Q207疑いを乗り越える方法はありますか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

こちらはクリスチャンホームに育った方からのご質問です。時々「自分の信仰が間違っていたらどうしよう・・・」と思ってしまうのだそう。信仰というのは、マインドコントロールみたいなもの???

 

そんな、信仰への疑いの気持ち、どう対処すればいいでしょうか。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

207 疑いを乗り越える方法はありますか

 

Q :僕はクリスチャンホームで育ち、幼い頃から聖書やイエス・キリストの話はとても身近なものでした。しかし時々、未信者の人に「お前はマインドコントロールにかかっている」と言われたことを思い出し、「もし自分が間違ってたらどうしよう」と思ってしまうことがあります。こういう時、どのようにすればいいでしょうか。

 

A:クリスチャンの中には、このような不安を覚える方がおられると思います。信仰とは何かをもう一度考えてみましょう。このテーマに関して、いつものように3つ申し上げます。

 

1 番目に、聖書は信頼できる書です。

聖書は、40人前後の人たちが約1500年に渡って書き継いで来た書です。それにも関わらず、聖書には調和と統一性があります。その理由は、聖書の真の著者が神だからです。神は、人間の著者の特徴を活かしながら、彼らを用いて御自身を啓示されました。聖書は、地上に存在するいかなる書とも異なります。

 

2 番目に、信仰とは決断することです。

聖書は神の自己啓示の書です。聖書には、神のご性質、神がなさった御業、神がこれから為そうとしておられることなどが書かれています。それを読んで、私たちは神がどのようなお方であるかということと、私たち人間が神に背を向けて生きているということを理解します。神は、私たちを招いておられます。信仰とは、神に信頼し、その招きに応答しようと決断することです。人間には、決断する能力が与えられています。

 

3 番目に、疑うことは罪です。

疑ったり、不安になったりする理由は、この世の声に耳を傾けるからです。聖書を通して語られる神の声とこの世の声は、真っ向から対立します。この世の声に信頼することは、神を偽り者とすることです。それゆえ、疑うことは罪なのです。クリスチャンにとっての罪の解決法が、ヨハネの手紙第一1章9節に書かれています。 「もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます」 。疑いの解決法は、疑いを否定したり、追い出したりすることではなく、罪として告白することです。神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、平安を与えてくださいます。

 

参考になる聖句

「もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます」 (1ヨハ1:9)

 

 疑いは、それを罪として告白することによって乗り越えることができます。

 

週間アクセスランキング

1

中川牧師の書斎から#044「米国政治は次のステージへ」

2

申命記(20)第6戒〜第10戒

3

中川牧師の書斎から#043「米大統領選:最悪のシナリオの中にも希望はある」

4

申命記(19)第5戒

5

60分でわかる新約聖書(20)ヤコブの手紙

6

信仰がぐらつく時

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.