Loading...

使徒の働き(5)―使徒の補充―

  • 2018.03.26
  • 使徒1章:15〜26
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

使徒の補充について学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「使徒の補充」

使徒1:15~26

1.はじめに

(1)前回の内容の確認

①昇天(9~11節)

②エルサレムへの帰還(12節)

③一致した祈り(13~14節)

 

(2)アウトライン

①指導者ペテロ(15節b)

②ユダの運命(16~19節)

③ペテロの提言(20~22節)

④12番目の使徒(23~26節)

 

結論: 使徒について

使徒の補充について学ぶ。

Ⅰ.指導者ペテロ(15節)

1.15節

Act 1:15 そのころ、百二十名ほどの兄弟たちが集まっていたが、ペテロはその中に立ってこう言った。

(1)ペテロは、120名ほどの信者の群れのリーダーとして行動している。

①昇天から聖霊降臨までの10日間、彼らは熱心に祈っていた。

②使徒の働きの前半は、ペテロを中心に物語が展開する(1~15章)。

 

(2)それゆえ、ペテロの経歴の再確認が重要になる。

①ヘブル名はシメオン。

Act 15:14 神が初めに、どのように異邦人を顧みて、その中から御名をもって呼ばれる民をお召しになったかは、シメオンが説明したとおりです。

②イエスが与えたニックネームは、ギリシア語でPetros、アラム語でKepha。

Joh 1:42 彼はシモンをイエスのもとに連れて来た。イエスはシモンに目を留めて言われた。「あなたはヨハネの子シモンです。あなたをケパ(訳すとペテロ)と呼ぶことにします。」

③ペテロとアンデレは兄弟で、ベツサイダ出身の漁師であった。

*一番初期に召された弟子たちであった。

*元はバプテスマのヨハネの弟子であった。

④ペテロは結婚しており、カペナウムで大きな家に住んでいた。

*この家は、会堂に近かった。

*ペテロの姑は、イエスによって熱病が癒された。

⑤ペテロの名は、常に12使徒のリストの最初に出てくる。

*マタ10:2、マコ3:16、ルカ16:14、使1:13

⑥イエスに最も近かった3人の中に入っている(ペテロ、ヤコブ、ヨハネ)。

⑦イエスを3度拒否した(四福音書すべてにこの記録がある)。

⑧復活のイエスを見た最初の使徒である。

Luk 24:33 すぐさまふたりは立って、エルサレムに戻ってみると、十一使徒とその仲間が集まって、

Luk 24:34 「ほんとうに主はよみがえって、シモンにお姿を現された」と言っていた。

⑨復活のイエスは、ペテロを教会の羊飼いに任命された(ヨハ21:15~17)。

⑩彼には、「天の御国の鍵」(複数形)が与えられた。

Mat 16:19 わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。」

*ユダヤ人の救い(2章)

*サマリヤ人の救い(8章)

*異邦人の救い(10章)

⑪ユダヤ的に言えば、彼はラビ長として奉仕をしたのである。

*律法に関わることについて判断を下した。

*罪を裁いた。

*彼の権威は、超自然的な力によって証明された。

・アナニヤとサッピラの死(使5:15)

⑫使15章以降、巡回伝道者として奉仕をしたと思われる。

 

Ⅱ.ユダの運命(16~19節)

1.16~17節

Act 1:16 「兄弟たち。イエスを捕らえた者どもの手引きをしたユダについて、聖霊がダビデの口を通して預言された聖書のことばは、 成就しなければならなかったのです。

Act 1:17 ユダは私たちの仲間として数えられており、この務めを受けていました。

(1)「聖霊がダビデの口を通して預言された聖書のことば」

①ペテロは、聖書の霊感を信じていた。

*二重著者(聖霊とダビデ)

②ユダの裏切りは、聖書預言の成就である。

*詩篇から2箇所を引用した(詩69:25、109:8)。

「成就しなければならなかったのです」は、神の計画から見た必然性である。

④ユダは、使徒のひとりとして任命を受けていたが、イエスを裏切った。

 

(2)ルカは、ペテロの話をさえぎる形で挿入句を入れ、ユダの死について説明する。

 

2.18節

Act 1:18 ( ところがこの男は、不正なことをして得た報酬で地所を手に入れたが、まっさかさまに落ち、からだは真っ二つに裂け、はらわたが全部飛び出してしまった。

