の赦しを確認された。

  ①「赦されています」は、完了形の動詞である。

    *イエスを信じた時点で、彼女は赦された。

    *そして今も、赦された状態が続いている。

    *イエスは、彼女の罪が赦されていることを確認された。

  ②この宣言は、彼女が共同体の中で新しい人生を歩むために必要なものである。

  ③イエスは、メシア宣言はしていないが、メシアとして語っている。

(2)食卓に着いていた人たちは、驚いた。

  ①神だけが罪を赦す権威を持っておられる。

  ②祭司は、代償のささげ物が献げられた後、罪の赦しを宣言することができた。

  ③イエスは、代償のささげ物なしに、罪の赦しを宣言された。

    *十字架の死が代償のささげ物となる。

  ④彼らは、イエスを信じるか、拒否するかの判断を迫られた。

2.50節

Luk 7:50
イエスは彼女に言われた。「あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。」

(1)イエスは、信仰による救いを保証された。

  ①彼女は、愛の行為によって救われたのではない。

  ②愛の行為は、イエスを信じた結果出てきたものである。

(2)「Go in peace.」(安心して行きなさい)

  ①彼女は、永遠の平安をいただいて帰ることができた。

  ②信仰による救いを得ていたからである。

結論:5つの教訓

1.救いは、恵みと信仰によってのみ与えられる。

(1)パリサイ人シモンには、罪の認識がなかった。

(2)それゆえ、信仰による救いを求める必要がなかった。

2.神は、返済不可能な罪の負債を赦してくださる。

(1)50デナリも500デナリも、大きな負債である。

(2)神は、どのような負債であっても赦してくださる。

3.神との平和は、罪の赦しによって可能となる。

(1)罪の女は、イエスを信じる信仰によって、すでに神との平和を持っていた。

(2)イエスは、その事実を再確認された。

4.神の赦しを理解すればするほど、神への感謝は深くなる。

(1)パリサイ人シモンと罪の女の差は、神の赦しを体験したかどうかの差である。

(2)神への感謝が薄れてきたときは、どれほどの罪を赦されたかを思い出せば良い。

5.謙遜な奉仕は、神の恵みに対する応答として生まれるものである。

(1)奉仕が人を救うのではない。

(2)救われたから、奉仕がしたくなるのである。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(36)イエスに仕える女たち8:1~3

2

パートⅡ.旧約時代10章 カナン定住と士師記の時代

3

ルカの福音書(35)罪深い女による油注ぎ7:36~50

4

Q305どうしたら習慣的な罪から解放されますか。

5

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

6

使徒の働き(29)―エチオピア人の宦官の救い―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.