Loading...

メシアの生涯(25)—ニコデモとの対話—

  • 2012.08.27
  • ヨハネ2章:23〜3章:21
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

救いに至る信仰について学びます。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「ニコデモとの対話」
 ヨハ2:23~3:21

1.はじめに

  (1)イエスのメシア宣言

①エルサレムでの過越の祭り

②宮清めを行われた。

    (2)きょうの箇所は、エルサレム滞在中の出来事

      ①ロングショット

      ②2ショット

      ③編集者のコメント

    (3)A.T.ロバートソンの調和表

ニコデモとの対話(§32)

  2.アウトライン

    (1)人々の信仰(2:23~25)

    (2)ニコデモの信仰(3:1~15)

    (3)福音の要約(3:16~21)

  3.メッセージのゴール

    (1)救いに至る信仰

(2)ユダヤ人伝道のモデル

このメッセージは、救いに至る信仰について学ぼうとするものである。

Ⅰ.人々の信仰(2:23~25)

  
1.多くの人々が信じた。

  「イエスが、過越の祭りの祝いの間、エルサレムにおられたとき、多くの人々が、イエス

の行われたしるしを見て、御名を信じた」
(23節)

    (1)イエスはしるしを行った(複数)。

      ①ヨハネは、それがどのようなものであったか、記していない。

      ②恐らく、癒しであろう。

      ③宮清めの出来事はメシア宣言であり、しるしはメシア性の証明である。

    (2)しるしについて

      ①しるしは、この箇所からマタ12章に至るまで、メシア性の証明として行われる。

      ②マタ12章のベルゼブル論争を境に、しるしの目的が変化する。

    (3)多くの人々が、御名を信じた。

      ①「御名を信じた」とは、イエスを信じたということである。

      ②ただし、その信仰の内容が問題である。

      ③彼らは、「イエスの行われたしるしを見て」、信じたのである。

      ④イエスを癒し主として信じたが、罪からの救い主として信じたわけではない。

  2.イエスは彼らを信じなかった(24~25節)

  「しかし、イエスは、ご自身を彼らにお任せにならなかった。なぜなら、イエスはすべて

の人を知っておられたからであり、また、イエスはご自身で、人のうちにあるものを知っ

ておられたので、人についてだれの証言も必要とされなかったからである」

  (1)イエスは、彼らの「信仰」を信じなかった。

    ①新共同訳「しかし、イエス御自身は彼らを信用されなかった」

    ②彼らの信仰は、しるしを見たために、一時的な興奮状態に陥った信仰である。

    ③この種の信仰は、救いに至る信仰ではない。

  (2)イエスは、人の心の中を知っておられた。

    ①1サム16:7、使1:24~25

②イエスが信用した人はいるのか。

  *ニコデモ(2:25と3:1のつながりは、明白である)

  *サマリヤの女

Ⅱ.ニコデモの信仰(3:1~15)

