60分でわかる旧約聖書(33)ミカ書

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

ミカ書の内容について学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

60 分でわかる旧約聖書( 33 )「ミカ書」

1.はじめに

(1)ミカ書の位置づけ

①大預言書(the Major Prophets)

*イザヤ書、エレミヤ書、哀歌、エゼキエル書、ダニエル書

②小預言書(the Minor Prophets)

*ホセア書からマラキ書までの12書。

③ミカ書は、捕囚期前預言書(12)のひとつである。

 

(2)ミカという人物(1:1)

Mic 1:1 ユダの王ヨタム、アハズ、ヒゼキヤの時代に、モレシェテ人ミカにあった【主】のことば。これは彼がサマリヤとエルサレムについて見た幻である。

①ミカはミカイヤの短縮形である。「誰が【主】のようであろうか」

②彼は、前8世紀の預言者

*イザヤと同時代の預言者(恐らくイザヤの友人)

*イザヤは都会の預言者、ミカは田舎出身の預言者である。

③彼の出身地は、モレシェテ・ガテと呼ばれる町(エレ26:18)。

*エルサレム南西30キロにある町

 

(3)ミカが活動した時代

①ユダの王ヨタム、アハズ、ヒゼキヤの時代

*ヨタムは、短命の王であった。

*アハズは悪王で、ユダ(南王国)に偶像礼拝をもたらした。

*ヒゼキヤは善王であった。

②ミカは、アッシリヤの攻撃という文脈の中で、【主】のことばを民に伝えた。

③ミカの預言は、主にサマリヤ(北王国)に関するものであった。

*聴衆は、主にユダ(南王国)の住民たちであった。

 

2.アウトライン

Ⅰ.メッセージ 1:迫り来る裁き(1~2章)

1.裁きの預言

2.嘆き

3.ユダの罪

4.回復の預言

Ⅱ.メッセージ2:裁きの後に来る祝福(3~5章)

1.指導者たちに下る裁き

2.御国の祝福

Ⅲ.メッセージ3:罪の糾弾と祝福の約束(6~7章)

1.罪を裁かれる【主】

2.回復の約束

 

結論

1.時代背景

2.裁きの基準

3.イスラエルの残れる者

 

ミカ書の内容について学ぶ。

Ⅰ.メッセージ 1 :迫り来る裁き( 1 2 章)

1.裁きの預言(1:2~7)

Mic 1:2 すべての国々の民よ。聞け。/地と、それに満ちるものよ。耳を傾けよ。/神である主は、あなたがたのうちで証人となり、/主はその聖なる宮から来て証人となる。

(1)神の法廷のイメージ

①法廷が招集される。

②「聞け」(ヘブル語のシャマ。申6:4参照)で始まっている聖句

*1:2、3:1、6:1。ミカ書の3区分の始まりとなっている。

③神は、世界を証人に招いて、被告人(イスラエルの民)を裁こうとしている。

④神の裁きの結果

Mic 1:4 山々は主の足もとに溶け去り、/谷々は裂ける。/ちょうど、火の前の、ろうのように。/坂に注がれた水のように。

*サマリヤ(北王国)は滅亡し、その民はアッシリヤ捕囚に引かれて行く。

 

(2)裁きの理由

①偶像礼拝の罪。神の目から見ると霊的姦淫に当たる。

②裁かれるのはサマリヤだけではなく、ユダもまたそうである。

 

2.嘆き(1:8~16)

(1)アッシリヤはサマリヤ(北王国)を征服した後、ユダにまで迫って来る。

①ミカは、喪に服す。「はだしで、裸で歩こう」

②ミカは、ユダの地が荒れ果てることを思い、嘆き悲しむ。

*アッシリヤの侵攻では、エルサレムは滅びない。

*ユダの地の荒廃は、最終的にはバビロンの侵略によって成就する。

 

(2)預言者たちに聞き従わないなら、神の民には希望はない。

①それはまことに「いやしがたい打ち傷」である。

 

3.ユダの罪(2:1~11)

(1)裕福な上流階級の人たち(指導者たち)が、弱者を搾取している。

①彼らの罪の本質は、貪欲である。

②イザヤは都会での状況を語り、ミカは田舎での状況を語っている。

③この時代、都会から田舎に至るまで、貪欲の罪が国中に蔓延していた。

 

(2)神は、民の「道徳的罪(悪)」に対して「わざわい」をもって応える。

①敵がやって来て、彼らの土地を略奪する。

②その土地は、元は貧しい者たちから奪ったものである。

 

4.回復の預言(2:12~13)

Mic 2:12 ヤコブよ。/わたしはあなたをことごとく必ず集める。/わたしはイスラエルの残りの者を必ず集める。/わたしは彼らを、おりの中の羊のように、/牧場の中の群れのように一つに集める。/こうして人々のざわめきが起ころう。

