ルカの福音書(34)バプテスマのヨハネの疑問7:18~35  

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

イエスとは誰かを確認する。

ルカの福音書 34回

バプテスマのヨハネの疑問

ルカ7:18~35

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスは、カペナウム周辺の町や村で、奇跡を行われた。

    *百人隊長のしもべが癒された。

    *やもめの一人息子が生き返った。

  ②当然、イエスとは誰かという疑問が湧いてくる。

    *預言者か、エリヤか、それ以外の預言者のひとりか。

    *モーセのような預言者か(申18:18)、メシアか。

    *インマヌエルと呼ばれるお方か(イザ7:14)。

(2)バプテスマのヨハネも戸惑った。

  ①イエスは、メシア預言を成就しておられた。

    *義を宣べ伝え、病人を癒し、悪霊を追い出し、死者を甦らせた。

  ②しかし、成就していないメシア預言もあった。

    *囚人の解放(ヨハネはその1人であった)

    *イスラエルの敵の裁き

    *ダビデ王国の回復

(3)ルカは、イエスは誰かという論争について詳細に書いた。

    *並行箇所は、マタ11:2~19。

  ①イエスを信じる者は、同じような論争に巻き込まれる。

  ②この箇所は、読者を励ますために書いたものである。

    *特に、宗教的指導者たちへの叱責が中心テーマである。

2.アウトライン


  (1)ヨハネの疑問に対するイエスの回答(18~23節)

(2)ヨハネに関するイエスの証言(24~28節)

(3)不信仰な世代に対するイエスの叱責(29~35節)

3.結論:3つの教訓

(1)バプテスマのヨハネ

(2)イエス

(3)宗教的指導者たち

イエスとは誰かを確認する。

Ⅰ.ヨハネの疑問に対するイエスの回答(18~23節)

  
1.18~19節

Luk 7:18
さて、ヨハネの弟子たちは、これらのことをすべてヨハネに報告した。すると、ヨハネは弟子たちの中から二人の者を呼んで、

Luk 7:19

こう言づけて、主のもとに送り出した。「おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも、ほかの方を待つべきでしょうか。」

(1)「これらのこと」

  ①ヨハネの弟子たちは、イエスの活動全体をヨハネに報告した。

  ②百人隊長のしもべの癒し、ナインの一人息子の蘇生などが含まれる。

(2)当時、ヨハネの確信は揺らいでいた。

  ①イザ61:1

Isa 61:1
【神】である主の霊がわたしの上にある。/貧しい人に良い知らせを伝えるため、/心の傷ついた者を癒やすため、/【主】はわたしに油を注ぎ、/わたしを遣わされた。/捕らわれ人には解放を、/囚人には釈放を告げ、

  ②囚人である自分は、まだ解放されていない。

    *当時彼は、ヘロデ大王が建設したマカイロスの砦に幽閉されていた。

    *死海の北端から約15キロ東側に入った所にある。

    *イエスの時代のペレヤの南端に位置する。

  ③そこでヨハネは、2人の弟子をイエスのもとに派遣した。

  ④イエスは、メシアなのか、メシアの先駆者であるエリヤなのか。

2.20節

Luk 7:20

その人たちはみもとに来て言った。「私たちはバプテスマのヨハネから遣わされて、ここに参りました。『おいでになるはずの方は、あなたですか。それとも、ほかの方を待つべきでしょうか』と、ヨハネが申しております。」

(1)ヨハネの質問の内容が、くり返されている。

  ①何が問題になっているかが強調されている。

  ②イエスの正体について、ヨハネは戸惑っていた。

3.21~23節

Luk 7:21

ちょうどそのころ、イエスは病気や苦しみや悪霊に悩む多くの人たちを癒やし、また目の見えない多くの人たちを見えるようにしておられた。

Luk 7:22

イエスは彼らにこう答えられた。「あなたがたは行って、自分たちが見たり聞いたりしたことをヨハネに伝えなさい。目の見えない者たちが見、足の不自由な者たちが歩き、ツァラアトに冒された者たちがきよめられ、耳の聞こえない者たちが聞き、死人たちが生き返り、貧しい者たちに福音が伝えられています。