  
1.ニコデモとの対話

    (1)ヨハネは、7つの対話を記している。

      ①これが最初の対話である。

      ②テーマは、「新生」(新しい生まれ変わり)である。

    (2)ニコデモは、紀元1世紀のユダヤ教徒の最高峰である。

      ①最高峰とメシアの対話は、かみ合わない。

      ②紀元1世紀のユダヤ教が、いかに神の規準から離れていたかが分かる。

      ③ユダヤ的視点で読まなければ、この対話の深い意味は分からない。

  2.1~2節a

  「さて、パリサイ人の中にニコデモという人がいた。ユダヤ人の指導者であった。この人

が、夜、イエスのもとに来て言った」

    (1)彼は、「パリサイ人」である。

      ①死者の復活を信じていた(サドカイ派とは異なる)。

      ②ユダヤ人として生まれた者は、すべて救われると信じていた。

      ③バプテスマのヨハネは、これを否定していた(マタ3:9)。

    (2)彼は、「ユダヤ人の指導者」である。

      ①ラビであり、サンヘドリンの議員である。

      ②その彼が、イエスが神からの教師であることを認めた。

    (3)彼は、「夜」イエスのもとに来た。

      ①ヨハネの福音書では、「夜」には深い意味がある(否定的な意味)。

      ②ニコデモは、人目を避けて来たのであろう。

  3.2節b

  「先生。私たちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神が

ともにおられるのでなければ、あなたがなさるこのようなしるしは、だれも行うことがで

きません」

  (1)ニコデモの挨拶

    ①イエスは、「ラビ(先生)」である。

    ②イエスは、「神のもとから来られた教師」である。

      *原文では、この言葉に強調がある。

    ③「私たち」とは、イエスを受け入れる他の議員たちであろう。

      *アリマタヤのヨセフ、ラビ・ガマリエルなど。

  (2)ラビという呼びかけは、イエスに対して敬意を表したものである。

    ①ニコデモは、ラビ対ラビの対話を求めている。

4.3節

「イエスは答えて言われた。『まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生

まれなければ、神の国を見ることはできません』」

  (1)イエスの応答

    ①なぜ夜に来たのかという叱責はない。

    ②ニコデモのほめ言葉に応答することもない。

    ③ただちに、本論に入る。

  (2)本論の内容

    
「まことに、まことに」は、強調の言葉である。

    ②「新しく生まれなければ」は、新生の必要性を教える言葉である。

      *ギリシア語の「アノウセン」である。

      *「上から生まれなければ」とも訳せる。

      *両方の意味を込めて、「上から、新しく生まれなければ」と理解すべき。

    ③「ボーン・アゲイン」

      *1970年代に広まった用語である。

      *本来は、ユダヤ的用語である。

      *ニコデモの理解と、イエスの教えの間に隔たりがあることが問題である。

    ④「神の国を見ることはできません」

   
   *ヨハネの福音書では、「神の国」という言葉は、2回しか出てこない。

      *ヨハネの関心は、永遠の命にある。

      
*ここでの「神の国」とは、神の支配のことである。

      *目に見えない神の国は、やがてメシア的王国として地上に実現する。

  5.4節

  「ニコデモは言った。「人は、老年になっていて、どのようにして生まれることができる

  のですか。もう一度、母の胎に入って生まれることができましょうか』」

    
(1)ニコデモは、「新しく生まれる」という言葉を知っていた。

      ①「老年になっていて」が、キーワードである。

    (2)パリサイ的ユダヤ教が教える6つの新生の方法

      ①異邦人がユダヤ教に改宗した時

      ②王になった時

      ③バール・ミツバ(13歳)を終えた時

      ④結婚した時(サンヘドリンの議員になる資格は、既婚者であること)

      ⑤30歳でラビになった時

      ⑥イェシヴァ(神学校)の校長になった時(通常は50歳)