(1)ユダは裁きに会うが、神は、ご自身の民を見捨ててはおられない。

①「イスラエルの残れる者」の存在。救いを受ける真の信仰者たち

②大患難時代の最後に、ユダヤ人の3分の1が残る(ゼカ13:8〜9)。

③彼らは、「逃れの地」に避難するので生き残る。

*「おりの中の羊」とは、「ボツラの羊」である。

*イスラエルの民が逃れる場は「ボツラ」である。

*ここは現在のヨルダンのペトラという町である。

 

(2)この預言は、ミカの時代の「残れる者」たちを大いに励ました。

 

Ⅱ.メッセージ 2 :裁きの後に来る祝福( 3 5 章)

1.指導者たちに下る裁き(3章)

(1)イスラエルの家の指導者たち

①彼らは、神の御心を知りながら、それとは正反対のことをしていた。

②彼らは、民衆を搾取し、苦しめていた。

③彼らは、民を苦しめながら、厚かましくも【主】の助けを求めて祈った。

 

(2)偽預言者たち

①彼らは、民を導く代わりに彼らを惑わせ、偽りの道へと導いていた。

②彼らは、自らの賜物を、私腹を肥やすために用いていた。

③彼らは、神からの答えがないので、すべて恥を見る。

④真の預言者は、人を恐れず、勇気をもって神の義と裁きを宣言する。

 

2.御国の祝福(4~5章)

Mic 4:1 終わりの日に、/【主】の家の山は、山々の頂に堅く立ち、/丘々よりもそびえ立ち、/国々の民はそこに流れて来る。

Mic 4:2 多くの異邦の民が来て言う。/「さあ、【主】の山、ヤコブの神の家に上ろう。/主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。/私たちはその小道を歩もう。」/それは、シオンからみおしえが出、/エルサレムから【主】のことばが出るからだ。

Mic 4:3 主は多くの国々の民の間をさばき、/遠く離れた強い国々に、判決を下す。/彼らはその剣を鋤に、/その槍をかまに打ち直し、/国は国に向かって剣を上げず、/二度と戦いのことを習わない。

(1)エルサレムの高揚

①3:12は、エルサレムの荒廃を預言していた。近い将来に起こる出来事。

②4:1〜5は、エルサレムの高揚を預言している。遠い将来に起こる出来事。

③この預言は、メシア的王国の到来を告げたもの(イザ2:1〜4と同じ)。

 

(2)エルサレムは、異邦人諸国の注目の的となる。

①異邦人たちは、エルサレムに上って来るようになる。

②その目的は、メシアから直接教えを聞き、その道を歩むためである。

 

(3)メシア的王国では世界的平和が訪れる。

①メシアが国際紛争を裁き、公平な判決を下すからである。

②すべての争い事が解決されるので、戦争の仕方を学ぶ必要がなくなる。

 

(4)メシアの出現

Mic 5:2 ベツレヘム・エフラテよ。/あなたはユダの氏族の中で最も小さいものだが、/あなたのうちから、わたしのために、/イスラエルの支配者になる者が出る。/その出ることは、昔から、/永遠の昔からの定めである。

①メシア誕生の地は、ユダ部族の領地にあるベツレヘムである。

②この聖句は、メシアが人間として誕生することを教えている。

③メシアは、人性と神性の両方を持っている。

*イザ9:6〜7、エレ23:5〜6などでも預言されている。

④イエスがベツレヘムで誕生されることが、700年も前から預言されていた。

Mat 2:5 彼らは王に言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれているからです。

Mat 2:6 『ユダの地、ベツレヘム。/あなたはユダを治める者たちの中で、/決して一番小さくはない。/わたしの民イスラエルを治める支配者が、/あなたから出るのだから。』」

 

Ⅲ.メッセージ 3 :罪の糾弾と祝福の約束( 6 7 章)

1.罪を裁かれる【主】(6章)

(1)【主】のことば

①【主】の側には何の落ち度もない。

②イスラエルの民に残されている道は、罪を告白し、悔い改めることだけ。

 

(2)民の言葉

①彼らの罪の認識は表面的なもので、不十分である。

②彼らは、【主】にささげるいけにえの可能性を数え上げている。

*「全焼のいけにえ」、「一歳の子牛」、「幾千の雄羊」、「幾万の油」

*「私の犯したそむきの罪のために、私の長子をささげるべきだろうか」

③内面的な悔い改めがないなら、いけにえが神に喜ばれることはない。

 

(3)ミカの言葉

Mic 6:8 主はあなたに告げられた。/人よ。何が良いことなのか。/【主】は何をあなたに求めておられるのか。/それは、ただ公義を行い、誠実を愛し、/へりくだって/あなたの神とともに歩むことではないか。

