ヨハネの黙示録(29)—鉢の裁き(2)—

  • 2017.04.03
  • 黙示録16章:12〜21
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

7つの鉢の裁きの後半について学ぶ。
7つの鉢の裁きの後半について学ぶ。
7つの鉢の裁きの後半について学ぶ。
7つの鉢の裁きの後半について学ぶ。
7つの鉢の裁きの後半について学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「鉢の裁き(2)」

黙16:12~21

1.はじめに

(1)キリストの再臨の前に何が起こるかを見ている。

  ①15章~16章では、大患難時代後半の3年半に起こる出来事が取り上げられる。

  ②15章は、鉢の裁きへの前奏曲である。

    *聖徒たちへの励ましのメッセージである。

  ③16章は、第7のラッパの裁きである。

    *「第7のラッパの裁き」=「7つの鉢の裁き」で、最も激しい裁きである。

    *第7つ鉢の裁きに続く出来事が、キリストの再臨である(19章)。

(2)鉢の裁きを2つのグループに分けて学んでいる。

  ①第1~第5の鉢の裁き

  ②第6~第7の鉢の裁き

    *この2つは、ハルマゲドンの戦いに関係している。

    *ハルマゲドンの戦いには8つの段階がある(フルクテンバウム説)。

    *第6の鉢の裁きは、ハルマゲドンの戦いの第1の段階。

    *第7の鉢の裁きは、ハルマゲドンの戦いの第8の段階。

  2.アウトライン

    (1)第6の鉢の裁き(12~16節)

    (2)第7の鉢の裁き(17~21節)

  3.結論

    (1)ハルマゲドンの戦いの8段階

    (2)黙示16章17節とヨハネ19章30節

7つの鉢の裁きの後半について学ぶ。

Ⅰ.第6の鉢の裁き(12~16節)

  
1.12節


Rev 16:12
第六の御使いが鉢を大ユーフラテス川にぶちまけた。すると、水は、日の出るほうから来る王たちに道を備えるために、かれてしまった。

    (1)第6の御使いが、鉢を大ユーフラテス川にぶちまけた。

      ①すると、川の水が涸れた。

    (2)ユーフラテス川

      ①ユーフラテス川の源流は、トルコ北東部の山地である。

②途中シリアを通過し、イラクでチグリス川と合流してペルシア湾に注ぐ。

③全長約3000㎞弱の国際河川である。

④古代都市ウルやバビロンは、この川のほとりにあった。

⑤古代ローマ帝国の東の境界線になっていた。

    (3)聖書預言では、約束の地の東の境界線である。

①創15:18

Gen 15:18
その日、【主】はアブラムと契約を結んで仰せられた。/「わたしはあなたの子孫に、この地を与える。/エジプトの川から、/あの大川、ユーフラテス川まで。

      ②申1:7

Deu 1:7
向きを変えて、出発せよ。そしてエモリ人の山地に行き、その近隣のすべての地、アラバ、山地、低地、ネゲブ、海辺、カナン人の地、レバノン、さらにあの大河ユーフラテス川にまで行け。

      ③ヨシ1:4

Jos 1:4 あなたがたの領土は、この荒野とあのレバノンから、大河ユーフラテス、ヘテ人の全土および日の入るほうの大海に至るまでである。

    (4)反キリストの軍勢が侵攻してくるのが可能になった。

      ①ユダヤ人を抹殺するための戦いが始まろうとしている。

      ②彼らは、キリストの再臨を妨害するためにユダヤ人を滅ぼそうとしている。

    (5)「日の出るほうから来る王たち」とは、誰か。

      ①ある学者は、100以上の注解書を調べ、50以上の説があるのを発見したという。

②字義通りに読めば、「東の方から来る王たち」である。

      ③聖書が「東」という場合は、極東(中国)ではなくメソポタミアを指す。

      ④反キリストの国の首都は、バビロンである。

      ⑤東の国々の王たちが、川が枯渇するという奇跡に助けられて進軍してくる。

  2.13~14節


Rev 16:13 また、私は竜の口と、獣の口と、にせ預言者の口とから、かえるのような汚れた霊どもが三つ出て来るのを見た。


Rev 16:14
彼らはしるしを行う悪霊どもの霊である。彼らは全世界の王たちのところに出て行く。万物の支配者である神の大いなる日の戦いに備えて、彼らを集めるためである。

    
(1)イスラエルに対する戦いを計画しているのは、偽の三位一体である。

      ①竜(サタン)、②獣(反キリスト)、③偽預言者

    (2)彼らの口から、3つの悪霊が出て来た。

      ①汚れた霊である。「かえるのような」

        *かえるは、儀式的に汚れている。

        *レビ11:9~12、41参照(水の中にいて、ひれやうろこのないもの)

      ②3つの悪霊は、偽の三位一体の命令を実行する。

    (3)3つの悪霊の活動

      ①しるしを行う。

        *これは、Bクラスの奇跡である。

        *全世界の王たちが苦しんでいる(水不足、猛暑、皮膚病)。

        *その王たちを助けるためには、しるしが必要である。

      ②「大いなる日の戦い」のために、全世界の王たちを招集する。

        *この戦いは、ハルマゲドンの戦いである。

        *王たちは、イスラエルのどこかの地に招集される。

  3.15節


Rev 16:15 ──見よ。わたしは盗人のように来る。目をさまして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである──

