ルカの福音書(7)ザカリヤの賛歌1:67~80

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

ザカリヤの賛歌について学ぶ。

ルカの福音書 07回

ザカリヤの賛歌

ルカ1:67~80

1.はじめに

  (1)前回は、「ヨハネの誕生」について学んだ。

  (2)文脈としては、ヨハネとイエスの対比が続いている。

    ①誕生の告知

    ②実際の誕生物語

    ③人々の喜び

  (3)この対比は、ヨハネよりもイエスのほうが偉大であることを示している。

  (4)ルカ1章と2章で、5つの賛歌が登場する。

    ①エリサベツの預言的言葉(1:42~45)

    ②マリアの賛歌(マグニフィカート)(1:46~55)

    ③ザカリヤの賛歌(ベネディクトゥス)(1:68~79)

    ④天使たちの賛歌(グロリア・イン・エクセルシス・デオ)(2:14)

    ⑤シメオンの賛歌(ヌンク・ディミティス)(2:29~30)

  (5)ザカリヤの賛歌の特徴

    ①ギリシア語では、1つの長い文である。

    ②少なくとも16箇所が旧約聖書への暗示・言及である。(Alfred Plummer)

        *詩篇や預言書

        *マリアの賛歌では、12箇所がそうである。

    ③「契約」と「誓い」ということばが強調されている(72~73節)。

        *契約に対する神の忠実さが中心テーマである。

  2.アウトライン

  (1)前書き(67節)

  (2)賛歌の前半:メシアによる解放(68~75節)

  (3)賛歌の後半:ヨハネの役割(76~79節)

  (4)ヨハネの成長(80節)

  
3.結論

  (1)イエスとヨハネの対比

  (2)信者の現実的手本としてのザカリヤ

ザカリヤの賛歌について学ぶ。

Ⅰ.前書き(67節)

1.67節

Luk 1:67 さて、父親のザカリヤは聖霊に満たされて預言した。

>  (1)この賛歌は、聖霊に満たされて語る預言である。

    ①ヨハネは、母の胎にいるときから聖霊に満たされた(15節)。

    ②エリサベツは、聖霊に満たされて叫んだ(41節)。

    ③祭司ザカリヤも、聖霊に満たされて預言した。

        *不信仰とその裁きから解放された彼は、素晴らしい賛歌を口にした。

  (2)ザカリヤの賛歌の役割

    ①天使ガブリエルは、ヨハネはメシアの先駆者だと予告した(15~17節)。

    ②マリアの賛歌は、イエスの誕生は終末的希望の成就だと歌った(46~55節)。

    ③ザカリヤの賛歌は、メシアとヨハネの協力関係について歌っている。

Ⅱ.賛歌の前半:メシアによる解放(68~75節)

1.68節a

Luk 1:68a 「ほむべきかな、イスラエルの神、主。

>  (1)これは、詩篇や預言書にたびたび登場する表現である。

    ①マリアの賛歌も、同様のことばで始まっている。

    ②新約聖書の書簡にも、同様の表現がある。

*エペ1:3~10、2コリ1:3~4、1ペテ1:3~5

  (2)ザカリヤは、イスラエルの神、主をほめる(賛美)する理由を挙げる。

    ①メシアによって、終末的希望である「解放」が成就する。

2.68b~70節

Luk 1:68b 主はその御民を顧みて、贖いをなし、

Luk 1:69 救いの角を私たちのために、/しもべダビデの家に立てられた。

Luk 1:70 古くから、その聖なる預言者たちの口を通して/語られたとおりに。

  (1)時制は、未来完了形、つまり預言的完了形である。

    ①マリアの賛歌でも、未来完了形が用いられていた。

  (2)神はイスラエルの民を顧みてくださった。

    ①創21:1(サラ)

    ②出4:31(イスラエルの子ら)

    ③ゼカ10:3(ユダの家)

    ④使15:14(異邦人)

Act 15:14 神が初めに、どのように異邦人を顧みて、彼らの中から御名のために民をお召しになったかについては、シメオンが説明しました。

  (3)「贖いをなし」とは、外的解放と内的解放を含む。

    ①「救いの角」とは、メシアのことである。

        *角を持った動物の力は、その角にある。

    ②詩18:2

Psa 18:2 【主】はわが巌 わが砦 わが救い主/身を避けるわが岩 わが神。/わが盾 わが救いの角 わがやぐら。

  (4)救いの角とは、ヨハネではなく、ダビデの家系から登場する人物である。

    ①ザカリヤは、マリアが3か月滞在したので、イエスのことを知っていた。

    ②彼は、イエスとヨハネが同じ計画の2つの部分であることを理解していた。

    ③今起きている出来事は、新しい宗教の創設ではない。

    ④ヨハネとイエスの誕生によって、イスラエルの民の解放の預言が成就した。

  3.71~73節

Luk 1:71 この救いは、私たちの敵からの、/私たちを憎むすべての者の手からの救いである。

Luk 1:72 主は私たちの父祖たちにあわれみを施し、/ご自分の聖なる契約を覚えておられた。

Luk 1:73 私たちの父アブラハムに誓われた誓いを。

    (1)「私たちの敵」「私たちを憎むすべての者」は、政治的な敵以上の者である。

      ①アブラハムへの誓いの成就(創22:16~18)

Gen 22:16 こう言われた。「わたしは自分にかけて誓う──【主】のことば──。あなたがこれを行い、自分の子、自分のひとり子を惜しまなかったので、

Gen 22:17 確かにわたしは、あなたを大いに祝福し、あなたの子孫を、空の星、海辺の砂のように大いに増やす。あなたの子孫は敵の門を勝ち取る。

Gen 22:18 あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。あなたが、わたしの声に聞き従ったからである。」

