ヨハネの黙示録(26)—天からの7つの宣言(2)—

  • 2017.03.13
  • 黙示録14章:9〜20
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

黙示録14章の7つの宣言について学ぶ。
黙示録14章の7つの宣言について学ぶ。
黙示録14章の7つの宣言について学ぶ。
黙示録14章の7つの宣言について学ぶ。
黙示録14章の7つの宣言について学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「天からの7つの宣言(2)」

黙14:9~20

1.はじめに

(1)キリストの再臨の前に何が起こるかを見ている。

  ①10章~14章は、挿入箇所である。

  ②10章~13章では、大患難時代の中間に起こる数々の出来事が取り扱われた。

  ③15章~16章では、大患難時代後半の3年半に起こる出来事が取り上げられる。

  ④14章は、10章~13章と15章~16章の「つなぎ役」を果たしている。

    *14章の内容は、7つの宣言として出て来る。

    *未来完了形の宣言である。

    (2)14章の内容とそれが啓示された目的

      ①偽の三位一体の目的は、必ず失敗することを示すため。

        *イスラエル民族を抹殺しようとする試みは、失敗に終わる。

      ②「鉢の裁き」(15~16章)の結果がどのようなものであるかを示すため。

      ③大患難時代の後半を生きる聖徒たちに、励ましを与えるため。

  2.アウトライン

    (1)第一の宣言:シオンの山の上の144,000人(1~5節)

    (2)第二の宣言:永遠の福音(6~7節)

    (3)第三の宣言:バビロンの崩壊(8節)

    (4)第四の宣言:獣を拝む者たち(9~11節)

    (5)第五の宣言:聖徒たち(12~13節)

    (6)第六の宣言:刈り取り(14~16節)

    (7)第七の宣言:神の激しい怒り(17~20節)

  3.結論

    (1)永遠の滅び

    (2)7つの祝福の約束

黙示録14章の7つの宣言について学ぶ。

Ⅰ.第四の宣言:獣を拝む者たち(9~11節)

  
1.9節


Rev 14:9
また、第三の、別の御使いも、彼らに続いてやって来て、大声で言った。「もし、だれでも、獣とその像を拝み、自分の額か手かに刻印を受けるなら、

    (1)第3の天使が、第4の宣言を発する。

      ①これは、獣の刻印を受ける者への裁きの宣言である。

      ②同時に、信者への励ましの宣言である。

    (2)「獣の刻印を受けるなら」

      
①獣(反キリスト)の刻印は、額か手かに押される。

        *神の刻印のパロディである。

      ②これは、獣を神として永遠に受け入れたというしるしである。

      ③黙13:17

Rev 13:17 また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。

      ④獣の刻印を身に受けると、もはや救われる可能性がなくなる。

      ⑤ある人たちは、携挙以降に救われる人はいないと考える。

      ⑥しかし、大患難時代においても救われる人が出る。

      ⑦獣の刻印を受けると、回帰不能点を越えたことになる。

*救いの可能性が消滅する。

    (3)2テサ2:8~12

2Th 2:8 その時になると、不法の人が現れますが、主は御口の息をもって彼を殺し、来臨の輝きをもって滅ぼしてしまわれます。

2Th 2:9 不法の人の到来は、サタンの働きによるのであって、あらゆる偽りの力、しるし、不思議がそれに伴い、

2Th 2:10 また、滅びる人たちに対するあらゆる悪の欺きが行われます。なぜなら、彼らは救われるために真理への愛を受け入れなかったからです。

2Th 2:11 それゆえ神は、彼らが偽りを信じるように、惑わす力を送り込まれます。

2Th 2:12 それは、真理を信じないで、悪を喜んでいたすべての者が、さばかれるためです。

      
①「不法の人」とは、反キリストである。

      ②彼の背後にはサタンがいるので、さまざまな奇跡を行うことができる。

      ③真理を拒む人たちは反キリストに欺かれる。

      ④反キリストを受け入れる人たちは神の裁きに会う。

  
2.10~11節


Rev 14:10
そのような者は、神の怒りの杯に混ぜ物なしに注がれた神の怒りのぶどう酒を飲む。また、聖なる御使いたちと小羊との前で、火と硫黄とで苦しめられる。


Rev 14:11
そして、彼らの苦しみの煙は、永遠にまでも立ち上る。獣とその像とを拝む者、まただれでも獣の名の刻印を受ける者は、昼も夜も休みを得ない。

    
(1)「神の怒りの杯に混ぜ物なしに注がれた神の怒りのぶどう酒」

      ①これは、「鉢の裁き」のことである。

      ②「鉢の裁き」は、獣の刻印を受け取った人たちに向けられたものである。

      ③劇的表現が用いられている。「混ぜ物のない本物のぶどう酒」

        *恵みや憐みの要素が全くない。

        *永遠の苦しみを意味している。

    (2)「聖なる御使いたちと小羊との前で、火と硫黄とで苦しめられる」

      ①これは、「燃える火の池」での苦しみである。

      ②自分たちが拒否したお方の前での苦しみである。

    (3)「そして、彼らの苦しみの煙は、永遠にまでも立ち上る」

      ①この苦しみは、永遠に続く。

      ②彼らは、無知のゆえに苦しむのではない。

      ③彼らは、福音のメッセージを2度にわたって拒否した。

        *144,000人の伝道

        *第2の宣言で、第1の天使が福音を伝えた(6~7節)。

      ④彼らは、獣の刻印を受けることを自ら選んだのである。

Ⅱ.第五の宣言:聖徒たち(12~13節)

