Q.138 なぜ、モーセは 創造物語を書けたのですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

天地創造の時、モーセはまだ生まれていなかったのに、どうしてその様子を詳しく書くことができたのか?という内容のご質問です。

 

聖書の中には同様に、人間には知りえないはずの真理や、まだ起こっていないことについての預言が多く含まれます。

 

これらはどのようにして記されたのでしょうか。さっそく解説をご覧下さい。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

Q. 質問

Q:素朴な疑問です。天地創造は、モーセもアダムも見ていないのに、なぜモーセは書けたのですか。何が資料なのですか。

A. 回答

A:旧約聖書の最初の五書を、通常は「モーセの五書」と呼びます。「五書」とは言え、元は一つの書です。これは、伝統的にはモーセの著作だと言われており、イエス・キリストもそれを認めておられます(マタイ19:7)。従って、天地創造物語をモーセが書いたというのは、正しい理解です。それを前提に、いつものように3つ申し上げます。モーセには、3つの情報源がありました。

1番目に、彼自身の体験がありました。

 モーセの生涯は120年ですが、それを40年ごとに3区分することができます。①最初の40年で、彼は当時最高峰の文明国であったエジプトの学問を身につけました。②次の40年で、彼はミデヤンの荒野で羊飼いとしての体験を積みました。③最後の40年で、彼は出エジプトのリーダーとして神に用いられました。「モーセの五書」の中には、彼自身の体験に基づく記録が多く出て来ます。

2番目に、父祖たちが残した資料がありました。

 ヘブル人たちは、記憶の民、記録の民です。彼らは、各世代に起こった出来事を記録として残していました。あるものは、口伝の記録として残っていたでしょう。モーセは、先祖から伝わる資料を編集者の目で吟味し、活用しました。特に、ヘブル人の詳細な系図について、そのことが言えます。

3番目に、神からの啓示がありました。

啓示とは、「覆いを取る」という意味です。人間には知り得ないような真理を神が示される場合は、それは啓示です。天地創造物語は、人間には知り得ない真理です。モーセがそれを記録することができたのは、神からの語りかけがあったからです。

啓示を論じる際には、「霊感」という概念も覚えておく必要があります。神は、人間という器を用いて聖書を完成されました。その場合、人間をタイプライターのように機械的に用いたのではなく、各著者(およそ40名の著者がいます)の特徴、体験、言葉使いなどを生かして、各書を書かせました。その場合、人間の著者が過ちを犯すことがないように、神の守りと導きが与えられました。その守りと導きのことを、「霊感」と言うのです。そういう意味で、聖書の真の著者は神です。

参考になる聖句

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です」(2テモ3:16)

モーセは、神の啓示によって自分では見ていないことを書くことができました。

週間アクセスランキング

1

中川牧師の書斎から#044「米国政治は次のステージへ」

2

中川牧師の書斎から#043「米大統領選:最悪のシナリオの中にも希望はある」

3

申命記(19)第5戒

4

申命記(20)第6戒〜第10戒

5

60分でわかる新約聖書(20)ヤコブの手紙

6

申命記(18)第3戒と第4戒

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.