    
(1)これは挿入句である。

      ①主イエスへの信仰を捨てない人たちへの励ましのことばである。

      ②語っているのは、神ご自身である。

    (2)「わたしは盗人のように来る」

      ①予期せぬ時に、突然来る。

      ②人々は、まだ準備ができていない。

      ③それゆえ、霊的な目を覚まし続ける必要がある。

    (3)「身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである」

      ①起源1世紀の読者には、この言葉の意味がよく理解できた。

      ②番兵は、任務中に寝ているのが見つかると、罰を受けた。

        *着物を脱がされた。

        *見せしめのために、裸で歩かされた。

      ③霊的に目を覚まし続ける者は、祝福を受けるという約束である。

  4.16節

Rev 16:16 こうして彼らは、ヘブル語でハルマゲドンと呼ばれる所に王たちを集めた。

    (1)反キリストの軍勢が集結する場所は、ハルマゲドンである。

      ①「メギドの山」という意味である。

      ②イズレエル平原の西の端にある山

        *イスラエルで一番面積が広いのが、イズレエル平原である。

      ③ここは戦いの場ではなく、反キリストの軍勢が集結する場所である。

Ⅱ.第7の鉢の裁き(17~21節)

  
1.17節


Rev 16:17 第七の御使いが鉢を空中にぶちまけた。すると、大きな声が御座を出て、聖所の中から出て来て、「事は成就した」と言った。

    
(1)大きな声

      ①神の声である。

      ②聖所の中から出て来た。

    (2)「事は成就した」

      ①ギリシア語で一語である。「ゲゴネン」(ギノマイ)

      ②これは、最後の裁きを紹介する言葉で、完了形である。

        *神の怒りの裁きは、すべて行われた。

        *神の怒りは、すべて取り去られた。

      ③キリストの再臨の前に起こることは、すべて完了した。

  
2.18~19節


Rev 16:18
すると、いなずまと声と雷鳴があり、大きな地震があった。この地震は人間が地上に住んで以来、かつてなかったほどのもので、それほどに大きな、強い地震であった。


Rev 16:19
また、あの大きな都は三つに裂かれ、諸国の民の町々は倒れた。そして、大バビロンは、神の前に覚えられて、神の激しい怒りのぶどう酒の杯を与えられた。

    
(1)歴史上なかったほど大きな地震が起こる。

      ①黙6:12(第6の封印)

②默8:5(第7の封印)

③黙11:13(二人の証人の召天)

④默11:19(第7のラッパ)

    (2)エルサレムは、3つに裂かれる。

      ①ゼカ14:4

Zec 14:4
その日、主は御足をもって/エルサレムの東にある/オリーブ山の上に立たれる。オリーブ山は東と西に半分に裂け/非常に大きな谷ができる。山の半分は北に退き、半分は南に退く。

      ②エルサレムは、千年王国のために再建される必要がある。

  
4.20~21節

Rev 16:20 島はすべて逃げ去り、山々は見えなくなった。


Rev 16:21
また、一タラントほどの大きな雹が、人々の上に天から降って来た。人々は、この雹の災害のため、神にけがしごとを言った。その災害が非常に激しかったからである。

    
(1)世界中の地形が激変する。

      ①これもまた、千年王国設立の準備である。

    (2)大きな雹が降って来た。

      ①一タラント(約45㎏)の重さの雹

      ②神の怒りはここに極まる。

    (3)それでも人々は、神をののしる言葉を口にした。

      ①裁きが激しくなっても、人々の心は頑ななままであった。

結論:

  1.ハルマゲドンの戦いの8段階

    (1)反キリストの軍勢の集結(第6の鉢の裁き)

    (2)バビロンの都の崩壊

      ①イザ13章、14章

      ②エレ50章、51章

      ③ゼカ5:4~11

      ④黙18章

    (3)エルサレムへの攻撃とその崩壊

      ①反キリストの軍勢によるエルサレムへの攻撃

      ②ユダヤ人たちは、エルサレムを脱出し、ボズラに移住している。

      ③ゼカ12:1~9、ゼカ14:1~2

    (4)反キリストの軍勢のボズラ侵攻

      ①エレ49:13~14

    (5)イスラエルの民族的救い

      ①イザ66:8

      ②ゼカ3:8~10

      ③ロマ11:15~27

    (6)キリストの地上再臨

      ①イザ34:1~7、63:1~6

      ③ミカ2:12~13

      ④ハバ3:3

    (7)反キリストの軍勢のヨシャパテの谷での滅亡

      ①ヨエ3:12~13

      ②黙14:20

    (8)オリーブ山に立つ栄光の王(第7の鉢の裁き)

      ①ゼカ14:4~5

  2.黙示16章17節とヨハネ19章30節

    (1)黙示16章17節


Rev 16:17 第七の御使いが鉢を空中にぶちまけた。すると、大きな声が御座を出て、聖所の中から出て来て、「事は成就した」と言った。

      ①「事は成就した」は、「ゲゴネン」である。

      ②罪に満ちた世界に対する神の怒りは、ついに収まった。

      ③次に起こるのは、キリストの再臨と千年王国の設立である。

    (2)ヨハネ19章30節


Joh 19:30 イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した」と言われた。そして、頭をたれて、霊をお渡しになった。

      ①「完了した」は、「テテレスタイ」である。

      ②完済したという意味である。

      ③イエスの勝利の宣言である。

      ④イエスは、ご自身の死が罪のための贖いの死であることを知っておられた。

      ⑤ロマ5:1


Rom 5:1 ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。

週間アクセスランキング

1

中川牧師の書斎から#035「米大統領選トランプ勝利の可能性は?」

2

申命記(12)ホレブでの体験の目的

3

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

4

60分でわかる旧約聖書(21)伝道者の書

5

中川牧師の書斎から#034「米大統領選はまだ終わっていない」

6

申命記(11)律法の目的

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.