ルカの福音書(26)右手の萎えた人の癒し6:6~11

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

2番目の安息日論争について学ぶ。

ルカの福音書 26回

右手の萎えた人の癒し

ルカ6:6~11

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①この時期、イエスは公生涯の重要な時期に入っていた。

  ②口伝律法に関して、パリサイ人たちとの論争が始まる。

  ③福音書の中には、安息日論争が7回出てくる。

  ④ルカは、4回記録している。

    *6:1~5 弟子たちが麦の穂を摘んで食べた。

    *6:6~11 イエスは、右手の萎えた人を癒した。

    *13:10~17 イエスは、腰が曲がった女を癒した。

    *14:1~6 イエスは、水腫をわずらっている人を癒した。

(2)イエス時代のユダヤ教では、安息日が最も重要な律法であった。

  ①パリサイ人たちは、安息日にほぼすべての活動を禁じた。

  ②自分たちは、都合良く生きていた。

  ③自分はメシアだと主張するイエスが、安息日を守らないのはおかしい。

(3)安息日に関する最近のニュース

  ①2018年11月 エルアル航空のトラブル

  ニューヨークを木曜に出発予定だったエルアル航空便が、乗員の交通が問題で5

  時間も出発が遅延し、安息日前に到着できない事態に。宗教派の乗客が飛行機か

  ら降りると言い、さらに出発が遅れた。

  ②2019年3月 腎臓移植を受ける男性

  超正統派の男性が腎臓移植を受ける順番が来たが、安息日で電話に出ないため移

  植責任者の女性が夫の警官に相談。警察がパトカーで男性を自宅から病院に搬送

  する珍事態に。手術は成功したという。

  ③2019年11月 公共交通機関の運行

  テルアビブ市議会が、安息日の公共交通機関の運行計画を承認。市役所前では小

  規模な抗議デモ。

  ④2021年11月 子ども用ワクチン到着

  子ども用のワクチン100万回分が土曜に到着したのは安息日違反だとして、ユダ

  ヤ人の子供に接種するのを禁じると、超正統派のホタ師が宣言。政府は意図的に

  安息日を破っており、冒涜だと非難した。

(4)安息日はユダヤ教の重要な戒律であり、習慣である。

  ①しかし、誤用すると弊害が出て来る。

(5)安息日論争のテーマ

  ①祭儀的律法と人間の必要とは、どちらが重要か。

  ②イエスは、安息日の主である。

2.アウトライン

(1)罠を仕掛ける宗教的指導者たち(6~7節)

(2)論争を仕掛けるイエス(8~10節)

(3)癒しの結果(11節)

3.結論:自問自答すべき項目

2番目の安息日論争について学ぶ。

Ⅰ.罠を仕掛ける宗教的指導者たち(6~7節)

1.6節

Luk 6:6
別の安息日に、イエスは会堂に入って教えておられた。そこに右手の萎えた人がいた。

(1)これは、別の安息日に起きた出来事である。

  ①ルカは、ここでも、イエスの教えを癒し以上に強調している。

(2)会堂に右手の萎えた人がいた。

  ①ルカの医者としての視点が反映されている。「右手の萎えた人」。

  ②この人の状態は、深刻であった(ほとんどの人は、右手が利き腕である)。

  ③律法学者たちやパリサイ人たちが、この人をそこに置いたのであろう。

2.7節

Luk 6:7

律法学者たちやパリサイ人たちは、イエスが安息日に癒やしを行うかどうか、じっと見つめていた。彼を訴える口実を見つけるためであった。

(1)宗教的指導者たちは、イエスを訴える口実を見つけようとしていた。

  ①過去の観察から、イエスが安息日に癒しを行うことは予想された。

  ②癒しを行えば、安息日違反でイエスを訴えることができる。

(2)現代のハラハー

  ①安息日に命を救うのは、義務である。

  ②重病の人を治療するのは、制限付きで許可される。

    *イエス時代でも、命にかかわる場合は治療してもよいとされていた。

  ③その他の病気は、治療してはならない(薬を用意するのは労働である)。

    *右手の萎えた人の癒しは、現代のハラハーでも、許可されない。

Ⅱ.論争を仕掛けるイエス(8~10節)

