申命記(38)【主】によって立てられた権威(4)18:9~22

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

【主】が立てた権威(4)について学ぶ。

申命記 38回

「【主】によって立てられた権威(4)」

申18:9~22

1.はじめに

    (1)第2の説教:契約に基づく義務

      ①総論:臣下の義務(4:44~5:33)

      ②全的従順の呼びかけ(6~11章)

      ③律法の解説と日常生活への適用(12:1~26:15)

      ④【主】に対する誓約(26:16~19)

    (2)「律法の解説と日常生活への適用」は、律法の各論的解説とその適用である。

      ①この箇所を12項目に分割して説明している。

    (3)第8の項目:【主】によって立てられた権威(16:18~18:22)

        *神政政治の国を統治するための機関が、神によって立てられる。

      ①さばき人(16:18~17:13)

      ②王(17:14~20)

      ③祭司とレビ人(18:1~8)

      ④預言者(18:9~22)

        *モーセは指導者であり、神のことばを民に伝える仲介者であった。

        *神はモーセを通して民に律法を与え、御心を明らかにされた。

        *モーセが死ぬと、みことばを仲介する人がいなくなる。

        *さばき人、王、祭司とレビ人は、この役割を果たすことができない。

        *そこで神は、預言者を立てると民に約束された。

  
2.メッセージのアウトライン

    (1) 忌み嫌うべき異邦の民の慣わし(9~14節)

    (2)モーセのような一人の預言者(15~22節)

  
3.結論

    (1)異邦の民の慣わしが罪である理由

(2)預言者の系譜

【主】が立てた権威(4)について学ぶ。

Ⅰ.忌み嫌うべき異邦の民の慣わし(9~14節)

1.9節

Deu 18:9
あなたの神、【主】があなたに与えようとしておられる地に入ったとき、あなたは、その異邦の民の忌み嫌うべき慣わしをまねてはならない。

    (1)【主】の預言者との対比で異邦の民の慣わしが取り上げられる。

      ①カナンの地には、【主】が忌み嫌われる慣わしが存在している。

      ②これは、超自然的力を借りて未来を覗き見ようとするものである。

      ③その力によって、未来を自分の願うように変更しようとするものである。

      ④これらの異邦の民の慣わしには、不道徳な行いが伴っていた。

⑤イスラエルの民は、異邦の民の慣わしをまねてはならない。

    (2)異教の預言者バラムの預言(民23:23)

Num 23:23
まことに、ヤコブのうちにまじないはなく、/イスラエルのうちに占いはない。/神が何をなさるかは、/時に応じてヤコブに、/すなわちイスラエルに告げられる。

  2.10~12節

Deu 18:10 あなたのうちに、自分の息子、娘に火の中を通らせる者、占いをする者、卜者、まじない師、呪術者、

Deu 18:11 呪文を唱える者、霊媒をする者、口寄せ、死者に伺いを立てる者があってはならない。

Deu 18:12
これらのことを行う者はみな、【主】が忌み嫌われるからである。これらの忌み嫌うべきことのゆえに、あなたの神、【主】はあなたの前から彼らを追い払われるのである。

    (1)まず「自分の息子、娘に火の中を通らせる者」が取り上げられる。

      ①申12:31

Deu 12:31
あなたの神、【主】に対して彼らのように礼拝してはならない。彼らは【主】が憎むあらゆる忌み嫌うべきことをその神々に行い、自分たちの息子、娘を自分たちの神々のために火で焼くことさえしたのである。

      ②カナンの地の住民は、自分たちの息子、娘を偶像のために焼くことさえした。

      ③これは、アモリ人の偶像モレクに献げるいけにえであった。

      ④この罪に対する罰は、死刑である(レビ20:2~5)。

    (2)次に、8つの忌むべき慣わしが例示される。

①これら8つの慣わしの内容は、互いに重複している。

②これらの慣わしのゆえに、【主】はカナン人たちをその地から追い出される。

      ③イスラエルの民は、カナン人を裁くための【主】の器である。

      ④カナン人と同じ罪を犯すなら、イスラエルの民もまた滅びることになる。

  3.13~14節

Deu 18:13 あなたは、あなたの神、【主】のもとで全き者でなければならない。

Deu 18:14
確かに、あなたが追い払おうとしているこれらの異邦の民は、卜者や占い師に聞き従ってきた。しかし、あなたの神、【主】はあなたがそうすることを許さない。

