Loading...

出エジプト記(41)—祭司の聖別—

  • 2010.09.27
  • 出エジプト29章:1〜46
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

幕屋の中に隠されたキリストを発見する。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

出エジ41出エジプト記29章1節~46節

「祭司の聖別」

1.文脈の確認

(1)幕屋は、神の民に礼拝の方法を教えた。

(2)これまでに、幕屋の構造、器具、祭司の衣装について学んだ。

(3)きょうは、祭司の聖別について学ぶ。

(4)幕屋は、神の計画が成就する前の一時的な仕組みである。

  ①幕屋は型である。対型は何かを考えることこそ重要。

  ②幕屋は、キリストの型である。

  2.アウトライン

(1)祭司の聖別(29:1~37)

(2)絶やすことのない全焼のいけにえ(29:38~42)

(3)幕屋建設の目的(29:43~46)

  3.メッセージのゴール(なぜ私たちが、幕屋について学ぶ必要があるのか)

(1)幕屋の中に隠されたキリストを発見する。

このメッセージは、幕屋の中に隠されたキリストを発見するためのものである。

Ⅰ.祭司の聖別(1~37節)

  
1.聖別のための準備(1~9節)

(1)準備するもの

①若い雄牛一頭

②傷のない雄羊二頭

  *神の性質の反映

  *神が人間に期待するもの

③種を入れない3種のもの

    *種を入れないパン(bread)

    *油を混ぜた種を入れない輪型のパン(cakes)

*油を塗った種を入れないせんべい(wafers)

(2)アロンとその子らを水で洗う。

(3)大祭司アロンに装束を着せる。

  ①長服、②青服、③エポデ、④胸当て、⑤帯、⑥かぶり物、⑦聖別の記章

(4)そそぎの油を頭に注ぐ。

*イスラエルの王は油注ぎを受ける。

*カリスマチックな王がメシアである。

*聖霊の力による奉仕を象徴している。

(4)アロンとその子らに衣装を着せる。

(5)アロンとその子らは祭司職に任命された。

  2.雄牛のいけにえ(10~14節):罪のためのいけにえ

(1)アロンとその子らは雄牛の頭に手を置く。

  ①罪の転嫁が行われる。

(2)雄牛をほふる。

  ①血を取り、指で祭壇の角につける。

  ②残りの血は、祭壇の土台に注ぐ。

  ③内臓の脂肪は焼いて煙にする。

  ④脂肪は最良の部位とされた。

  ⑤肉と皮と汚物は、宿営の外で焼かれる(汚れたものの象徴)。

  ⑥「これは、罪のためのいけにえである」(14節)

*アロンとその子らの罪

  3.最初の雄羊のいえにえ(15~18節):全焼のいけにえ

(1)アロンとその子らは雄羊の頭に手を置く。

  ①罪の転嫁が行われる。

  ②罪は命(血)によって贖われる。

(2)雄羊をほふる

  ①その血を取り、祭壇の回りに注ぎかける。

  ②部分に切り分け、内臓と足を洗い、ほかの部分をいっしょにする。

  ③全部祭壇の上で焼いて煙にする。

  ④神への感謝と、全面的献身を象徴している。

  4.次の雄羊のいけにえ(19~21節):聖別のためのいけにえ

(1)アロンとその子らは雄羊の頭に手を置く。

  ①罪の転嫁が行われる。

(2)雄羊をほふる。

  ①その血をアロンとその子らにつける。

*右の耳たぶ

*右手の親指

    *右足の親指

*全的献身を表す。

  ②残りの血を祭壇の回りに注ぎかける。

(3)聖別のためのいけにえ

  ①祭壇の上にある血と注ぎの油を、祭司たちの装束に振りかける。

  ②祭司とその衣装の聖別となる。

  5.種を入れない3種のもの(22~25節)

(1)アロンとその子らの手のひらに載せ、【主】に向かって揺り動かす。

  ①種を入れないパン一個

  ②油を混ぜた種を入れない輪型のパン一個

  ③油を塗った種を入れないせんべい一個

(2)任職用の雄羊の脂肪とともに祭壇の上で焼いて煙とする。

  6.祭司の取り分(26~28節)

(1)任職用の雄羊の胸肉ともも肉

(2)祭司がイスラエル人から受け取る永遠の分け前

  7.祭司任命の儀式(29~30節)

(1)アロンの後継者も同じようにする。

(2)その儀式は7日間続く。

  8.祭司の食事(31~34節)

