Q.194 どうしたら神の声を聞くことができますか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

現代でも神の声を聞いたという人の話を聞きます。いいなぁー!と羨ましい気持ち、わかります!しかし聖書を見てみても「どの時代区分の箇所か」によって、神が語られる方法も違うようなのです。

 

今この恵みの時代に、神が私たちに与えてくれた神に近く方法とは、何でしょう?

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

194 どうしたら神の声を聞くことができますか

 

Q:聖書には、神の声を聞いた人の話がたくさん出て来ます。今でも神の声を聞くことができますか。私も神の声を聞きたいのですが、どうしたらよいのでしょうか。

 

A:この方は、もし神が今も語っておられるとしたら、どうすれば神の声を聞くことができるのかと質問しておられます。この点について、いつものように3つ申し上げます。

 

1番目に、聖書時代においても、神が語られるというのは極めて例外的なことでした。

 確かに、聖書には神が語られた事例がなん百と出て来ます。しかし、それらの出来事は、約4千年の歴史の流れの中で起こったことであり、神が常に語っておられたということではありません。また、神が語られた方法も均一ではなく、ある場合は直接的語りかけ、ある場合は夢や幻、さらにある場合は、心に響く声や心に感じる印象などが用いられました。

 

2番目に、今の時代、神は3つの方法で私たちに語っておられます。

1)神のことばである聖書。聖書には、救いとクリスチャン生活に必要な情報がすべて記されています。神は聖書を通して私たちに語っておられます。

2)状況。神は、状況を導くことによって、私たちのために門戸を開いたり閉じたりしておられます。状況の変化は、神が私たちを訓練し育てるための方法です。

3)良心。今も神は、良心を通して語っておられます。私たちが霊的に成長するに従って、聖書と良心の声は合致するようになります。

 

3番目に、論理的には、神が直接的に語りかけることは、今もあり得ます。

その場合、注意すべき点がいくつかあります。

1)神が直接的に語りかけるというのは、聖書時代と同じように、今も極めて例外的なことです。

2)それゆえ、「神の声を聞いた」と頻繁に言う人がいたなら、疑ってかかるのが良いと思います。その人たちは、自分の内なる思いを神の声だと勘違いしている可能性が大です。

3)「神の声の内容」は、聖書によって吟味する必要があります。もし聖書と合致しないなら、それは神の声ではありません。神は、矛盾したことを言われるお方ではありません。

 

参考になる聖句

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です」2テモ316

 

今の時代は、神の声を聞きたいなら、聖書を読むことが一番です。

週間アクセスランキング

1
申命記9:1~21「傲慢に対する警告(1)」

申命記(25)傲慢に対する警告(1)9:1~21

2

申命記(24)歴史からの教訓 8:1〜20

3

申命記(23)主の戦い 7:1~26

4

創世記(1)—初めに—

5

60分でわかる新約聖書(21)ペテロの手紙第一

6

60分でわかる旧約聖書(3)「レビ記」

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.