    (1)「全き者」とは、【主】との関係が正されている者である。

      ①イスラエルの民は、【主】との正しい関係を維持しなければならない。

      ②そのためには、忌むべき慣わしから完全に離れる必要がある。

    (2)異邦の民は、卜者や占い師の言葉に聞き従ってきた。

      ①これは、いわゆる黒魔術(black magic)である。

*不道徳な魔術

*他人に危害を与えるための魔術

*利己的な目的を達成するための魔術

      ②【主】は、イスラエルの民がそうすることをお許しにならない。

Ⅱ.モーセのような一人の預言者(15~22節)

1.15~16節

Deu 18:15
あなたの神、【主】はあなたのうちから、あなたの同胞の中から、私のような一人の預言者をあなたのために起こされる。あなたがたはその人に聞き従わなければならない。

Deu 18:16
これは、あなたがホレブでのあの集まりの日に、あなたの神、【主】に求めて、「私の神、【主】の御声は二度と聞きたくありません。この大きな火はもう見たくありません。私は死にたくありません」と言ったことによるものである。

    (1)【主】は、モーセの後継者となる「一人の預言者」を起こされる。

      ①訳文の比較

「あなたの神、主はあなたの中から、あなたの同胞の中から、わたしのような

預言者を立てられる。あなたたちは彼に聞き従わねばならない」(新共同訳)

      ②単数形の「預言者」は、集合名詞と解釈される。

      ③【主】は、預言者という職責をお立てになる(世襲制ではない)。

      ④預言者たちは、モーセが忠実に【主】に仕えたように、【主】に仕える。

      ⑤しかし、彼らがモーセを凌駕することはない。

      ⑥終末的預言者として、「モーセのような一人の預言者」が起こされる。

    (2)預言者の職責を起こす理由は、民の要請があったからだと思われる。

      ①「ホレブでのあの集まりの日」(申5:25~27)

      ②イスラエルの民は、直接【主】のことばを聞くことを恐れた。

      ③それで、モーセが仲介者として立てられた。

  3.17~19節

Deu 18:17 それで【主】は私に言われた。「彼らの言ったことはもっともだ。

Deu 18:18
わたしは彼らの同胞のうちから、彼らのためにあなたのような一人の預言者を起こして、彼の口にわたしのことばを授ける。彼はわたしが命じることすべてを彼らに告げる。

Deu 18:19 わたしの名によって彼が告げる、わたしのことばに聞き従わない者があれば、わたしはその人に責任を問う。

    (1)「あなたのような一人の預言者」

①預言者は、モーセがしたように【主】に忠実に仕える。

②預言者は、イスラエルの民の中から起こされる。

      ③彼は、【主】から受けたことばをそのまま民に告げる。

      ④彼は、【主】の御名によって預言を語る。

      ⑤それゆえ、イスラエルの民は預言者のことばに聞き従う義務がある。

      ⑥もし聞き従わないなら、【主】からのさばきを受ける。

    (2)究極的な「モーセのような一人の預言者」とは、イエス・キリストである。

      ①モーセの後継者であるヨシュアでさえも、モーセの比ではない(申34:10)。

Deu 34:10 モーセのような預言者は、もう再びイスラエルには起こらなかった。彼は、【主】が顔と顔を合わせて選び出したのであった。

      ③モーセは、将来登場する預言者たちの手本(基準)となった。

      ④新約の仲介者であるイエスの登場までは、モーセが最高の預言者であった。

  4.20節

Deu 18:20
ただし、預言者であっても、わたしが告げよと命じていないことを、不遜にもわたしの名によって告げたり、あるいは、ほかの神々の名によって告げたりする者がいるなら、その預言者は死ななければならない。」

    (1)偽預言者を見分ける方法(その1)

①預言の内容が、すでに啓示されている【主】のことばと矛盾していないか。

*矛盾しているなら、その預言者は、自らを神の位置に置いている。

      ②あるいは、ほかの神々の名によって語っていないか。

        *もしそうなら、その預言者はほかの神々の代理人になっている。

      ③その罪は重大なので、その預言者は死刑に処せられる。

  5.21~22節

Deu 18:21
あなたが心の中で、「私たちは【主】が語られたのではないことばを、どのようにして知ることができるだろうか」と言うような場合、

Deu 18:22
預言者が【主】の名によって語っても、そのことが起こらず、実現しないなら、それは【主】が語られたことばではない。その預言者が不遜にもそれを語ったのである。彼におびえることはない。