        *イスラエルの教師」(10節)には定冠詞が付いている。

(3)上記①と②はニコデモに該当せず、③から⑥はすべて終わっている。

もう一度、母の胎に入って生まれることができましょうか」

      
②人生やり直しの可能性はあるか。

  6.5~6節

  「イエスは答えられた。『まことに、まことに、あなたに告げます。人は、水と御霊によ

って生まれなければ、神の国に入ることができません。肉によって生まれた者は肉です。

御霊によって生まれた者は霊です」

  (1)「まことに、まことに」は、重要な教えであることを示している。

    ①アーメン、アーメン。

    (2)「人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることができません」

      
①パリサイ派神学の否定である。

      ②「水によって生まれる」とは、自然の誕生のこと。

      ③「霊によって生まれる」とは、聖霊による超自然的な誕生のこと。

  (3)「肉によって生まれた者は肉です。御霊によって生まれた者は霊です」

      ①ラビ的教授法が、ここに見られる。自然と超自然の対比

  7.7~8節

  「あなたがたは新しく生まれなければならない、とわたしが言ったことを不思議に思って

はなりません。風はその思いのままに吹き、あなたはその音を聞くが、それがどこから来

てどこへ行くかを知らない。御霊によって生まれる者もみな、そのとおりです」

    (1)ラビ的教授法

      ①知っていること(自然現象)から始めて、知らないこと(超自然現象)へ。

    (2)風の働きと、聖霊の働きの対比

      ①ともにヘブル語で「ルアㇵ」である。

      ②目には見えないが、結果は見える。

  8.9~10節

  「ニコデモは答えて言った。『どうして、そのようなことがありうるのでしょう』。イエス

は答えて言われた。『あなたはイスラエルの教師でありながら、こういうことがわからな

いのですか』」

  (1)ニコデモの限界が露呈した。

    ①彼は、知的混乱に陥った。「知っています」と言っていた(2節)。

    ②彼は、地上の領域でしかものごとを考えていない。

  (2)イエスは驚かれた。

  「あなたはイスラエルの教師でありながら、こういうことがわからないのですか」

    ①神学校の校長が、信仰の基本を理解していないのである。

    ②イザ32:15、エレ31:33、エゼ36:25~27など。

9.11~13節は、イエスが天から下った方であり、天上の真理を語っていることを示す。

10.14~15節

  「モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げられなければなりません。それは、

信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです」

  (1)ニコデモへの個人伝道。民21:8~9

  「すると、【主】はモーセに仰せられた。『あなたは燃える蛇を作り、それを旗ざおの

上につけよ。すべてかまれた者は、それを仰ぎ見れば、生きる』。モーセは一つの青

銅の蛇を作り、それを旗ざおの上につけた。もし蛇が人をかんでも、その者が青銅の

蛇を仰ぎ見ると、生きた」

(2)神の行為と人の行為

①青銅の蛇は上げられた。それと同じように「人の子」も上げられる。

②青銅の蛇を仰ぎ見た人は生きた。「人の子」を信じる者も生きる。

Ⅲ.福音の要約(3:16~21)

  
1.16節

  「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じ

る者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」

  
(1)イエスのことばであっても、ヨハネの言葉であっても、結論は同じことである。

  (2)イエス・キリストの福音の要約となっている。

    ①「世」とは、人間のことである。

    ②イエス・キリストを信じるかどうかで、道が分かれる。

      *滅びの道と永遠のいのちの道

2.17~21節

  (1)光と闇の戦い

    ①悪人が闇を好むのは、その行いが隠されるからである。

    ②真理を行う者が光を好むのは、その行いが光にさらされるためである。

結論:

  1.救いに至る信仰

    (1)神の御業

      ①ひとり子を、私たちの罪を贖うために犠牲にされた。

    (2)私たちの責任

      ①それを神からの贈り物として受け取る(信じる)こと。

    (例話)Forever 21のショッピングバッグにヨハ3:16が印刷されている。

2.ニコデモの救いは、ユダヤ人伝道のモデルである。

  (1)ニコデモは、イエスのことばをすぐに理解したわけではない。

    ①次に来るのは、葛藤の段階である。

    ②現代のメシアニック・ジューも、同じところを通過する。

  (2)ニコデモは、イエスを逮捕するかどうかに際して、先ずイエスを尋問するよう

に要求した。ヨハ7:50~51。

  ①まだ信者ではない。

(3)アリマタヤのヨセフとともに、イエスを埋葬した。ヨハ19:39~40。

  ②信者になっている。

(4)ニクディモン・ベン・グリオンという名がタルムードに出て来る。

  ①エルサレム在住の、尊敬されていた裕福なユダヤ人

  ②エルサレムの3人の義人のひとり

  ③職業は井戸掘り。

  ④彼の娘は、物乞いをして回った(ラビ文書の話である)。

  ⑤ニコデモは、霊的には豊かになった。

週間アクセスランキング

1

信仰がぐらつく時

2

使徒の働き(78)―エペソの長老たちへのメッセージ(1)―

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

使徒の働き(77)―トロアスからミレトへの旅―

5

「ダビデ契約、聖霊、黙示録」中川洋

6

Q221試練の時どうすればいいのですか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.