パートⅡ.旧約時代 5章 大洪水

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

大洪水について学ぶ。

パートⅡ.旧約時代

5章 大洪水

イントロダクション

1.「神の国と悪魔の国の葛藤」というテーマを基に聖書を読み解く作業を行っている。

2.パートⅠ.葛藤の舞台設定(1~3章)

  (1)サタンは、悪魔の国を造るという目的をある程度達成したかに見える。

  (2)神は、直ちにサタンを滅ぼすこともできたが、そうはしなかった。

  (3)神は、創世記3章15節で福音の原型を示された。

3.パートⅡ.旧約時代(4~17章)

    4章 カインとアベル

(1)サタンは、堕天使と人間の娘の雑婚を推進した。

(2)これは「女の子孫」の誕生を阻止するための策略である。

(3)神の対抗策は、地球を覆う大洪水である。

    5章 大洪水

4.アウトライン

(1)人の悪の増大

(2)箱舟の建造

(3)大洪水

(4)神の守り

大洪水について学ぶ。

Ⅰ.人の悪の増大

1.大洪水が起る直前の地上の状態は、どのようなものであったか。

(1)創6:5

Gen 6:5 【主】は、地上に人の悪が増大し、その心に図ることがみな、いつも悪に傾くのをご覧になった。

(2)創6:11~12

Gen 6:11 地は神の前に堕落し、地は暴虐で満ちていた。

Gen 6:12 神が地をご覧になると、見よ、それは堕落していた。すべての肉なるものが、地上で自分の道を乱していたからである。

2.サタンは、セツの家系から「女の子孫」が誕生することを阻止しようとした。

(1)カインの家系とセツの家系を接触させる。

   ①セツの家系に悪影響を与え、その信仰を破壊する。

(2)堕天使たちに人間の女たちと結婚させる。

   ①人間の女には、カインの家系もセツの家系も含まれる。

   ②この雑婚の目的は、異常な人間を誕生させることである。

  ③その結果、「ネフィリム」と呼ばれる存在が誕生した。

(3)マタ22:30から、天使は結婚するのかという疑問が生じる。

Mat 22:30 復活の時には人はめとることも嫁ぐこともなく、天の御使いたちのようです。

  ①この聖句は、良い天使たちの関するものである。

  ②堕天使たち(悪霊たち)は、人の娘と結婚する。

3.人類が堕落して行くのを見て、神は大いに悲しまれた。

(1)創6:6~7

Gen 6:6 それで【主】は、地上に人を造ったことを悔やみ、心を痛められた。

Gen 6:7
そして【主】は言われた。「わたしが創造した人を地の面から消し去ろう。人をはじめ、家畜や這うもの、空の鳥に至るまで。わたしは、これらを造ったことを悔やむ。」

  ①神は、人類を破滅から救おうとされた。

Ⅱ.箱舟の建造

1.神は、サタンの悪影響を受けない1人の信仰者を残しておられた。

(1)ノアは、セツの家系に属する人物である。

  ①彼は、時代の圧力(この世の価値観)に抗し、神に従順な生活を続けた。

   ②神は、ノアと3人の息子たちを通して新しい人類の歴史を作ろうとされた。

2.ノアの時代に大洪水が襲った理由が、2つ考えられる。

(1)人類の罪を裁くための方法として、洪水が用いられた。

  ①この洪水は、局地的なものではなく、地球全体を覆うものである。

(2)ノアとその一家が悪影響を受ける前に、罪人たちを地上から取り去るため。

  ①「女の子孫」の家系をサタンの攻撃から守るための反撃策である。

3.神はノアに、箱舟を造るように命じた。

(1)箱舟は、原語では「テイバー」である。

  ①これは、、ヘブル語ではなく、エジプト語から借用したものである。

   ②その意味は、船ではなく、箱である。

   ③赤子のモーセが入れられた籠もまた「テイバー」である。

   ④ノアの箱舟と、モーセの籠には、類似点がある。

  ⑤溺死から守られた者には、他の人に救いをもたらす使命がある。

   ⑥モーセは、イスラエルに解放をもたらすために救われた。

   ⑦ノアもまた、人類に救いをもたらすために救われたのである。

(2)箱舟のサイズ

  ①長さが300キュビト(135m)