(1)ルカは、ユダが不正な報酬で地所を手に入れたと書いている。

①マタ27:3~10では、祭司長たちが地所を買ったことになっている。

②ユダヤ的に解釈するなら、これは矛盾ではない。

③献金が不正の富である場合、それは献金者に返還された。

④ユダの場合は、すでに自殺していたので、返還は不可能であった。

⑤それゆえ、祭司長たちはユダの名で地所を買い、公の用に供したのである。

 

(2)ルカは、「からだは真っ二つに裂け、はらわたが全部飛び出してしまった」と書

いている。

①マタ27:5

Mat 27:5 それで、彼は銀貨を神殿に投げ込んで立ち去った。そして、外に出て行って、首をつった。

②ユダヤ的に解釈するなら、矛盾は解決する。

③死体は汚れと見なされ、城壁内に夜を越えて留まることは許されなかった。

④ユダの死体は、城壁からヒンノムの谷に投げ落とされた。

 

3.19節

Act 1:19 このことが、エルサレムの住民全部に知れて、その地所は彼らの国語でアケルダマ、すなわち『血の地所』と呼ばれるようになった。)

(1)この話は、エルサレム中で有名なものとなった。

①彼らは、その地所を「血の地所」と呼んだ。

②血塗られた金を使って、ユダの名で買われた地所である。

③アラム語で「アケルダマ」である。

 

(2)挿入句はここで終わり、ペテロの話に戻る。

 

Ⅲ.ペテロの提言(20~22節)

1.20節

Act 1:20 実は詩篇には、こう書いてあるのです。『彼の住まいは荒れ果てよ、そこには住む者がいなくなれ。』また、『その職は、ほかの人に取らせよ。』

(1)詩69:25と詩109:8を引用した。

①詩篇の中には、悪人に神の裁きが下るように祈り求める詩篇がある。

*これは、「復讐」ではなく、「神の義」が守られることを願うものである。

②ペテロが引用したのは、ともにこの範疇に入る詩篇である。

(2)ダビデは、具体的にユダについて預言したわけではない。

①引用した2つの聖句は、王に対する反逆者が裁かれるようにという祈りである。

②王はメシアの予型である。

③イエスを裏切ったユダは、旧約聖書における「王に対する反逆者」と同じ。

④「王に対する反逆者」が裁きを受けたとするなら、イエスを裏切ったユダが裁

きを免れるはずがない。

*これは、「大から小への議論」(カル・バホメル)である。

 

2.21~22節

Act 1:21 ですから、主イエスが私たちといっしょに生活された間、

Act 1:22 すなわち、ヨハネのバプテスマから始まって、私たちを離れて天に上げられた日までの間、いつも私たちと行動をともにした者の中から、だれかひとりが、私たちとともにイエスの復活の証人とならなければなりません。」

(1)使徒となる資格

①イエスの公生涯の期間、共に行動した者であること。

*バプテスマのヨハネの活動から、イエスの昇天に至るまでの間のこと。

②イエスの復活の目撃者であること。

*使徒の使命は、イエスの復活の証人となること。

*福音の中心は、イエスの復活にある。

*彼らの証言によって、多くの人たちがイエスを救い主と信じるようになる。

 

(2)この条件に合う者は、120人の中で2人しかいなかった。

①どちらが神から選ばれているかは、神に訊ねるしかない。

 

Ⅳ.12番目の使徒(23~26節)

1.23節

Act 1:23 そこで、彼らは、バルサバと呼ばれ別名をユストというヨセフと、マッテヤとのふたりを立てた。

(1)「バルサバと呼ばれ別名をユトスというヨセフ」

①ヨセフ

②2つのニックネームがあった。

*ヘブル名は、バルサバ(安息日の息子)。安息日に誕生したか。

*ローマ名は、ユトス。

 

(2)マッテヤ

①ここ以外に情報がない。

②伝承では、エチオピアで伝道し、殉教の死を遂げたとされている。

 

2.24~25節

Act 1:24 そして、こう祈った。「すべての人の心を知っておられる主よ。

Act 1:25 この務めと使徒職の地位を継がせるために、このふたりのうちのどちらをお選びになるか、お示しください。ユダは自分のところへ行くために脱落して行きましたから。」

