Q.105 「聖なる口づけをもって挨拶をしなさい」とはどういう意味ですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

聖書を字義通りに解釈することをモットーにしているハーベスト・タイムですが、このように「聖書にそう書かれているからといって、実際に日本では実行されていないこと」については、どのように判断すれば良いのでしょうか。

 

聖書を自分で読み、解釈するトレーニングに最適な質問です。

Q. 質問

Q:パウロもペテロも手紙のなかで、「聖なる口づけをもって互いに挨拶をなさい」と書いていますが、そんな事をしている教会は見たことがありません。どうしてですか。

A. 回答

A:確かにパウロは「聖なる口づけ」と言っています。ペテロの場合は「愛の口づけ」と言っています。このふたつは、同じことを意味しています。この質問は、解釈学に関わる大変重要な質問です。いつものように、3つ申し上げます。

1.「聖なる口づけ」とは、互いの間にある平和と愛を確認するための行為です。

 (1)当時の文化的背景では、「口づけ」は親密な挨拶の方法でした。

 (2)その習慣に、キリスト教的な意味が付加されました。

 (3)クリスチャンの「口づけ」は、キリストにある平和と愛の「しるし」となりました。

2.ある文化の枠組みの中で命じられていることは、そのまま適用する必要はありません。

 (1)私たちが住んでいる社会では、「口づけ」の習慣がありません。

 (2)ただし、ロシアやフィンランドでは、今でもその習慣があります。

 (3)もし日本で「聖なる口づけ」を実行したとすると、それはつまずきの原因になります。

3.「聖なる口づけ」を、私たちの文化の枠組みの中に置き換えて適用する必要があります。

 (1)心のこもったお辞儀

 (2)にこやかな笑顔

 (3)握手

 (4)ハグ

参考になる聖句

「聖なる口づけをもって、互いにあいさつをかわしなさい。すべての聖徒たちが、あなたがたによろしくと言っています」(2コリ13:12)

 文化的な命令は、自分の文化に置き換えて理解する必要があります。

週間アクセスランキング

1

申命記(35)【主】によって立てられた権威(1)16:18~17:13

2

申命記(34)3つの巡礼祭16:1~17

3

ヨハネの黙示録(1)—イントロダクション—

4

Q289 厄年は本当に存在しますか。

5

60分でわかる新約聖書(23)ヨハネの手紙第一

6

申命記(33)初子は【主】のもの15:19~23

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.