Q.115 ペットロスで悲しんでばかりの私に、神様は何を教えておられるのでしょうか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

長年家族として愛してきたペットを失ったら、悲嘆にくれるのはきっと自然なことです。イエスも、ラザロが亡くなった時、その墓の前で「涙を流された。(ヨハネ 11:35)」とあります。

 

さて、ペットロスのどうしようもない胸の痛みは、どうやって乗り越えれば良いのでしょうか。その悲しみに、何か教訓などはあるのでしょうか。

Q. 質問

Q:ペットロスで悲しんでばかりの私に、神様は何を教えておられるのでしょうか。

A. 回答

A:この方は、愛するペットをなくされ悲しんでおられるのですね。適切なお答えができるかどうか自信がありませんが、私なりに考えたことを分かち合います。

いつものように3つ申し上げます。

1.悲しみを経験した時には、泣いてもよいのです。

 (1)悲しみは、外に表現する必要がある。

 (2)悲しむことは、罪ではない。

 (3)悲しみを心に閉じ込めたり、無理に教訓を学ぼうとしたりしてはならない。

 (4)悲しみの思いを、隣人と分かち合おう。

2.悲しみの中でも、神に祈ることができます。

 (1)イエス・キリストは、私たちのことを最も理解してくださるお方である。

 (2)イエス・キリストは、ラザロの墓の前で涙を流して泣かれた。

 (3)祈りを通して、自分の悲しみをイエス・キリストと分かち合うことができる。

3.すべてのことを、神の判断に委ねましょう。

 (1)神は、すべての「いのち」を造り、それを支えておられる。

 (2)「【主】は与え、【主】は取られる。【主】の御名はほむべきかな」(ヨブ1:21)

 (3)私たちの知るところは、ほんの一部である。

 (4)神の判断に委ねるなら、悲しみが感謝の心に変わる時が来る。

  「素晴らしいペットが一時期私に委ねられたのは、なんという祝福か」

参考になる聖句

「【主】は与え、【主】は取られる。【主】の御名はほむべきかな」(ヨブ1:21)

 悲しみを表現することは、癒しへの道です。

週間アクセスランキング

1

申命記(31)聖なる生き方を教える律法 14:1~29

2

申命記(30)偶像礼拝に対する警告12:29~13:18

3

メシアの生涯(206)—復活(4)—

4

申命記(29)礼拝に関する規定 12:1~28

5

メシアの生涯(207)—復活(5)—

6

メシアの生涯(204)—復活(2)—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.