Loading...

使徒の働き(65)―コリントでの伝道(1)―

  • 2019.06.17
  • 使徒の働き 18章1~4節
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

第二次伝道旅行について学ぶ。

「コリントでの伝道(1)」
使徒18:1~4

 

1.はじめに
(1)パウロの旅程
 ①マケドニア州でのパウロ伝道が終わった。
 ②アテネから、アカヤ州での伝道が始まる。
 ③アテネを去って、コリントに移動する。
 ④地図の表示
 ⑤写真
  *レカイオン街道①(レカイオン港に向う街道)
  *レカイオン街道②
  *アクロコリントス(アフォロディーテの神殿)
  *アポロン神殿

 

(2)コリントでの伝道の概観
 ①新しい同労者(1~4節)
 ②シラスとテモテの合流(5~8節)
 ③夜の幻(9~11節)
 ④裁判(12~18節)

 

(3)アウトライン
 ①コリント到着(1節)
 ②新しい同労者との出会い(2~3節)
 ③会堂での伝道(4節)

 

結論: コリントでの伝道(1)から学ぶ教訓

 

コリントでの伝道(1)について学ぶ。
Ⅰ.コリント到着(1節)
  1.1節
Act 18:1 その後、パウロはアテネを去ってコリントに行った。
(1)パウロがアテネに滞在中に、シラスとテモテがベレアから遅れて到着した。
 ①その後、シラスはピリピ教会を励ますために派遣された。
 ②さらに、テモテはテサロニケ教会に派遣された。
  *パウロは、この教会が迫害の中でどうなったか不安を覚えた。
 ③その後パウロは、ひとりでアテネ伝道を行った。

 

(2)パウロは、アテネを去ってひとりでコリントへ向った。
 ①ここにも、神の導きがある。
 ②この時のパウロは、不安と恐れを抱いていた。
 ③1コリ2:3
1Co 2:3 あなたがたのところに行ったときの私は、弱く、恐れおののいていました。
 ④使18:9
Act 18:9 ある夜、主は幻によってパウロに言われた。「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。
 ⑤しかし、コリントは戦略的に重要な町なので、伝道しないわけにはいかない。

 

(3)コリントという町
 ①コリントは、アテネから約80キロ西に位置する町である。
  *わずか80キロであるが、性格は全く異なる町である。
  *ある人は、「ボストンを去って、ラスベガスに行くようなものだ」と言う。
 ②ローマ帝国内で4番目に大きな町である。
  *当時の人口は、約20万人から50万人(アテネの20倍)。
  *ローマを追放されたユダヤ人も多くいたであろう。
 ③前146年にローマ軍はコリントを破壊した。
 ④しかし、戦略的に重要な町なので、そのまま滅びることはあり得ない。
 ⑤前46年にジュリアス・シーザーが再建し、植民都市(コロニー)とした。
 ⑥アカヤ州の首都で、東西に2つの港を持っていた。
  *レカイオンは、コリント湾からアドリア海に至るための港町。
  *ケンクレアは、エーゲ海に面した港町。
  *港と港の間は約6キロ。台車で船を運んだ。
  *ペロポネソス半島を400キロ迂回するよりも便利。
  *19世紀の終わりに、トルコ政府が運河を造った。
  *東西移動のための要衝の地であった。
  *アジアとヨーロッパをつなぐ役割を果たした。
 ⑦商業都市であり、堕落した町であった。
  *「korinthiazomai」(corinthianize)という動詞が生まれた(前5世紀)
  *「corinthian girl」は、娼婦のことである。
 ⑧偶像礼拝の町であった。
  *ギリシア神話の女神アフロディーテの神殿が、アクロコリントス
  (570メートル)の山頂に建っていた。
  *アフロディーテは、愛・美・性の神で、ローマ神話のビーナスに相当する。
  *その神殿には、1000人の神殿娼婦がいた。
 ⑨1コリ5:15~17
1Co 6:15
あなたがたは知らないのですか。あなたがたのからだはキリストのからだの一部なのです。それなのに、キリストのからだの一部を取って、遊女のからだの一部とするのですか。そんなことがあってはなりません。
1Co 6:16
それとも、あなたがたは知らないのですか。遊女と交わる者は、彼女と一つのからだになります。「ふたりは一体となる」と言われているからです。
1Co 6:17 しかし、主と交わる者は、主と一つの霊になるのです。
 ⑩発掘されている偶像の宮
  *メルカルト(水夫の神)
  *アポロ(音楽と詩の神)
  *アスクレーピオス(アポロの息子、医療の神)

 

Ⅱ.新しい同労者との出会い(2~3節)
  2.2節a
Act 18:2a
そこで、ポントス生まれでアキラという名のユダヤ人と、彼の妻プリスキラに出会った。クラウディウス帝が、すべてのユダヤ人をローマから退去させるように命じたので、最近イタリアから来ていたのである。
(1)パウロは、自給伝道をする必要があった。
 ①支援者がいない。
 ②生活のための糧を稼がなければならなかった。
 ③ラビたちは、職業を持ちながらヘブル語聖書を教えるのが普通であった。
 ④生徒から謝礼を受け取ってはならない。
 ⑤パウロは、天幕職人の組合(ギルド)を探したはずである。

 

