Loading...

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

創世記を通して、あらゆることの始まりについて学ぶ
(大阪月例会の収録分が音声不良だった
ために、東京定例会で再収録したものです。)

60分で分かる創世記」

 

1.はじめに

(1)「60分で分かる〇〇」のシリーズを開始する。

①1節1節の解説も重要であるが、鳥瞰図的な理解も必要である。

②その場合重要なのは、「センス・オブ・プロポーション」である。

 

(2)創世記について

①旧約聖書の最初の五書は、本来は「ひとつの書」として書かれたものであ

る。

②最初の五書の呼び名

*英語では「thePentateuch」(5つの筒)と言われる。

*ユダヤ人たちは、「トーラー」(教え)と呼ぶ。

*一般的には、「モーセの五書」である。

③著者はモーセである。

*モーセが誕生する前の情報もある。

*神からの啓示があった。

*残された記録があった。

*イエスは、モーセが書いたと認めている(ヨハ5:45~47)。

④執筆の目的

*カナンの地に入国する前のイスラエル人のために書いた。

*彼らは、イスラエルの歴史や出エジプトの歴史を知らない世代である。

*何のためにカナンの地で生きるのかを知らなければならない。

*モーセは彼らに、以下のことを教えようとした。

・天と地の始まり

・人類の始まり

・罪の始まり

・イスラエル民族の始まり

・神の人類救済計画の始まり

 

2.アウトライン

(1)人類一般の歴史(1~11章)

①天と地の創造(1~2章)

②アダムとその家族(3~5章)

③ノアとその家族(6~11章)

(2)イスラエルの歴史(12~50章)

①アブラハム(12:1~25:18)

②イサク(25:19~26:35)

③ヤコブ(27:1~36:43)

④ヨセフ(37:1~50:26)

 

3.結論

(1)創世記とキリスト

(2)創世記と黙示録

 

創世記を通して、あらゆることの始まりについて学ぶ。

Ⅰ.人類一般の歴史(111章)

1.天と地の創造(1~2章)

(1)地の強調

「初めに、神が天と地を創造した」(1:1)

①天使の創造、天使の堕落などのテーマは、省略されている。

②天と地の創造に言及しながら、強調点は地にある。

③地上における神の主権が、これから展開されるテーマとなる。

④イスラエルの民にカナンの地を約束されたのは、全地の所有者である。

 

(2)人間の創造

「神は仰せられた。『さあ人を造ろう。われわれのかたちとして、われわれに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように。』神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された」(1:26~27)

①人は、神の「かたち」に造られている。

②人は、創造の冠である。

 

(3)唯一の禁止令

「神である【主】は人に命じて仰せられた。『あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ』」(2:16~17)

①神への従順は、人を自由にする。

 

(4)結婚

「神である【主】は仰せられた。『人が、ひとりでいるのは良くない。わたしは彼のために、彼にふさわしい助け手を造ろう』」(2:18)

①結婚制度の始まり

②女性は男性の助け手として創造された。

 

2.アダムとその家族(3~5章)

(1)人類の堕落(3:1~24)

①蛇に乗り移ったサタンの誘惑

・サタンの起源に関しては、触れられていない。

②霊的死の経験

・園の木の間に身を隠した。

③罪の裁きと救いの約束

 

(2)原福音(3:15)

「わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく」(3:15)

①「おまえの子孫」とは、反キリストのことである。

②「女の子孫」とは、キリストのことである。

③キリストが反キリストに勝利することが約束された。

④「女の子孫」が今後の展開の主題である。

 

(3)アダムとエバの子孫たち(4~5章)

①カインとアベル

②カインから広がる子孫たち

③セツの誕生

④神は、アダムの息子たちの中からセツを選ばれた。

*「選び」も、重要な主題である。

 

3.ノアとその家族(6~11章)

(1)洪水(6~10章)

「主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた」(6:5~6)

①神は、セツの子孫の中からノアを選ばれた。

②当時の世界は滅ぼされ、人類の歴史は8人の人たちで再スタートを切った。

*ノア、セム、ハム、ヤペテ、そして彼らの妻たち

 

(2)バベルの塔(11:1~32)

①人類は、地上に広がらずに、一か所に集まってバベルの塔を建てた。

②神が介入され、言葉を混乱させた結果、人々は全地に散って行った。

③神の人類救済計画は、挫折していない。

④神は、ノアの子孫の中からアブラハムを選ばれた。

 

Ⅱ.イスラエルの歴史(1250章)

