ルカの福音書(9)羊飼いたちへの告知2:8~20

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

羊飼いたちへの告知について学ぶ。

ルカの福音書 09回

羊飼いたちへの告知

ルカ2:8~20

1.はじめに

  (1)文脈としては、ヨハネとイエスの対比が続いている。

  ①誕生の告知

  ②実際の誕生物語

  ③人々の喜び

  (2)この対比は、ヨハネよりもイエスのほうが偉大であることを示している。

  (3)ルカは、イエスの誕生物語を詳細に記している。

  ①ルカの福音書2章の資料は、ルカだけが取り上げているユニークな情報である。

  ②ヨハネの誕生物語では、命名の経緯に強調点がある。

  ③イエスの誕生物語では、誕生の状況に強調点がある。

    *皇帝アウグストゥスが人口調査の勅令を出した。

    *ヨセフとマリアは、ベツレヘムに帰って行った。

    *ベツレヘム滞在中に、マリアは赤子を産んだ。

    *イエスの生涯の始まりは、みすぼらしいものであった。

  (4)ここは「人々の喜び」の箇所であるが、主役は予想外の人たちである。

  (5)ルカは、重要な神学的意味を盛り込んでいる。

  ①天使のことばの中に深い意味がある。

  ②主役が羊飼いたちであることの中に深い意味がある。

2.アウトライン

  (1)羊飼いたちへの告知(8~12節)

  (2)天使たちの賛美(13~14節)

  (3)最初の幼子礼拝(15~20節)

3.結論

  (1)天使のことばの神学的意味

  (2)羊飼いたちの存在の神学的意味

羊飼いたちへの告知について学ぶ。

Ⅰ.羊飼いたちへの告知(8~12節)

1.8節

Luk 2:8
さて、その地方で、羊飼いたちが野宿をしながら、羊の群れの夜番をしていた。

  (1)「その地方」とは、ベツレヘム近郊のことである。

  ①町は丘陵地にあり、その周辺に放牧地帯が広がっていた。

  (2)羊飼いたちは、野宿をしながら羊の群れの夜番をしていた。

  ①複数形なので、順番を決めて夜番をしていたのであろう。

  ②ダビデもまた、町の郊外で羊飼いをしていた(1サム17:34~35)。

1Sa 17:34 ダビデはサウルに言った。「しもべは、父のために羊の群れを飼ってきました。獅子や熊が来て、群れの羊を取って行くと、

1Sa 17:35
しもべはその後を追って出て、それを打ち殺し、その口から羊を救い出します。それがしもべに襲いかかるようなときは、そのひげをつかみ、それを打って殺してしまいます。

  ③野宿しているので、さほど寒くない気候だったことが分かる。

  ④しかし、幼子誕生の日が12月でないと断言はできない。

  (3)ベツレヘムはエルサレムに近かった。

   ①ベツレヘム近郊の羊飼いたちは、神殿で献げる小羊を飼っていた。

   ②これらの羊飼いたちは、過越の祭りで献げる小羊を飼っていたとの主張がある。

  ③これは、断言できることではなく、あくまでも推測である。

2.9節

Luk 2:9
すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。

  (1)これまでの2つの告知には、似たパターンがあった。

  ①ザカリヤへの告知(1:13~20)

    *天使ガブリエルがザカリヤに現れた。

    *ザカリヤは、取り乱し、恐怖に襲われた。

  ②マリアへの告知(1:28~37)