Luk 7:23
だれでも、わたしにつまずかない者は幸いです。」

(1)イエスは、いくつかのメシア預言の成就(奇跡)に言及された。

  ①ツァラアト患者の清めに関しては、イザヤ書の預言にはない。

  ②恐らくイエスは、エリシャの奉仕を成就したという点に言及されたのであろう。

    *列王記第二5章 アラムの将軍ナアマンの癒し

(2)裁きの奉仕に関する言及はない。

  ①それは再臨のメシアの奉仕に含まれるものである。

(3)「だれでも、わたしにつまずかない者は幸いです」

  ①イエスが行ったしるしを見て、イエスをメシアと信じる者は幸いである。

  ②ヨハネは、それとは異なった理解を持ったために、イエスにつまずいた。

  ③つまずきは、信仰とは正反対の心の状態である。

Ⅱ.ヨハネに関するイエスの証言(24~28節)

1.24~26節

Luk 7:24

ヨハネの使いが帰ってから、イエスはヨハネについて群衆に話し始められた。「あなたがたは、何を見に荒野に出て行ったのですか。風に揺れる葦ですか。

Luk 7:25

では、何を見に行ったのですか。柔らかな衣をまとった人ですか。ご覧なさい。きらびやかな服を着て、ぜいたくに暮らしている人たちなら宮殿にいます。

Luk 7:26
では、何を見に行ったのですか。預言者ですか。そのとおり。わたしはあなたがたに言います。預言者よりもすぐれた者をです。

(1)イエスに質問したことで、ヨハネを疑う人が出る可能性がある。

  ①そこでイエスは、その誤解を解くために、ヨハネを高く評価する。

(2)ヨハネの描写

  ①風に揺れる葦ではない。

  ②宮殿で地上の王に仕えているのではなく、天の王に仕えている。

  ③服を見れば、預言者であることが分かる。

  ④預言者以上の者である。

2.27~28節

Luk 7:27

この人こそ、/『見よ、わたしはわたしの使いを/あなたの前に遣わす。/彼は、あなたの前にあなたの道を備える』/と書かれているその人です。

Luk 7:28

わたしはあなたがたに言います。女から生まれた者の中で、ヨハネよりも偉大な者はだれもいません。しかし、神の国で一番小さい者でさえ、彼より偉大です。

   
(1)イエスはヨハネのことを、「メシアの先駆者」と断言した。

  ①マラ3:1の引用

Mal 3:1
「見よ、わたしはわたしの使いを遣わす。/彼は、わたしの前に道を備える。/あなたがたが尋ね求めている主が、/突然、その神殿に来る。/あなたがたが望んでいる契約の使者が、/見よ、彼が来る。/──万軍の【主】は言われる。」

  ②イエスは、「あなたがたが尋ね求めている主」である。

  ③イエスの神性が確認されている。

(2)ヨハネは、旧約聖書の聖徒の中では最も偉大である。

  ①しかし、神の国の中で一番小さい者でさえ、彼より偉大である。

  ②神の国=神の国のプログラム。マタ16章の教会。

  ③教会時代の聖徒たちは、ヨハネよりも偉大である。

  ④キリストの内にあるので、偉大である。

Ⅲ.不信仰な世代に対するイエスの叱責(29~35節)

  
1.29~30節

Luk 7:29
ヨハネの教えを聞いた民はみな、取税人たちでさえ彼からバプテスマを受けて、神が正しいことを認めました。

Luk 7:30
ところが、パリサイ人たちや律法の専門家たちは、彼からバプテスマを受けず、自分たちに対する神のみこころを拒みました。

(1)ヨハネの評価に関して、イスラエルの中には分裂があった。

  ①29と30節は、マタイの福音書の並行箇所には出てこない。

  ②ルカは、31~35節のイエスのことばの背景を提供している。

(2)イエスは、一般民衆をほめた。

  ①取税人でさえ、ヨハネの教えを信じて、バプテスマを受けた。

  ②彼らは、神の方法が正しいことを認めた。

  ③つまり、自分の考えをヨハネに押しつけなかったということである。

(3)イエスは、霊的指導者たちを叱責した。

  ①パリサイ人たちや律法学者たちは、ヨハネからバプテスマを受けなかった。

  ②つまり、神が用意された救いの道を拒否したということである。

2.31~32節

Luk 7:31
それでは、この時代の人々を何にたとえたらよいでしょうか。彼らは何に似ているでしょうか。

Luk 7:32

広場に座り、互いに呼びかけながら、こう言っている子どもたちに似ています。/『笛を吹いてあげたのに、/君たちは踊らなかった。/弔いの歌を歌ってあげたのに、/泣かなかった。』