   ②幅が50キュビト(22.5m)

   ③高さが30キュビト(13.5m)

   ④広さに換算すると、135×22.5=3,037.5㎡、およそ920坪。

  ⑤3階建てなので、総床面積は2,760坪にもなる。

  ⑥船のサイズに換算すると、排水トン数4万3,000トンになる。

   ⑦米国の鉄道で使用している家畜運搬車両550両に匹敵するサイズである。

  ⑧羊なら、この箱舟に13万頭も入れることができる。

  ⑨種類が知られている動物たちをすべて入れたとしても、3万5千~7万頭。

  ⑩この箱舟は、航行することではなく、浮ぶことだけが目的の建造物である。

  ⑪この構造なら、仮に90度近く傾いたとしても、元に戻る。

(3)神から、すべての動物を2匹ずつ入れるようにという命令が下った。

   ①鳥、動物、地をはうものが、種類に従って、集められた。

   ②神が超自然的に働かれたので、動物たちは自分からノアのところに来た。

  ③箱舟に入った動物が7万5,000種類いたとしても、60%しか埋まらない。

  ④40%のスペースは、昆虫、食物、居住空間などのために用いることができる。

(4)最後に、ノアと3人の息子たちが箱舟に入った。

   ①それぞれに妻がいたので、合計8人である。

Ⅲ.大洪水

1.神からの語りかけがあってから7日後に雨が降り始めた(7日間の準備期間)。

(1)これは、人類史上初めての雨である。

   ①この雨の目的は、すべての生き物を地の面から消し去るためであった。

  ②雨は、40日40夜降り続けた。

2.この洪水は、ある地域だけを襲ったものではない。

(1)もしそうなら、人間も動物も、高い地域に避難できたはずである。

  ①もしこれが地域的な洪水なら、大規模な箱舟を造る必要はなかった。

  ②また、あらゆる種類の動物を集める必要もなかった。

(2)水が引くまでに要した時間を考えても、これは普遍的な洪水である。

  ①水は、150日間、地の上に増え続けた。

  ②また、地が乾くまでにさらに221日かかった。

(3)神は、2度と洪水をもたらさないと約束されたが、地域的な洪水は今も起こ

っている。

  ①普遍的な洪水を前提にしなければ、神の約束は成就していないことになる。

  ②現在の人類は、ノアの3人の息子から出ている。

  ③これもまた、普遍的洪水を前提とした説明である。

Ⅳ.神の守り

1.大洪水が襲って来ても、箱舟の中だけは安全であった。

(1)箱舟の中が安全だった理由は、創8:1に出て来る。

Gen 8:1
神は、ノアと、彼とともに箱舟の中にいた、すべての獣およびすべての家畜を覚えておられた。神は地の上に風を吹き渡らせた。すると水は引き始めた。

  ①「覚えておられた」とは、単に「忘れていない」ということではない。

  ②これは、心に留めている対象に対する「行動」を指すことばである。

  ③神は、箱舟の中の人間と動物を守るために、行動を起こされたということ。

  ④さらにこのことばは、契約関係を前提として語られることばである。

(2)ノア契約はまだ結ばれていないが、その預言は創6:18で与えられていた。

Gen 6:18 しかし、わたしはあなたと契約を結ぶ。あなたは、息子たち、妻、それに息子たちの妻とともに箱舟に入りなさい。

(3)箱舟は、アララテ山の上に留まった。

  ①つまり、水位が相当下がったということである。

  ②アララテ山の標高は、5,000メートル以上もある。

  ③箱舟は、山の頂上ではなく、山麓のどこかに留まったのであろう。

(4)いよいよ、ノアと3人の息子たちから新しい人類の歴史が始まる。

   ①「女の子孫」の誕生を妨害しようとしたサタンの策略は、再び神によって粉

砕されたのだ。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(59)恐れなき信仰告白12:1~12

2

ルカの福音書(58)パリサイ人たちの敵意11:37~54

3

ルカの福音書(5)マリアの賛歌1:46~56

4

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

5

Q328ヘロデ大王はなぜ2歳以下の男の子を殺したのですか。

6

ルカの福音書(57)ヨナのしるし11:27~36

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.