(1)祈りの根拠

①使徒の条件に合う人物が2人いたが、どちらを選ぶべきか分からない。

②しかし、神はすでに選んでおられる。

③祈りの内容は、神の選びが明らかにされることである。

④人間が選ぶわけではない。

 

3.26節

Act 1:26 そしてふたりのためにくじを引くと、くじはマッテヤに当たったので、彼は十一人の使徒たちに加えられた。

(1)彼らが採用した方法は、「くじ」である。

①この方法は旧約的なもので、決して間違ったものではない。

*レビ16:8、ヨシ14:2、ネヘ10:34、11:1、箴16:33

②両者の名前を記した石を堅い器の中で振り、最初に飛び出た石が当たりである。

*ひとつを取り出した可能性もある。

③くじは、マッテヤに当たった。

④聖霊降臨以降は、くじを引く必要はなくなった。

 

(2)これ以降、マッテヤの名は一度も出て来ない。

①しかし、12使徒という言葉が出て来る。

②彼は、12使徒のひとりとして、忠実に奉仕をしたのである。

*使2:14、6:2

 

(3)マッテヤの選びの正当性

①マッテヤの選びを疑問視する人がいる。

②しかし、聖書にはこの方法を非難するような箇所は見当らない。

③パウロは、公生涯の期間イエスと生活をともにしていない。

④使6:2には、「そこで、十二使徒は弟子たち全員を呼び集めてこう言った」と

あるので、マッテヤを含めた12人が権威をもって奉仕をしていたことが分かる。

 

結論:使徒について

1.使徒は、ギリシア語で「apostolos」である。

(1)使徒の働きの中で30回以上出て来る。

①任命を受けた者、遣わされた者

 

(2)任命するのは、キリストである。

①キリストの権威を委譲され、キリストの代理人として派遣された者

 

2.使徒の2区分

(1)第一義的な使徒たち。12使徒に限定される。

①イエスによって個人的に選ばれた。

②イエスの公生涯と復活の証人となる。

③教会の土台としてリーダーシップを発揮する(エペ2:20)。

Eph 2:20 あなたがたは使徒と預言者という土台の上に建てられており、キリスト・イエスご自身がその礎石です。

④メシア的王国においては、12の部族を裁く(マタ19:28)。

Mat 19:28 そこで、イエスは彼らに言われた。「まことに、あなたがたに告げます。世が改まって人の子がその栄光の座に着く時、わたしに従って来たあなたがたも十二の座に着いて、イスラエルの十二の部族をさばくのです。

⑤使徒の補充が重要である理由は、ここにある。

*ユダは、現在の使命も、将来の使命も、放棄したのである。

⑥使徒の継承という概念も、回復という概念も、聖書にはない。

*ヤコブが死んでも(使12:2)、使徒職の補充はなかった。

 

(2)第二義的な使徒たち

①イエスの復活を目撃した人たち(1コリ9:1)

1Co 9:1 私には自由がないでしょうか。私は使徒ではないのでしょうか。私は私たちの主イエスを見たのではないでしょうか。あなたがたは、主にあって私の働きの実ではありませんか。

②イエスの弟のヤコブ、バルナバ、そしてパウロ

③パウロは、自分が最後だと認識している(1コリ15:8~9)。

1Co 15:8 そして、最後に、月足らずで生まれた者と同様な私にも、現れてくださいました。

1Co 15:9 私は使徒の中では最も小さい者であって、使徒と呼ばれる価値のない者です。なぜなら、私は神の教会を迫害したからです。

 

3.使徒たちは全員ユダヤ人である。

(1)異邦人クリスチャンは、このことを忘れている。

 

(2)使徒は、教会に与えられた聖霊の賜物のひとつである。

①1コリ12:28

1Co 12:28 そして、神は教会の中で人々を次のように任命されました。すなわち、第一に使徒、次に預言者、次に教師、それから奇蹟を行う者、それからいやしの賜物を持つ者、助ける者、治める者、異言を語る者などです。

②エペ4:11

Eph 4:11 こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(41)―ヤコブの死とペテロの投獄―

2

クリスマスの喜び

3

使徒の働き(40)―アンテオケ教会の善行―

4

30日でわかる聖書 マタイの福音書(1)メシアの誕生

5

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

6

使徒の働き(39)―アンテオケ教会の誕生と成長―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.