Q253エホバの証人は、なぜ輸血を拒否するのですか

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

編集Mは小学生のころ、自分がクリスチャンだと告げると必ず「じゃあ輸血とかダメなんだー」「いやいや、それじゃないから」と言うやり取りがあったのを思い出します。

 

子供にとっても印象的な、エホバの証人の輸血拒否の教え。一体どこから来ているのでしょうか?

関連キーワード

キーワードを全て見る

253 エホバの証人は、なぜ輸血を拒否するのですか

 

Q :私の友人にエホバの証人の信者がいます。彼が言うには、聖書は輸血を禁止しているということです。輸血をどう答えればよいか、教えてください。

 

A:エホバの証人が教える輸血禁止は、よく社会問題や医療問題になっています。このテーマに関して、いつものように3つ申し上げます。

 

1 番目に、モーセの律法は、血を食べることを禁止しています。

 

 たとえば、レビ記7章26節にはこうあります。「また、あなたがたは、どこに住んでいても、鳥でも動物でもその血をいっさい食べてはならない」。この規定は、イスラエルの民を偶像礼拝から遠ざけるためのものであり、さらに、命の尊厳を教えるためのものです。この規定は、使徒15章19~21節でも繰り返されています。レ ビ記 17章11節にはこうあります。「実に、肉のいのちは血の中にある」。つまり、血を食べないと言うことは、命を大切にするということです。

 

2 番目に、血を食べることと輸血は、全く別のものです。

 

血を食べると、それは消化器に入ります。輸血すると、それは循環器に入ります。両者を同じと見なすのは、拡大解釈です。あるいは、聖書が意図していないことを聖書に押しつける解釈です。そもそも聖書が書かれた時代に「輸血」は存在していなかったのですから、存在していないものを禁止するというのは、理屈に合いません。

 

3 番目に、輸血をすべきかどうかに関しては、聖書は何も語っていません。

 

 聖書が沈黙しているテーマに関しては、各人が神との関係で、良心に照らし合わせて、自分で判断すべきです。私は、輸血を認めている立場にいます。なぜなら、輸血は人の命を救うための医療行為だからです。献血をする人は、愛の行為を実践していると考えられます。血を食することを禁止する目的は、命の尊厳を教えるためでした。そう考えると、輸血によって命を救うことは、モーセの律法の趣旨と調和していると思います。

 

参考になる聖句

 

「実に、肉のいのちは血の中にある」 (レビ17:11)

 

聖書は、輸血に関しては何も触れていません。

週間アクセスランキング

1
ルカの福音書 01回 献呈の辞

ルカの福音書(1)献呈の辞 ルカ1:1~4

2

#016 司法省が親たちに宣戦布告 米国の教育戦争2021.10.18

3

パートⅠ.葛藤の舞台設定2章 悪魔の国の始まり

4
神の国と悪魔の国(01)_パートⅠ_1章 神の国の始まり(2109)

パートⅠ.葛藤の舞台設定 1章 神の国の始まり

5

#015 アメリカの文化大戦争 批判的人種理論とは2021.10.13

6

申命記(58)モーセの死34:1~12

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.