  
1.12節

Rev 14:12 神の戒めを守り、イエスに対する信仰を持ち続ける聖徒たちの忍耐はここにある。」

    
(1)獣の刻印を受けた人々への裁きの宣告は、聖徒たちには励ましとなる。

      ①ここには、迫害の中でもキリストを信じ続けよというメッセージがある。

      ②殉教の死を遂げる者や、隠れ場に身を潜める者も出る。

      ③しかし、彼らの最後は、獣の刻印を受ける者の最後よりも素晴らしい。

    (2)信仰と行動が合致する必要がある。

      ①どの時代にも当てはまるが、特に、大患難時代がそうである。

      ②信じているが、とりあえず獣の刻印は受けておくというのは、だめ。

  
2.13節


Rev 14:13
また私は、天からこう言っている声を聞いた。「書きしるせ。『今から後、主にあって死ぬ死者は幸いである。』」御霊も言われる。「しかり。彼らはその労苦から解き放されて休むことができる。彼らの行いは彼らについて行くからである。」

    
(1)ヨハネは天からの声を聞いた。

      ①天使を仲介としたものではなく、神からの直接の声である。

      ②伝達内容が重要な場合、神が直接お語りになる。

      ③この声は、イエス・キリストの声であろう。

    (2)2重の祝福が宣言される。

「今から後、主にあって死ぬ死者は幸いである」

      
  *殉教の死を遂げる者には祝福が約束されている。

      ②「しかり。彼らはその労苦から解き放されて休むことができる。彼らの行いは

彼らについて行くからである」

  
*これは、聖霊の声である。

  *彼らにとっては、殉教の死は迫害や苦難からの解放である。

  *永遠の休息と永遠の苦しみの明らかな対比がある。

  *死者一般への適用ではなく、大患難時代の殉教者への約束である。

Ⅲ.第六の宣言:刈り取り(14~16節)

  
1.14節


Rev 14:14
また、私は見た。見よ。白い雲が起こり、その雲に人の子のような方が乗っておられた。頭には金の冠をかぶり、手には鋭いかまを持っておられた。

    
(1)「また、私は見た」

      ①新しいテーマに移行する。

      ②第6の宣言と第7の宣言で、2種類の「刈り取り」が啓示される。

        *ある人たちは、ともに罪人たちの刈り取りと解釈する。

          ・第6の宣言は、一般的な刈り取り。

          ・第7の宣言は、最終的な刈り取り。

        *別の人たちは、信者たちの刈り取りと罪人たちの刈り取りと解釈する。

      ③ここでは、第6の宣言は信者の刈り取りと解釈する。

        *「刈り取り」は、救いを表現する際に使用する言葉である。

        *大患難時代の後半に、霊的リバイバルが起こると解釈する。

    
(2)「白い雲が起こり、その雲に人の子のような方が乗っておられた」

      
①「白い雲」は、シャカイナグローリーである。

      ②「人の子のような方」とは、イエス・キリストである。

        *これは、メシアの称号である。

    (3)「手には鋭いかまを持っておられた」

      
①霊的収穫を集めるためのかまである。

  
2.15~16節


Rev 14:15
すると、もうひとりの御使いが聖所から出て来て、雲に乗っておられる方に向かって大声で叫んだ。「かまを入れて刈り取ってください。地の穀物は実ったので、取り入れる時が来ましたから。」

Rev 14:16 そこで、雲に乗っておられる方が、地にかまを入れると地は刈り取られた。

    
(1)もうひとりの天使が、キリストに懇願する。

      ①収穫の時が来たので、刈り取ってください。

    (2)その願いに答えて、キリストが地にかまを入れ、地を刈り取る。

      ①大患難時代の後半でも、救われる人が多く出る。

Ⅳ.第七の宣言:神の激しい怒り(17~20節)

  
1.17~18節

Rev 14:17 また、もうひとりの御使いが、天の聖所から出て来たが、この御使いも、鋭いかまを持っていた。


Rev 14:18
すると、火を支配する権威を持ったもうひとりの御使いが、祭壇から出て来て、鋭いかまを持つ御使いに大声で叫んで言った。「その鋭いかまを入れ、地のぶどうのふさを刈り集めよ。ぶどうはすでに熟しているのだから。」

