Q.110 神様はなぜアブラハムにイサクを捧げよと命じたのか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

アブラハムが一人息子のイサクを生贄として捧げる場面は、旧約聖書の中でも大変有名です。

 

最終的には神の介入があり、イサクは屠(ほふ)られずに済んだのですが、なぜ神は、そんな恐ろしいことを命じたのでしょう。さっそく見てみましょう。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

Q. 質問

Q:クリスチャンではない甥から質問を受けました。「イサクを生贄に捧げる話は、自分の息子より神様を選んだのはすごいなと思った。でも、なんで神様はそんなことさせるんかと思った」

A. 回答

A:これは、アブラハムの信仰を訓練するための最終段階で起きたことです。いつものように3つ申し上げます。

1.神は、神のことばに信頼することの重要性を教えようとされました。

 (1)神のことばを信頼することは、神の人格を信頼することです。

 (2)アブラハムは、神のことばに従ったので、
     「【主】の山に備えあり」という祝福を体験しました。

2.神は、復活の希望を教えようとされました。

 (1)イサクを捧げたら、子孫の約束は成就しないことになります。

 (2)葛藤の中でアブラハムが見出したのは、「復活の希望」でした。

 (3)彼は、イサクは復活するという確信をもってモリヤの山に上りました。

3.神は、ご自身の愛を教えようとされました。

 (1)神は、ご自身のひとり子を犠牲にすると決めておられました。

 (2)同じレベルの愛をアブラハムが示すことを要求されました。

 (3)しかし、最後はイサクを殺さなくてもよいようにされました。

 (4)アブラハムはイサクを捧げようとしたので、神の友と呼ばれるようになりました。

参考になる聖句

「彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。それで彼は、死者の中からイサクを取り戻したのです。これは型です」(ヘブ11:19)

 神はアブラハムの信仰を訓練された。

週間アクセスランキング

1

中川牧師の書斎から#043「米大統領選:最悪のシナリオの中にも希望はある」

2

60分でわかる新約聖書(20)ヤコブの手紙

3

申命記(19)第5戒

4

中川牧師の書斎から#042「2021年の展望-世界はどこに向かっているか-」

5

申命記(18)第3戒と第4戒

6

申命記(17)第1戒と第2戒

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.