Q.68 聖書が教える謙遜とは、どういうものですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

謙遜な人になろうと思って「私は頭が悪いから」「私なんてこんなもんです」などと口に出していると、かえって良い印象を与えない事も。さて、聖書が言っている「謙遜な人」とはどんな意味でしょうか。(シンプルながらとても深い解説で、編集Mがそっとオススメしたい動画です)

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

Q. 質問

聖書が教える謙遜とは、どういうものですか。

A. 回答

一般的には、謙遜とは、へりくだること、控え目な態度をとること、などを意味します。

では、聖書が教える謙遜とはどういうものでしょうか。

いつものように3つ申し上げます。

 

1.外面的行為というよりは、心の在り方のことです。

(1)「傲慢、プライド、自己中心」とは反対の状態です。

(2)外面的に謙遜な人のように見えても、内面が傲慢な人はたくさんいます。

 

2.神の国に入るために必要な資質です。

(1)イエス・キリストは、「心の貧しい者は幸いです」と言われました。

(2)「心の貧しい者」とは、謙遜な人のことです。

(3)自分には、神の前に誇れるものは何もないと思っている人です。

(4)自分は、神の恵みと赦しに信頼するしかないと思っている人です。

(5)神は、謙遜な人を高く上げてくださいます。

 

3.謙遜の実例は、使徒パウロです。

(1)もちろんイエス・キリストもその実例です。

(2)多くの賜物と知識を持っていながら、「罪人のかしら」、「使徒の中では最も小さい者」と自称しました。

(3)十字架だけを誇りとしました。

(4)自己義認のためではなく、福音の真理のために戦いました。

謙遜な人は、保身のためではなく、真理のために戦いました。

 

参考になる聖句

「主の御前でへりくだりなさい。そうすれば、主があなたがたを高くしてくださいます」(ヤコ4:10)

週間アクセスランキング

1

申命記(24)歴史からの教訓 8:1〜20

2

60分でわかる新約聖書(21)ペテロの手紙第一

3

申命記(23)主の戦い 7:1~26

4

Q278 趣味を持つのは悪いことですか

5

60分でわかる旧約聖書(3)「レビ記」

6

60分でわかる旧約聖書(26)エゼキエル書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.