(1)幕屋の入り口で雄羊の肉を煮る(内庭のことであろう)。

(2)その肉といっしょにかごの中のパンを食べる。

  ①祭司は、聖別のための贖いに用いられたものを食べる。

  ②ほかの者は、たべてはならない。

  ③肉やパンが朝まで残ったなら、それを火で焼く。

    (3)【主】との親密な交わりを象徴する。

  9.聖別は7日間(35~37節)

(1)任職式は7日間続く。

(2)雄牛一頭を毎日ささげる。

Ⅱ.絶やすことのない全焼のいけにえ(38~42節)

  1.祭司の5つの務め

(1)香をたく(30:7~8)

(2)毎日いけにえをささげる(29:38~42)

  ①火は24時間燃え続けている(レビ6:13)。

(3)いけにえの検査(レビ27:11~12)

  ①イエスの時代にはこれが悪用された。

    (4)燭台に火をともし続ける(レビ24:1~4)。

(5)モーセの律法を教え、裁判官となる(申17:8~13、19:15~20、21:5)。

2.毎日ささげる全焼のいけにえ

(1)1歳の若い雄羊2頭

①1頭の若い雄羊は朝ささげる。

②他の1頭の若い雄羊は夕暮れにささげる。

(2)これに添えるもの

①上質のオリーブ油を混ぜた最良の小麦粉

②ぶどう酒

(3)絶やすことのない全焼のいけにえ

  ①祭司は、毎日これを行う。

Ⅲ.幕屋建設の目的(43~46節)

  1.その所でわたしはイスラエル人に会う。

  2.わたしはイスラエル人の間に住み、彼らの神となろう。

  3.彼らは、わたしが彼らの神、【主】であり、彼らの間に住むために、彼らをエジプトの

地から連れ出した者であることを知るようになる。

結論:このメッセージは、幕屋の中に隠されたキリストを発見するためのものである。

1.雄牛とキリストの対比

(1)出29:14

「ただし、その雄牛の肉と皮と汚物とは、宿営の外で火で焼かなければならない。これは

罪のためのいけにえである」

(2)ヘブル13:11~14

「動物の血は、罪のための供え物として、大祭司によって聖所の中まで持って行かれます

が、からだは宿営の外で焼かれるからです。ですから、イエスも、ご自分の血によって民

を聖なるものとするために、門の外で苦しみを受けられました。ですから、私たちは、キ

リストのはずかしめを身に負って、宿営の外に出て、みもとに行こうではありませんか。

私たちは、この地上に永遠の都を持っているのではなく、むしろ後に来ようとしている都

を求めているのです」

2.祭司の務めとキリストの務めの対比

  (1)ヘブ10:11~14

  「また、すべて祭司は毎日立って礼拝の務めをなし、同じいけにえをくり返しささげます

が、それらは決して罪を除き去ることができません。しかし、キリストは、罪のために一

つの永遠のいけにえをささげて後、神の右の座に着き、それからは、その敵がご自分の足

台となるのを待っておられるのです。キリストは聖なるものとされる人々を、一つのささ

げ物によって、永遠に全うされたのです」

(2)対比

①祭司は死ぬとその務めが継承されるが、キリストは復活されたのでそれがない。

  ②祭司は、毎日立って務めをするが、キリストは神の右の座に着いておられる。

  ③祭司は、同じいけにえを繰り返しささげるが、キリストは一度だけささげた。

  ④祭司のいけにえは、罪を除き去ることができないが、キリストのいけにえはそれを

なした。

3.幕屋とキリストの対比

  (1)幕屋はシャカイナグローリーが表れた場所

①神はイスラエルの民の間に住まわれた。

②イスラエルの民は、神を知った。

③出エジプトの体験は、神を知るためのものである。

  (2)ヨハ1:18

  「いまだかつて神を見た者はいない。父のふところにおられるひとり子の神が、神を説き

明かされたのである」

①マタ 1:23

「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ば

れる」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である)。

②ヨハ14:9

「ピリポ。こんなに長い間あなたがたといっしょにいるのに、あなたはわたしを知ら

なかったのですか。わたしを見た者は、父を見たのです。どうしてあなたは、『私た

ちに父を見せてください』と言うのですか」

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(85)―パウロの弁明(2)―

2

使徒の働き(86)―サンヘドリンの前に立つパウロ―

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

60分でわかる新約聖書(11)ピリピ人への手紙

5

Q227クリスチャンは誰に向かって祈るのですか。

6

使徒の働き(84)―パウロの弁明(1)―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.