1.8節

Luk 6:8

イエスは彼らの考えを知っておられた。それで、手の萎えた人に言われた。「立って、真ん中に出なさい。」その人は起き上がり、そこに立った。

(1)イエスは、彼らの考えを知っておられた。

  ①5:22

Luk 5:22 イエスは彼らがあれこれ考えているのを見抜いて言われた。「あなたがたは心の中で何を考えているのか。

  ②イエスは、預言者である。

  ③イエスは、神の子である。

(2)イエスが先に論争を仕掛けた。

  ①イエスは、その人に「立って、真ん中に出なさい」と命じた。

  ②その人は、その命令に従った。

  ③人々の関心が、これから起ころうとしていることに向けられた。

2.9節

Luk 6:9

イエスは彼らに言われた。「あなたがたに尋ねますが、安息日に律法にかなっているのは、善を行うことですか、それとも悪を行うことですか。 いのちを救うことですか、それとも滅ぼすことですか。」

(1)イエスは2つの質問を投げかけた。

  ①最初の質問

     「安息日に律法にかなっているのは、善を行うことですか、それとも悪を行うこと

     ですか」

    *安息日に善を行うことは、律法に適っている。

    *安息日に悪を行うことは、律法に適っていない。

  ②次の質問

    「いのちを救うことですか、それとも滅ぼすことですか」

    *安息日にいのちを救うことは、律法に適っている。

    *安息日にいのちを滅ぼすことは、律法に適っていない。

    *この場合の「いのちを救う」とは、霊的救いではなく、肉体的癒しである。

(2)宗教的指導者たちは、その質問に答えなかった。

  ①当然の答は、「安息日に善を行うことは、律法に適っている」である。

  ②そう答えれば、イエスが癒しを行うことを承認したことになる。

3.10節

Luk 6:10
そして彼ら全員を見回してから、その人に「手を伸ばしなさい」と言われた。そのとおりにすると、手は元どおりになった。

    
(1)イエスは構わずに、善を行われる。

  ①彼ら全員を見回した(宗教的指導者たちと対決された)。

  ②その人に「手を伸ばしなさい」と言われた。

  ③イエスのことばには、癒しの力がある。

(2)その人は、イエスの命令に従った。

  ①そのとおりにすると、手はもとどおりになった。

  ②彼の内には、信仰が見られる。

(3)イエスはことばを発しただけで、何も行動を起こしていない。

  ①宗教的指導者たちは、イエスを安息日違反で訴えることができない。

  ②イエスが預言者であること、また、神であることが証明された。

Ⅲ.癒しの結果(11節)

1.11節

Luk 6:11
彼らは怒りに満ち、イエスをどうするか、話し合いを始めた。

    
(1)イエスは、安息日の律法を犯すことなく、2つのことを同時に行った。

  ①宗教的指導者たちを辱めた。

  ②右手の萎えた人を癒した。

(2)宗教的指導者たちの反応は、怒りであった。

  ①ここからイエスに対する殺意が生まれた。

(3)ルカ5:12~6:11

  ①宗教的指導者たちとの論争の始まり

  ②6:11は、このセクションのまとめである。

  ③イエスが十字架に架けられる約2年前の出来事である。

  ④マタとマコでは、イエス殺害の方法を相談し始めたとある。

結論:自問自答すべき項目

1.彼らは、苦しんでいる人を解放するよりも、口伝律法を守ることを優先させた。

(1)安息日の律法が、いのちを生かすために与えられていることを理解しなかった。

(2)安息日の律法は、神の愛と深く関連している。

(3)神の愛を表現する方法は、隣人愛の実践である。

(4)私たちは、神への愛と隣人への愛を最も重視しているだろうか。

2.彼らの信仰は否定的、後ろ向きであった。

(1)彼らは、律法の細部にこだわり、律法に違反しないことだけを考えていた。

(2)イエスの信仰は肯定的で、前向きであった。

  ①愛の実践

  ②困っている人の救助

(3)私たちは、「〇〇をすべきでない」という思いだけに囚われていないだろうか。

3.彼らは、自分たちの信仰だけが正しいと確信していた。

(1)彼らは、イエスの教えを受け入れることができなかった。

(2)私たちは、キリスト教の生命力のほんの一部しか理解していない。

(3)クリスチャンとして成長する余地は、常にある。

(4)私たちは、自分の信仰や自分の教会の信仰がすべてであると思っていないか。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(32)百人隊長のしもべの癒し7:1~10

2

ルカの福音書(31)弟子の性質6:39~49

3

パートⅡ.旧約時代9章 律法と幕屋

4

#035 ロシアのウクライナ侵攻 エゼキエル書 38 章 2022.2.28

5

ルカの福音書(30)弟子の行い6:27~38

6

60分でわかる旧約聖書(26)エゼキエル書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.