Q.119 クリスチャンでない人との交際、結婚は罪ですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

クリスチャン人口が少ない日本では、交際・結婚は大変悩ましい問題ですね。編集Mの周りには、「クリスチャンとしか結婚しない」と決めている友人もいれば、ノンクリスチャンと結婚して後にその方が救われた、なんて人もいますが、聖書はなんと教えているでしょう。

 

ご結婚前のクリスチャンの方には特におすすめの動画です。

Q. 質問

Q: クリスチャンでない人との交際、結婚は罪ですか。

A. 回答

A:これは、クリスチャンの女性からの質問です。日本で生活するクリスチャンにとっては、大変悩ましい問題ですね。いつものように3つ申し上げます。

(1)聖書的原則とは、どのようなものでしょうか。

 ①2コリント6:14には、「不信者と、つり合わぬくびきをいっしょにつけてはいけません」
   とあります。

 ②第一義的意味は、偽教師との分離です。

 ③「つり合わぬくびき」をいっしょにつけていると、方向が定まらなくなります。

 ③適用として、種々のものが考えられます。

  *結婚、商売、趣味などなど

(2)クリスチャンとそうでない人にとっての、「つり合わぬくびき」とはなんでしょうか。

 ①世界観が異なります。

 ②人生のゴールが異なります。

 ③人生における優先順位が異なります。

 ④聖霊の内住があるかないかの違いがあります。

(3)境界線(バウンダリー)はどこにあるのでしょうか。

 ①クリスチャンでない友人を作ることは、奨励されるべきことです。

 ②クリスチャンでない方との交際にも、積極的な意義を見いだすことができます。

 ③その場合は、教会が積極的に応援すべきだと考えます。

 ④もしその方が、イエス・キリストの福音に反発したり、興味を示さなかったりするなら、
 それ以上進むのは愚かなことだと思います。

 ⑤クリスチャンでない方との結婚が、境界線の外にあることは言うまでもありません。

参考になる聖句

「不信者と、つり合わぬくびきをいっしょにつけてはいけません。正義と不法とに、どんなつながりがあるでしょう。光と暗やみとに、どんな交わりがあるでしょう」(2コリ6:14)

 クリスチャンでない方との交際は、境界線を考えながら進める必要があります。

週間アクセスランキング

1

申命記(36)【主】によって立てられた権威(2)17:14~20

2

60分でわかる新約聖書(24)ヨハネの手紙第二

3

申命記(35)【主】によって立てられた権威(1)16:18~17:13

4

仏教の世界観と聖書的世界観 1

5

60分でわかる新約聖書(23)ヨハネの手紙第一

6

メシアの生涯(135)—3つのたとえ話(2)—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.