    (2)72~73節の強調点は、「契約」と「誓い」である。

      ①父祖たちと結んだ契約を覚えておられた。

②アブラハムに誓われた誓いを覚えておられた。

    (3)72~73節と3人の名前の関係(G. Campbell Morgan)

      ①ヨハネ-主のあわれみ(72節)

      ②ザカリヤ-主は覚えている(72節)

      ③エリサベツ-神の誓い(73節)

  4.74~75節

Luk 1:74 主は私たちを敵の手から救い出し、/恐れなく主に仕えるようにしてくださる。

Luk 1:75 私たちのすべての日々において、/主の御前で、敬虔に、正しく。

(1)外的解放

      ①イスラエルの敵からの解放が与えられる。

      ②恐れなく主に仕えるようになる。

    (2)内的解放

      ①主の御前で、敬虔に、正しく生きるようになる。

Ⅲ.賛歌の後半:ヨハネの役割(76~79節)

1.76~77節

Luk 1:76 幼子よ、あなたこそ/いと高き方の預言者と呼ばれる。/主の御前を先立って行き、その道を備え、

Luk 1:77 罪の赦しによる救いについて、/神の民に、知識を与えるからである。

(1)ザカリヤは、直接幼子に呼びかけている。

      ①幼子は、「いと高き方の預言者」と呼ばれる。

      ②幼子は、メシアの先駆者としての働きをする。

        *イザ40:3、マラ3:1、4:5

Mal 3:1「見よ、わたしはわたしの使いを遣わす。/彼は、わたしの前に道を備える。/あなたがたが尋ね求めている主が、/突然、その神殿に来る。/あなたがたが望んでいる契約の使者が、/見よ、彼が来る。/──万軍の【主】は言われる。」

      ③救いの内容について、神の民に、知識(体験)を与える。

        *罪の赦しによる救い。

        *メシアは政治的メシアではない。

      ④救いを教えることが、先駆者の究極的使命である。

  2.78~79節

Luk 1:78 これは私たちの神の深いあわれみによる。/そのあわれみにより、/曙の光が、いと高き所から私たちに訪れ、

Luk 1:79 暗闇と死の陰に住んでいた者たちを照らし、/私たちの足を平和の道に導く。」

    (1)メシアの到来が、曙の光にたとえられている。

      ①「曙の光が、いと高き所から私たちに訪れ」とは、メシアの到来のこと。

      ②イザ60:19参照

Isa 60:19太陽はもはや、あなたの昼の光とはならず、/月の明かりもあなたを照らさない。/【主】があなたの永遠の光となり、/あなたの神があなたの輝きとなる。

      ③この光は、異邦人の上にも輝くようになる。

    (2)ザカリヤは、単に息子の誕生を喜んでいるだけではない。

      ①メシアの到来と関連づけて、息子の誕生を喜んでいるのである。

Ⅳ.ヨハネの成長(80節)

  1.80節

Luk 1:80 幼子は成長し、その霊は強くなり、イスラエルの民の前に公に現れる日まで荒野にいた。

    (1)ヨハネは、両親亡き後、ユダの山地近辺の荒野に住んだ。

      ①若い時から、預言者エリヤのような生活を選んだ。

②自分がエリヤのような奉仕をすることを認識していた。

③荒野は、黙想する地である。

④ルカ3:2

Luk 3:2 アンナスとカヤパが大祭司であったころ、神のことばが、荒野でザカリヤの子ヨハネに臨んだ。

    (2)これは、イエスの成長物語と似ている。

      ①ルカ2:40

Luk 2:40 幼子は成長し、知恵に満ちてたくましくなり、神の恵みがその上にあった。

      ②2人の子どもは、30年後に同じ神の計画を進める働きに合流する。

結論

  1.イエスとヨハネの対比

    (1)2人の幼子は、ともに同じ神の計画を担う。

      ①ザカリヤは、ヨハネの誕生によって新しい時代が到来したことを知った。

      ②マリアも、イエスの誕生によって同じ確信を持った。

    (2)ヨハネに対するイエスの優位性が強調されている。

      ①誕生物語の対比

        *ヨハネは1:57~58までの2節。

        *イエスは2:1~20までの20節。

      ②呼称の対比

        *ヨハネは「いと高き方の預言者」(76節)である。

        *イエスは「聖なる者」、「神の子」(35節)である。

      ③ヨハネをイエスと同列に論じてはならない。

        *ヨハネの偉大さを確信している人たちへのルカからの警告である。

  2.信者の手本としてのザカリヤ

    (1)ザカリヤは、信者の現実的な手本である。

      ①彼は、旧約的な意味での義人である。

      ②彼は、信仰によって救われていた。

      ③しかし彼は、不信仰のゆえに聾唖状態に陥った。

      ④これは、救いの喪失ではなく、神からの訓練である。

      ⑤神のことばを認めた時に、聾唖状態から解放された。

    (2)悔い改めた者には、再び奉仕の機会が与えられる。

      ①私たちにも同じことが起こる。

      ②罪を犯すと、「信仰のことば」を失う。

      ③解決策は、1ヨハ1:9である。

1Jn 1:9 もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。

週間アクセスランキング

1

パートⅡ.旧約時代12章 ダビデ

2

ルカの福音書(43)12人の帰還9:7~17

3

ルカの福音書(42)12人の派遣9:1~6

4

Q311アモス書8章11節についておしえてください。

5

Q312どういう場合に離婚は許されるのか。

6

創世記(10)—レメクとセツ—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.