①「公義を行い」とは、モーセの律法を正しい動機で実行すること。

②「誠実を愛し」とは、隣人愛の実践。

③「あなたの神とともに歩む」とは、日々神との交わりを楽しむということ。

 

2.回復の約束(7章)

Mic 7:11 あなたの石垣を建て直す日、/その日、国境が広げられる。

Mic 7:12 その日、アッシリヤからエジプトまで、/エジプトから大川まで、/海から海まで、山から山まで、/人々はあなたのところに来る。

(1)エルサレムの回復と拡張の預言

①回復の時になると、2つの主要な国からイスラエルの民が帰還して来る。

*アッシリヤとエジプト

②民は、【主】が自分たちの羊飼いとなってくださるようにと祈る。

 

(2)ミカの祈り

Mic 7:18 あなたのような神が、ほかにあるでしょうか。/あなたは、咎を赦し、/ご自分のものである残りの者のために、/そむきの罪を見過ごされ、/怒りをいつまでも持ち続けず、/いつくしみを喜ばれるからです。

Mic 7:19 もう一度、私たちをあわれみ、/私たちの咎を踏みつけて、/すべての罪を海の深みに投げ入れてください。

Mic 7:20 昔、私たちの先祖に誓われたように、/真実をヤコブに、/いつくしみをアブラハムに与えてください。

①彼は、自分の名前を使って、言葉遊びをしている。

②イスラエルの民をエジプトから救出した方は、偉大な神、比類なき神である。

③出エジプトを下敷きに、終末時代のイスラエルの救いについて語る。

④終末時代における救いも、アブラハム契約に基づいて行われる。

⑤メシアであるイエスの誕生もまた、アブラハム契約に基づいたものである。

⑥私たちも、主イエスを通してアブラハム契約の「霊的祝福」に与っている。

 

結論

1 .時代背景

1 )前 8 世紀までは、イスラエルとユダは、古典的農業経済であった。

①富の分配が比較的平等に行われていた。

2 )次第に貪欲な物質主義が支配するようになり、貧富の差が広がって行った。

3 )裕福な地主はより裕福になり、農民たちはより貧しくなって行った。

4 )農民たちは都市に逃れ、そこで上流階級の搾取を受けることになった。

5 )外国との商取引により、偶像礼拝と堕落した道徳観が持ち込まれた。

6 )以上のことは、教会が現在直面している問題そのものである。

 

2 .裁きの基準

1 )モーセの律法である。

①モーセの律法は、シナイ契約の条項である。

②それに従うなら祝福が、背くなら呪いが下る(申 28 章)。

③罪の赦しは、心の割礼といけにえによって与えられる。

 

2 )新約聖書の信者には、キリストの律法が適用される。

①キリストの律法は、新しい契約の条項である。

②罪の赦しは、罪の告白によって与えられる。

 

3 .イスラエルの残れる者

1 )裁きの預言と、それに続く回復の預言

2 3 つのメッセージのすべてに、「イスラエルの残れる者」が出てくる。

①第 1 のメッセージ

Mic 2:12 ヤコブよ。/わたしはあなたをことごとく必ず集める。/わたしはイスラエルの残りの者を必ず集める。/わたしは彼らを、おりの中の羊のように、/牧場の中の群れのように一つに集める。/こうして人々のざわめきが起ころう。

②第 2 のメッセージ

Mic 5:7 そのとき、ヤコブの残りの者は、/多くの国々の民のただ中で、/【主】から降りる露、/青草に降り注ぐ夕立のようだ。/彼らは人に望みをおかず、/人の子らに期待をかけない。

Mic 5:8 ヤコブの残りの者は異邦の民の中、/多くの国々の民のただ中で、/森の獣の中の獅子、/羊の群れの中の若い獅子のようだ。/通り過ぎては踏みにじり、/引き裂いては、一つも、のがさない。

③第 3 のメッセージ

Mic 7:18 あなたのような神が、ほかにあるでしょうか。/あなたは、咎を赦し、/ご自分のものである残りの者のために、/そむきの罪を見過ごされ、/怒りをいつまでも持ち続けず、/いつくしみを喜ばれるからです。

3 )以上の預言は、当時の信仰者たちへの励ましであった。

①と同時に、今の私たちへの励ましでもある。

週間アクセスランキング

1

中川牧師の書斎から#019 「世界統一政府への道」-国連と世界経済フォーラム-

2

ガラテヤ人への手紙(14)クリスチャンは何をしてもいいのか

3

中川牧師の書斎から#018「トルコの野望とイスラエル」

4

ガラテヤ人への手紙(13)律法主義はなぜ良くないのか

5

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

6

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.