    *天使ガブリエルがマリアに現れた。

    *マリアは、ひどく戸惑って、なんのあいさつかと考え込んだ。

  (2)羊飼いたちへの告知にも、同じパターンが見られる。

  ①ひとりの天使の天使が彼らのそばに立った。

    *天使の名は出ていないが、ガブリエルかもしれない。

    *主の栄光(シャカイナグローリー)が周りを照らした。

    *これは、メシア誕生に伴うシャカイナグローリーである。

    *預言者エゼキエルの時代に、シャカイナグローリーは神殿から去った。

    *ヘロデが拡張した神殿には、シャカイナグローリーはなかった。

    *約500年ぶりにシャカイナグローリーがイスラエルの民の間に宿った。

    *これは、メシアの到来を告げるシャカイナグローリーである。

  ②羊飼いたちは、非常に恐れた。

    *直訳は、「大いなる恐れを恐れた」となる。

    *文語訳は、「甚(いた)く懼(おそ)る」となっている。

    *シャカイナグローリーに包まれたのであるから、恐れるのは当然である。

    *神が歴史に介入されるとき、人は大いに恐れる(旧約聖書のパターン)。

  (3)似たようなことがペテロの生涯にも起こった(使12:7)。

Act 12:7
すると見よ。主の使いがそばに立ち、牢の中を光が照らした。御使いはペテロの脇腹を突いて彼を起こし、「急いで立ち上がりなさい」と言った。すると、鎖が彼の手から外れ落ちた。

3.10節

Luk 2:10
御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。見なさい。私は、この民全体に与えられる、大きな喜びを告げ知らせます。

  (1)これは、励ましのことばである。

  ①「恐れることはありません」。ザカリヤとマリアも、同じことばを聞いた。

  ②恐れる必要がないという理由は、天使がもたらしたのは喜びの知らせだから。

  ③「この民全体」とはイスラエル人のことである。

    *「民」とはギリシア語でラオスである。

    *イエスは、第一義的にはユダヤ人のメシアとして来られた。

    *ルカは、全人類の救いという構想を持っていた。

    *使徒の働きに入ると、その構想が明らかになる。

4.11節

Luk 2:11
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。

  (1)天使は、メシアが誕生した日に、喜びの知らせをもたらした。

  ①この日は、メシアによる救いの始まりの日である。

  ②救い主は、「ダビデの町」で生まれた。

    *「ダビデの町」とは、ベツレヘムである。

    *「ダビデの町」という名称は、ダビデ契約が成就したことを示している。

  (2)今日ということばは、ルカの福音書では重要な意味を持っている。

  ①4:21 ナザレの会堂にて

「今日、この聖書のことばが実現しました」

  ②5:26 中風の人の癒しについて

「私たちは今日、驚くべきことを見た」

  ③19:5 エリコにて

「わたしは今日、あなたの家に泊まることにしているから」

  ④19:9 ザアカイの家にて

「今日、救いがこの家に来ました」

  ⑤22:61 イエスを否んだペテロに対して

「今日、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言います」

  ⑥23:43 十字架上にて

「あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます」

  (3)天使は、幼子に関して3つのタイトルを使用した。

  ①救い主

  ②キリスト

  ③主

5.12節

Luk 2:12
あなたがたは、布にくるまって飼葉桶に寝ているみどりごを見つけます。それが、あなたがたのためのしるしです。」

  (1)幼子を見つけるための「しるし」が与えられた。

  ①「しるし」となるためには、極めて稀なものでなければならない。

    *布にくるまっている。

    *飼葉桶に寝ている。

  ②羊飼いたちは、周辺にある洞窟をよく知っていた。

Ⅱ.天使たちの賛美(13~14節)

1.13節

Luk 2:13

すると突然、その御使いと一緒におびただしい数の天の軍勢が現れて、神を賛美した。

  (1)おびただしい数の天の軍勢が現れた。

  ①「軍勢」(スツラティア)は、軍事用語である。

  ②無数の天使たちが、神を賛美し、平和を宣言した。

  ③賛美は、被造物にとって自然な行為である。

  ④天使たちもまた、被造物である。

2.14節

Luk 2:14
「いと高き所で、栄光が神にあるように。/地の上で、平和が/みこころにかなう人々にあるように。」

  (1)これはヘブル的対句法である。

  ①いと高き所で - 地の上で

    *いと高き所とは、第3の天(神の臨在の場)である。

  ②栄光が - 平和が

  ③神にあるように - 御心にかなう人々にあるように

    *御心にかなう人々とは、神に信頼を置く人々である。

Ⅲ.最初の幼子礼拝(15~20節)

1.15節

Luk 2:15

御使いたちが彼らから離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは話し合った。「さあ、ベツレヘムまで行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見届けて来よう。」