(1)この時代の人々とは、第2グループの不信仰な人たちである。

  ①過去にも、不信仰な世代は存在していた。

  ②申32:20、詩78:8、エレ2:31

Deu 32:20
主は言われた。/「わたしの顔を彼らから隠し、/彼らの終わりがどうなるかを見よう。/彼らは、ねじれた世代、/真実のない子らであるから。

Psa 78:8 先祖たちのように/強情で逆らう世代/心定まらない世代/霊が神に忠実でない世代とならないために。

Jer 2:31
あなたがた、この時代の人々よ。【主】のことばに心せよ。/わたしはイスラエルにとって荒野であったのか。/あるいは暗黒の地であったのか。/なぜわたしの民は、/「私たちは、さまよい歩きます。/もうあなたのところには行きません」/と言うのか。

(2)不信仰な人たちは、気ままな子どもたちのようである。

  ①気ままな子どもたちは、自分の思いどおりに他の子どもたちを動かそうとする。

  ②彼らは、笛を吹いたり、弔いの歌を歌ったりする。

  ③しかし、他の子どもたちは、それに従わない。

  ④そこで、気ままな子どもたちは、文句を言う。

3.33~35節

Luk 7:33
バプテスマのヨハネが来て、パンも食べず、ぶどう酒も飲まずにいると、あなたがたは『あれは悪霊につかれている』と言い、

Luk 7:34
人の子が来て食べたり飲んだりしていると、『見ろ、大食いの大酒飲み、取税人や罪人の仲間だ』と言います。

Luk 7:35
しかし、知恵が正しいことは、すべての知恵の子らが証明します。」

(1)彼らは、バプテスマのヨハネを批判した。

  ①ヨハネは、禁欲生活をし過ぎである。

  ②ヨハネは、いなごと野蜜を食べた。パンも食べず、ぶどう酒も飲まなかった。

  ③つまり、ヨハネは、宗教的指導者たちの期待通りには動かなかったのである。

  ④そこで彼らは、ヨハネは悪霊につかれていると言った。

(2)彼らは、全く別の理由で、イエスを批判した。

  ①イエスは、放縦に走っている。

  ②イエスは、取税人や罪人とともに、飲み食いした。

  ③つまり、イエスは、彼らの期待通りには動かなかったのである。

  ④そこで彼らは、イエスは罪人の仲間だと言った。

(3)イエスは、ご自分のことを「人の子」と呼ばれた。

  ①これは、メシアの称号である(ダニ7:13~14)。

  ②これは、イエスの神性を示すタイトルである。

  ③神であるイエスを拒否することは、重大な罪である。

(4)「知恵が正しい」とは、イエスとヨハネのことである。

  ①イエスとヨハネは、神の御心に従ったという意味で、「知恵の子ら」である。

  ②イエスとヨハネは、「知恵の子ら」として行動している。

  ③イエスとヨハネを信じた者たちもまた、「知恵の子ら」である。

  ④彼らは、新しい生き方を通して、イエスとヨハネが義であることを証明する。

結論:3つの教訓

1.バプテスマのヨハネ

(1)彼は、悔い改めの重要性を教えた。

(2)禁欲的なライフスタイルは、悔い改めの表現である。

(3)救いに至る最初のステップは、自らの罪を認めることである。

2.イエス

(1)イエスの自由なライフスタイルは、救われた者の喜びの表現である。

(2)イエスを信じた者は、イエスとともに食事の席に着くことになる。

3.宗教的指導者たち

(1)彼らは、ヨハネとイエスを、自分たちの思いどおりに動かそうとした。

(2)自分の現状を直視できない者は、福音の使者の内に常に欠点を見いだす。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(36)イエスに仕える女たち8:1~3

2

パートⅡ.旧約時代10章 カナン定住と士師記の時代

3

ルカの福音書(35)罪深い女による油注ぎ7:36~50

4

Q305どうしたら習慣的な罪から解放されますか。

5

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

6

使徒の働き(29)―エチオピア人の宦官の救い―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.