(2)アキラとその妻プリスキラとの出会い。
 ①アキラは、ポントス生まれで、イエスを信じるユダヤ人である。
  *ポントスは、小アジアにあるローマの属州で、ビテニアの東に位置する。
 ②プリスキラは、プリスカとも呼ばれる。
  *プリスカの方が正式な呼び名である。
  *ルカは親しい呼び名を好むが、パウロは正式な呼び名を好む。
 ③ふたりがどのような経緯で信者になったかは、記録されていない。
 ④信者になってある年数は経っていたであろう。
 ⑤クラウデオ帝(在位41~54年)の勅令によってローマから退去させられた。
 ⑥最近、コリントに来ていた。

 

(3)クラウデオ帝によるローマからのユダヤ人の追放
 ①歴史家スエトニウス(69年~140年頃)は、紀元49年~50年に勅令が
  出されたと書いている。
 ②ローマ市民でないユダヤ人たちは、ローマから追放された。
 ③「クレスタスという首謀者の煽動で、ローマのユダヤ人たちは度重なる騒動を
  起していた」
 ④スエトニウスの誤解
  *キリストを伝えたことで、ユダヤ人共同体が揺れ動いたのは確かである。
  *彼は、キリストの名前を誤って記録した。
  *また、キリストが実際の首謀者だと思った。
  *スエトニウスは、勅令が出されてから20年後に誕生している。

 

  3.2節b
Act 18:2b パウロは二人のところに行き、
Act 18:3 自分も同業者であったので、その家に住んで一緒に仕事をした。彼らの職業は天幕作りであった。
(1)アキラとプリスキラは、パウロに好意を示した。
 ①同業者であった。
 ②家に住まわせた。
  *商人の店は1階にあり、住居は2階にあった。
 ③一緒に仕事をした。
  *天幕の製造、修理を行った。
  *天幕作りは、ギリシア語で「スケイノポイオス」である。
  *正確には、天幕職人と言うよりは、革職人である。
 ④彼らの友情は、生涯続くものとなった。

 

(2)2節では、ルカは夫のアクラを先に紹介している。
 ①彼らの名前は、ここ以外に5回出て来るが、4回までプリスカが先に出て来る。
 ②使18:18、26、ロマ16:3、2テモ4:19。例外は1コリ16:19。
 ③プリスカは、高貴な出の婦人であったのかもしれない。
 ④あるいは、なんらかの理由で夫よりも重要だと思われたのであろう。

 

Ⅲ.会堂での伝道(4節)
  1.4節
Act 18:4 パウロは安息日ごとに会堂で論じ、ユダヤ人やギリシア人を説得しようとした。
(1)コリントでも、パウロはユダヤ人伝道を優先させた。
 ①安息日ごとに会堂で論じた。
 ②ユダヤ人とギリシア人(神を恐れる異邦人)を説得しようとした。
 ③イエスは、約束のメシアであるというメッセージを語った。

 

(2)シラスとテモテが合流してからは、伝道に専念するようになる。

 

結論:コリントでの伝道(1)から学ぶ教訓
1.弱さの中に働く神の摂理
(1)パウロは、不安と恐れを覚えていた。
 ①マケドニア州での伝道の経験
 ②コリントの町は堕落しているとの悪評
 ③同労者がいない。
 ④生活の糧をどうするか。

 

(2)神は、弱っているパウロを励ました。
 ①アクラとプリスカと出会い、パウロは生涯の友人を得た。
 ②彼らもまた、ローマから追放され、弱さを覚えていたはずである。
 ③しかし、クラウデオ帝の勅令がなければ、この出会いはなかった。

 

(3)私たちは、すべてのことについて神を賛美することができる。

 

2.勤勉さの中に働く神の摂理
(1)パウロは、勤勉に働くことを求めた。
 ①その結果、仕事と2人の友人を得た。
 ②2人の友人も、勤勉な人たちであった。
 ③ユダヤ的信仰は、職業を尊ぶものである。
 ④神は、勤勉な人を祝福される。

 

(2)パウロは手紙の中で、3度彼らの名を上げている。
 ①ロマ16:3
Rom 16:3 キリスト・イエスにある私の同労者、プリスカとアキラによろしく伝えてください。
 ②1コリ16:19
1Co 16:19
アジアの諸教会がよろしくと言っています。アキラとプリスカ、また彼らの家にある教会が、主にあって心から、あなたがたによろしくと言っています。
 ③2テモ4:19
2Ti 4:19 プリスカとアキラによろしく。また、オネシポロの家族によろしく。

 

3.罪の増すところには、恵みも増す。
(1)この町にも教会が誕生する。
 ①しかし、コリント教会には、多くの問題があった。
 ②パウロは、この教会に3つの手紙を書いた(残っているのは2つ)。
 ③その内容と適用は、極めて現代的である。

 

(2)パウロはそれらの手紙によって、位置的聖化を、実際的聖化に高めようとした。
 ①1コリ1:1~3
1Co 1:1 神のみこころによりキリスト・イエスの使徒として召されたパウロと、兄弟ソステネから、
1Co 1:2
コリントにある神の教会へ。すなわち、いたるところで私たちの主イエス・キリストの名を呼び求めているすべての人とともに、キリスト・イエスにあって聖なる者とされ、聖徒として召された方々へ。主はそのすべての人の主であり、私たちの主です。
1Co 1:3 私たちの父なる神と主イエス・キリストから、恵みと平安があなたがたにありますように。
 ②彼らは、数々の問題を抱えながらも、「聖徒」と呼ばれている。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(82)―エルサレム到着―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

終末論はなぜ重要なのか

4

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

5

Q224救われていないクリスチャンとはどういう人ですか。

6

使徒の働き(81)―ツロからカイザリヤへ―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.