  (1)羊飼いたちの応答

  ①彼らは、天使の御告げを神のことばだと理解した。

  ②また、ダビデの町をベツレヘムだと理解した。

  ③彼らは、ただちに行動を起こした。

  ④これは、マリアがエリサベツを訪問したのと同じ姿勢である。

  ⑤エルサレムにいた宗教的指導者たちとは対照的である(マタ2:5)。

Mat 2:5 彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれています。

2.16~17節

Luk 2:16
そして急いで行って、マリアとヨセフと、飼葉桶に寝ているみどりごを捜し当てた。

Luk 2:17
それを目にして羊飼いたちは、この幼子について自分たちに告げられたことを知らせた。

  (1)「捜し当てた」というのは、発見のする前に捜す行為があったということである。

  ①彼らは、「しるし」を知っていたので、発見することができた。

  (2)羊飼いたちは、マリアとヨセフ以外の人々にも、自分たちに告げられたことを伝えた。

  ①彼らは、メシア到来の知らせを伝える最初の人となった。

3.18~20節

Luk 2:18
聞いた人たちはみな、羊飼いたちが話したことに驚いた。

Luk 2:19
しかしマリアは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。

Luk 2:20
羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

  (1)羊飼いたちの話を聞いた人たちはみな、驚いた。

  ①天使が現れ、シャカイナグローリーが輝いた。

  ②救い主として誕生した幼子を見つけるためのしるしが与えられた。

  ③来てみると、天使の話のとおりであった。

  (2)マリアは、より深い理解を持っていた。

  ①「思い巡らす」とは、いくつかの出来事を比較し、その重要性を推し量ること。

  ②彼女はこれを継続して行っていた。

  ③メシアの母の大いなる期待と不安がここに見られる。

  (3)羊飼いたちは、天に帰った天使たちの賛美を引き継いで神を賛美した。

  ①彼らは、羊の群れのところに帰って行った。

  ②羊の番をすることも礼拝である。

結論

1.天使のことばの神学的意味

Luk 2:11
今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。

(1)救い主(ソテイア)

  ①ローマ帝国では、皇帝を「救い主」と呼ぶようになっていた。

  ②クリスチャンがその称号をキリストに適用した。

  ③自分は罪人だという認識があって初めて、この方は「救い主」となる。

(2)キリスト(クリストス)

  ①「油注がれた者」という称号である。

  ②ヘブル語では「メシア」である。

  ③この称号は、信者にとって最も重要なものとなる。

  ④救い主は、イエス・キリストと呼ばれるようになる。

  ⑤信者は、クリスチャンと呼ばれるようになる(使11:26)。

  ⑥私たちは、キリストにあって救いを得ている。

(3)主(キュリオス)

  ①旧約聖書のヤハウェである。

  ②羊飼いたちは、この称号の意味を十分に理解はしていなかった。

  ③マリアもまた同様である。

    *時として彼女の信仰は、揺らいだ(ルカ8:19。母と兄弟たち)。

    *マリアの理解がはっきりするのは、復活後である。

  ④ピリ3:20

Php 3:20

しかし、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、私たちは待ち望んでいます。

    *救い主であるイエスは、メシアでありヤハウェである。

    *この方によって、私たちの国籍は天に登録されている。

2
.羊飼いたちの存在の神学的意味

(1)メシア誕生の知らせは、まず羊飼いたちにもたらされた。

  ①羊飼いの実態(童話的なイメージではない)

  ②律法に無知、儀式的に汚れている、嘘つき、盗人

  ③取税人や遊女と同じように、社会的のけ者である。

(2)ここには、逆転の真理がある。

  ①マリア自身が体験したこと

  ②マリアの賛歌に歌われていた(1:51~55)。

(3)イエス自身が、貧しい者たちとひとつになってくださった。

  ①主イエスは、貧しくても忠実に働いている人たちのところに来てくださる。

週間アクセスランキング

1

パートⅡ.旧約時代12章 ダビデ

2

ルカの福音書(43)12人の帰還9:7~17

3

ルカの福音書(42)12人の派遣9:1~6

4

Q311アモス書8章11節についておしえてください。

5

Q312どういう場合に離婚は許されるのか。

6

創世記(10)—レメクとセツ—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.