    (1)偽預言者を見分ける方法(その2)

      ①その預言が実現しないなら、それは【主】が語られたことばではない。

      ②その預言者が不遜にも、それを語ったのである。

      ③【主】の預言者が語る預言は、100%成就する。

    (2)以上の2つのテストに合格しないなら、その者は偽預言者である。

      ①彼がいかなる力を持っていても、恐れる必要はない。

結論

  1.異邦の民の慣わしが罪である理由

    (1)8つの忌むべき慣わしが取り上げられている(互いに重複している)。

      ①占いをする者(witchcraft):魔術師

      ②卜者(soothsayer):予見者、予言者

      ③まじない師(one who interprets omens):手相見、占い師、占星術師

      ④呪術者(sorcerer):魔法使い、魔術師

      ⑤呪文を唱える者(one who conjures spells):黒魔術師

      ⑥霊媒をする者(a medium):悪霊との交流

      ⑦口寄せ(spiritist):降霊術

      ⑧死者に伺いを立てる者(necromancer):霊媒

(2)これらの慣わしは、罪である。

      ①忌むべき慣わしは、【主】が定めておられる道徳律を無視するものである。

②忌むべき慣わしは、【主】の主権を否定するものである。

③忌むべき慣わしを実行する者は、悪魔に束縛されるようになる。

      ④これらの慣わしは、現代人の問題でもある。

  ⑤ある新興宗教団体では、イエス・キリストの霊言も語られている。

  2.預言者の系譜

    (1)預言者とは、神のことばを受け、それを人々に伝える者である。

      ①アブラハムは預言者である(創20:7)。

Gen 20:7
今、あの人の妻をあの人に返しなさい。あの人は預言者で、あなたのために祈ってくれるだろう。そして、いのちを得なさい。しかし、返さなければ、あなたも、あなたに属するすべての者も、必ず死ぬことを承知していなさい。」

      ②アロンはモーセにとって預言者である(出7:1)

      ③族長たちは預言者である(詩105:15)

    (2)預言者という職責は、モーセから始まった。

①モーセは、イスラエルの民にとって預言者となった(申18:16)。

      ②【主】は、モーセの系譜に連なる預言者たちの出現を約束された。

      ③彼らは、【主】から聞いたことばをすべて民に伝える。

    (3)「モーセのような一人の預言者」とは、究極的にはイエス・キリストである。

      ①紀元1世紀のユダヤ教は、「モーセのような一人の預言者」を待っていた。

      ②サンヘドリンからの使者は、バプテスマのヨハネに質問した(ヨハ1:21)。

Joh 1:21
彼らはヨハネに尋ねた。「それでは、何者なのですか。あなたはエリヤですか。」ヨハネは「違います」と言った。「では、あの預言者ですか。」ヨハネは「違います」と答えた。

      ③イエスが行ったしるし(パンの奇跡)を見た人々の反応(ヨハ6:14)

Joh 6:14 人々はイエスがなさったしるしを見て、「まことにこの方こそ、世に来られるはずの預言者だ」と言った。

      ④イエスのことば(祭りの終わりの大いなる日)に対する反応(ヨハ7:40)

Joh 7:40 このことばを聞いて、群衆の中には、「この方は、確かにあの預言者だ」と言う人たちがいた。

      ⑤ペテロは、イエスがその預言者であると証言した(使3:22~23)。

Act 3:22
モーセはこう言いました。『あなたがたの神、主は、あなたがたの同胞の中から、私のような一人の預言者をあなたがたのために起こされる。彼があなたがたに告げることすべてに聞き従わなければならない。

Act 3:23 その預言者に聞き従わない者はだれでも、自分の民から断ち切られる。』

    (4)私たちが聞くべきことばとは

①イエス・キリストのことば

②使徒たちの教え

週間アクセスランキング

1
申命記 41回「諸々の規定(1)~(2)」

申命記(41)諸々の規定(1)~(2) 21:1~14

2

Q293 新型コロナウィルスのワクチンは黙示録の獣の刻印ですか。

3

60分でわかる新約聖書(25)ヨハネの手紙第三

4

申命記(40)聖戦に関する規定20:1~20

5

Q294 マタイ25章の10人の娘とは誰ですか。

6

申命記(42)諸々の規定(3)~(5)21:15~23

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.