Q.101 神の主権と人間の自由意志の関係について

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

「私たちが救われるのは、神様の一方的な計画で、私たちが信じるという自由意志は全く関係していないのでしょうか。」というご質問です。

 

エペソ1:4には「神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び…」と書かれているため、同じような疑問をお持ちの方も多いかもしれません。

 

今回の解説では、神が与えて下さる「救い」とは、どんな人にあてられたものか、それを信じるとはどういうことなのかを、もう一度しっかりとおさらいします。

Q. 質問

Q:私たちが救われるのは、神様の一方的な計画で、私たちが信じるという自由意志は全く関係していないのでしょうか。救いは行いではなく、恵みによるということは、すごく理解できますが。

A. 回答

A:これは、神の主権と人間の自由意志の関係についての質問です。ある意味、神学的質問の典型的な例です。いつものように3つ申し上げます。

1 .私たちは、自分の力で救いを勝ち取ることはできません。

 (1)生まれながらの人は、霊的に死んでいます。

 (2)本来与えられていた自由意志が、機能不全に陥っている状態です。

2 .救いは、すべて神の主権と恵みによって私たちに与えられるものです。

 (1)神が御子イエスを十字架に付け、救いの道を開いてくださいました。

 (2)救いはすべて神が用意してくださったものです。

 (3)私たちの側で、イエス・キリストの福音につけ加えるものは何もありません。

3 .神は、神の招きに応答するように私たちに命じておられます。

 (1)救いは神の主権と選びによるものです。

 (2)と同時に、神はすべての人を招いておられます。

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます」(マタ11:28)

 (3)信じるとは、その招きに応答することです。

 (4)神の主権と人間の自由意志は、ともに受け入れるべき真理です。

参考になる聖句

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます」(マタ11:28)

救いには、神の主権と人間の自由意志がともにかかわっています。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(31)弟子の性質6:39~49

2

パートⅡ.旧約時代9章 律法と幕屋

3

ルカの福音書(30)弟子の行い6:27~38

4

60分でわかる旧約聖書(26)エゼキエル書

5

#035 ロシアのウクライナ侵攻 エゼキエル書 38 章 2022.2.28

6

ルカの福音書(29)4つの祝福と4つの呪いルカ6:20~26

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.