Q.199 反キリストとは誰ですか

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

反キリスト? 何ソレ…という方も多いと思いますので補足しますと、世の終わりに登場する「サタンから力を受けてさまざまな奇跡を行ない、多くの人を惑わす」特定の人物のことです。

 

架空やたとえの話ではなく、聖書にはかなり具体的にこの人の特徴が書かれています。さっそく見ていきましょう。

199 反キリストとは誰か

 

Q:聖書は、反キリストについてどのように教えていますか。教えてください。

 

A:反キリストとは、終わりの時代に現れる神に敵対するある人物です。反キリストについて、いつものように3つ申し上げます。

 

1番目に、反キリストは、悪の三位一体の2番目に置かれる人物です。

聖書の神は、父、子、聖霊の3つの位格において存在する唯一の神です。キリストは、第2位格に当たる子なる神です。真の神を模倣した形で存在するようになるのが、悪の三位一体です。サタン、反キリスト、偽預言者がそれです。サタンは父なる神を、反キリストは子なる神を、偽預言者は聖霊なる神を模倣します。反キリストは、偽りの教理を広げます。ヨハネは、本物の反キリストが現れる前に、小さなスケールでの反キリストが多く現れると書いています(1ヨハ2章)。

 

2番目に、反キリストは3つの別名で呼ばれています。

1「不法の人」2テサ2章)。不法の人は、偽のしるしや奇跡を行い、人々を惑わします。

2「獣」(黙13章)。獣は、大患難時代に登場し、イスラエルと平和条約を結びます。その後、ユダヤ人や信者を迫害し、自らの王国を地上に設立します。偽預言者は、獣を拝むように人々を導きます。「666」という獣のしるしを右の手か額に受けていなければ、経済活動ができなくなります。

3666。これは、「3分でわかる聖書」196回目で解説しました。

 

3番目に、反キリストはユダヤ人ではなく、異邦人です。

 反キリストはダン部族から出ると考えている人がいますが、それは違います。黙示13章と17章では、獣は海から上がってきます。海は、異邦人世界の象徴です。従って、反キリストは異邦人の中から出て来るというのが正解です。さらに、ダニ926節によれば、反キリストはエルサレムの神殿を破壊する民から出て来ます。つまり、ローマ系の人物だということです。

反キリストは、大患難時代において暴れ回りますが、キリストの再臨の時、打ち負かされます。

 

参考になる聖句

「小さい者たちよ。今は終わりの時です。あなたがたが反キリストの来ることを聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現れています。それによって、今が終わりの時であることがわかります 1コリ925

 

反キリストは神に敵対しますが、再臨のキリストによって打ち負かされます。

週間アクセスランキング

1

申命記(32)7年目の解放15:1~18

2

申命記(31)聖なる生き方を教える律法 14:1~29

3

60分でわかる新約聖書(23)ヨハネの手紙第一

4

メシアの生涯(207)—復活(5)—

5

申命記(30)偶像礼拝に対する警告12:29~13:18

6

メシアの生涯(206)—復活(4)—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.