Q.197 信者が天において受ける冠とは何ですか

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

コリント人への手紙には有名な「朽ちない冠」が登場します。新約聖書全体で見ると、キリストを信じる者には、天において5つの冠が与えられるそうです。罪を赦された上に冠って、一体どういうことなのでしょうか。

 

さっそく見ていきましょう。

197 信者が天において受ける冠とは何ですか

 

Q:コリント人への手紙第一925節に出て来る「朽ちない冠」とはなんですか。

 

A1コリ925にはこうあります。「競技をする人は、あらゆることについて節制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです」。信者が天において受ける冠について、いつものように3つ申し上げます。 

 

1番目に、冠と訳された言葉のギリシア語は、「ステファノス」です。

「ステファノス」とは、公の競技において勝利した者に与えられる冠のことです。当時は、勝利者の頭に月桂冠が被せられました。そこから転じて、「ステファノス」は、栄誉のしるしという意味にもなります。ちなみに、初代教会最初の殉教者であるステパノの名は、ここから取られています。

 

2番目に、新約聖書では、冠という言葉が比喩的に用いられています。

冠は栄誉のしるしですが、信者が実際の冠を受けるということではありません。競技会の勝者は栄誉のしるしとして冠を受けますが、信者もまた、比喩的な意味で神から栄誉の冠を受けるのです。競技会の勝者に与えられる月桂冠はやがて朽ちていきますが、信者が天において受ける冠は、朽ちることがありません。

 

3番目に、新約聖書には5種類の冠が記されています。

5種類の冠について、簡単に見てみましょう。

朽ちない冠1コリ925)。これは、天に蓄えられている「朽ちることも、汚れることも、消えて行くこともない資産」です(1ペテ14)。

誇りの冠1テサ219)。これは、「喜びの冠」とも訳せます。天において信者同士が再会する喜びを表しています。

義の冠2テモ48)。これは、キリストを信じる者に与えられる神の義です。

栄光の冠1ペテ54)。これは、信者がキリストの似姿に変えられるということです。

いのちの冠(黙210)。これは、肉体の死後も続く永遠のいのちを表しています。

 

参考になる聖句

「競技をする人は、あらゆることについて節制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです」1コリ925

 

信者には、5つの冠が約束されています。

週間アクセスランキング

1

申命記(36)【主】によって立てられた権威(2)17:14~20

2

60分でわかる新約聖書(24)ヨハネの手紙第二

3

申命記(35)【主】によって立てられた権威(1)16:18~17:13

4

60分でわかる新約聖書(23)ヨハネの手紙第一

5

ヨハネの黙示録(1)—イントロダクション—

6

仏教の世界観と聖書的世界観 1

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.