1.アブラハム(12:1~25:18)

(1)アブラハム契約

「【主】はアブラムに仰せられた。『あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福となる。あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。」(12:1~3)

①土地の約束

②子孫の約束

③祝福の約束

 

(2)アブラハムの選びの本質

①救いのための選びではない。

②全人類を救うための方法としての選びである。

 

(3)この契約は、無条件契約である。

①アブラハムとその子孫の失敗があっても、破棄されない。

②神のみが責任を負う片務契約である。

 

2.イサク(25:19~26:35)

(1)イシュマエルではなく、イサクが選ばれた。

①イサクは、約束の子である。

②アブラハムは、イサクを捧げよという命令に従うことによって、自らの信仰

を証明した。

 

(2)アブラハム契約は、イサクに引き継がれた。

①「アブラハム、イサクの神」

 

3.ヤコブ(27:1~36:43)

(1)エサウではなく、ヤコブが選ばれた。

①ヤコブの肉的な性質が神によって取り扱われ、霊的な性質が成長した。

 

(2)アブラハム契約は、ヤコブに引き継がれた。

①「アブラハム、イサク、ヤコブの神」

 

(3)ヤコブに12人の息子たちが与えられた。

①彼らは、12部族の始まりとなった。

②特に重要なのが、ヨセフ族とユダ族である。

③ヨセフ族は長子の部族となり、2部族を輩出した。

*マナセ族とエフライム族

④ユダ族は、メシアを世に出す家系となった。

4.ヨセフ(37:1~50:26)

(1)カナン文化との同化を防ぐために、ヨセフが用いられた。

①彼の人生には、神の摂理が働いていた。

②兄たちの悪意のゆえにエジプトに売られたが、それは神の計画でもあった。

(2)神は、イスラエルの民を隔離した状態で大きく育て、カナンの地に戻そうと

された。

①イスラエルの民は、エジプトで400年間奴隷になった。

②しかし、民族の記憶としてカナンの地への帰還を忘れることはなかった。

「ヨセフは兄弟たちに言った。『私は死のうとしている。神は必ずあなたがたを顧みて、この地からアブラハム、イサク、ヤコブに誓われた地へ上らせてくださいます。』そうして、ヨセフはイスラエルの子らに誓わせて、『神は必ずあなたがたを顧みてくださるから、そのとき、あなたがたは私の遺体をここから携え上ってください』と言った。ヨセフは百十歳で死んだ。彼らはヨセフをエジプトでミイラにし、棺に納めた」(50:24~26)

 

結論

1.創世記とキリスト

(1)神はことばによって天地を創造した。キリストは神のことば(ヨハ1:1~5)。

(2)キリストは、最後のアダムである(ロマ5:1~21、1コリ15:45)。

(3)キリストは、「女の子孫」である(ガラ3:19、4:4)。

(4)アベルは、キリストの型である(ヘブ11:4、12:24)

(5)メルキゼデクは、キリストの型である(ヘブ7~10章)。

(6)小羊は、キリストの型である(ヨハ1:29)。

(7)ヨセフは、キリストの型である。

 

2.創世記と黙示録

(1)神は天と地を創造された。

①神は、新しい天と新しい地を創造される(黙21章)。

(2)サタンは人類を攻撃した。

①サタンは最終戦争で敗北する(黙20:7~10)。

(3)神は闇と光を創造された。

①いつか闇は消え去り、光だけとなる(黙21:23、22:5)。

(4)神は水の集まった所を海と名づけられた(創1:10)。

①海は消え去る(黙21:1)。

(5)神は人をエデンの園(シャカイナグローリー)から追放された(創3:24)。

①神は人をシャカイナグローリーの内に招かれる(黙22:1)。

(6)神は人を「いのちの木」から遠ざけた(創3:22)。

①人は「いのちの木」から食べることができるようになる。

「自分の着物を洗って、いのちの木の実を食べる権利を与えられ、門を通って都に入れるようになる者は、幸いである」(黙22:14)

 

まとめ:

(1)創世記を理解したなら、それまでの人生観を一変せざるを得なくなる。

(2)キリスト教は、世界観であり、歴史観である。

(3)創世記によって、霊的体幹を強くすることができる。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(41)―ヤコブの死とペテロの投獄―

2

クリスマスの喜び

3

使徒の働き(40)―アンテオケ教会の善行―

4

使徒の働き(39)―アンテオケ教会の誕生と成長―

5

30日でわかる聖書 マタイの福音書(1)メシアの誕生

6

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.