Q.69 預言カフェは信頼できるのでしょうか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

旧約時代の預言者といえば、非常に辛い目に遭い、神から与えられたその役割から逃げ出したくなるほど過酷な役目でした。それが現代では、預言者はカフェにいるものなのでしょうか!彼らの「預言」は信頼に値するか否か・・・さっそく見ていきましょう。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

Q. 質問

占い好きの友人が、預言カフェに行ったと聞きました。ちょっと不安になっています。預言カフェについてくわしく教えてください。

A. 回答

預言カフェで行われていることは、「個人預言」と呼ばれるものです。

今回は、「預言の賜物」について、いつものように3つ申し上げます。

 

1.預言の賜物とは何ですか。

(1)聖書では、「予言」ではなく「預言」という言葉が使われます。

(2)神のことばを預かり、それを人々に伝えるのが預言者の使命です。

(3)将来の出来事を予告することも、その使命の中に含まれます。

(4)預言者たちが書き記したことの集大成が聖書です。

 

2.今も預言の賜物は存在するのでしょうか。

(1)すでに聖書は完成しているので、預言の賜物は必要ではなくなりました。

(2)聖書を読んで神の導きを求めることが、正しい方法です。

(3)信者には、聖霊の助けが与えられます。

 

3.個人預言は聖書的でしょうか。

(1)今も、神はある人を用いて別の人にメッセージを伝える場合があります。

(2)しかし、基本は聖書から神の導きを発見することであります。

(3)個人預言を行う人は、「占い師」と同じようなことをしているに過ぎません。

(4)個人預言は、それを聞く人を束縛する危険性があります。

(5)個人預言は、神の御名を冒涜する行為となる可能性が大です。

 

個人預言は、聖書が推奨している行為ではありません。

 

参考になる聖句

「あなたがたは霊媒や口寄せに心を移してはならない。彼らを求めて、彼らに汚されてはならない。わたしはあなたがたの神、【主】である」(レビ19:31)

週間アクセスランキング

1
申命記9:1~21「傲慢に対する警告(1)」

申命記(25)傲慢に対する警告(1)9:1~21

2
申命記 26回 「傲慢に対する警告(2)」

申命記(26)傲慢に対する警告(1)9:22~10:11

3

申命記(24)歴史からの教訓 8:1〜20

4

60分でわかる新約聖書(21)ペテロの手紙第一

5

創世記(1)—初めに—

6

60分でわかる旧約聖書(3)「レビ記」

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.