    
(1)鋭いかまを持つ天使が、天の聖所から出てきた。

      ①これは、罪人たちの刈り取りである。

      ②火を支配する権威を持った天使が、先の天使に刈り取りを懇願する。

      ③かまを持った天使は、それを実行する。

  
2.19~20節

Rev 14:19 そこで御使いは地にかまを入れ、地のぶどうを刈り集めて、神の激しい怒りの大きな酒ぶねに投げ入れた。


Rev 14:20 その酒ぶねは都の外で踏まれたが、血は、その酒ぶねから流れ出て、馬のくつわに届くほどになり、千六百スタディオンに広がった。

    
(1)「酒ぶねに投げ入れた」

      ①酒ぶねに投げ入れることや酒ぶねを踏むことは、神の裁きの象徴である。

      ②神の怒りの内容が、次に出て来る「鉢の裁き」である。

    (2)「血は、その酒ぶねから流れ出て、馬のくつわに届くほどになり、千六百スタデ

ィオンに広がった」

  
①これは、ハルマゲドンの戦いの結果の描写である。

  ②「酒ぶねが都の外で踏まれた」は、エルサレムの外での裁きを指している。

    *オリーブ山と城壁の間にあるヨシャパテの谷(ケデロンの谷)

  ③大量の血が流される。

    *ぶどう液ではなく、血が流れ出す。

*馬のくつわに届くほどになる。

    *流れて行く長さは、約300キロメートルにも及ぶ。

結論:

  1.永遠の滅び

    (1)永遠の滅び(苦しみ)という教えは、人間的には到底耐えられないものである。

      ①それゆえ、その教えを認めない人もいる。

      ②逃げ道として、魂の消滅を主張する人もいる。

      ③最終的な判断は、聖書がどう教えているかである。

    (2)イエス・キリストは、永遠の滅びを教えておられる。

      ①ゲヘナという言葉は、新約聖書に12回出て来る。

      ②ヤコブ3:6以外の11回は、すべてキリストが語ったものである。

      ③ゲヘナは「燃える火の池」と同じである。

      ④新約聖書の中で、永遠の滅びについて最も語っているのはキリストである。

    (3)永遠の滅びは、神の義から出て来るものである。

      ①神の義は、神の愛と同じように不変のものである。

      ②キリストを拒否する人には、神の愛は届かないのである。

    (4)マタ25:46

Mat 25:46 こうして、この人たちは永遠の刑罰に入り、正しい人たちは永遠のいのちに入るのです。」

    (5)2テサ1:6~9

2Th 1:6 つまり、あなたがたを苦しめる者には、報いとして苦しみを与え、


2Th 1:7
苦しめられているあなたがたには、私たちとともに、報いとして安息を与えてくださることは、神にとって正しいことなのです。そのことは、主イエスが、炎の中に、力ある御使いたちを従えて天から現れるときに起こります。

2Th 1:8 そのとき主は、神を知らない人々や、私たちの主イエスの福音に従わない人々に報復されます。

2Th 1:9 そのような人々は、主の御顔の前とその御力の栄光から退けられて、永遠の滅びの刑罰を受けるのです。

  2.7つの祝福の約束

    (1)黙1:3


Rev 1:3 この預言のことばを朗読する者と、それを聞いて、そこに書かれていることを心に留める人々は幸いである。時が近づいているからである。

      ①黙示録を学ぶことの祝福

    (2)黙14:13


Rev 14:13
また私は、天からこう言っている声を聞いた。「書きしるせ。『今から後、主にあって死ぬ死者は幸いである。』」御霊も言われる。「しかり。彼らはその労苦から解き放されて休むことができる。彼らの行いは彼らについて行くからである。」

      ①大患難時代にキリストを信じるがゆえに死ぬ人は、幸いである。

    (3)黙16:15


Rev 16:15 ──見よ。わたしは盗人のように来る。目をさまして、身に着物を着け、裸で歩く恥を人に見られないようにする者は幸いである──

      ①キリストの再臨に備えながら生きる人は、幸いである。

    (4)黙19:9


Rev 19:9 御使いは私に「小羊の婚宴に招かれた者は幸いだ、と書きなさい」と言い、また、「これは神の真実のことばです」と言った。

      ①小羊の宴会での花嫁は、教会である。

      ②その宴会に招かれるその他の聖徒たちがいる。彼らは、幸いである。

(5)黙20:6


Rev 20:6
この第一の復活にあずかる者は幸いな者、聖なる者である。この人々に対しては、第二の死は、なんの力も持っていない。彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストとともに、千年の間王となる。

      ①聖徒として復活にあずかる者は、幸いである。

(6)黙22:7

Rev 22:7 「見よ。わたしはすぐに来る。この書の預言のことばを堅く守る者は、幸いである。」

      ①黙示録の預言を信じ続ける者は、幸いである。

    (7)黙22:14


Rev 22:14 自分の着物を洗って、いのちの木の実を食べる権利を与えられ、門を通って都に入れるようになる者は、幸いである。

①信仰による救いの結果として行為が伴っている。

      ②いのちの木の実を食べる権利を与えられた者は、幸いである。

    まとめ


聖書を通して真の神を知った。

②「私はこう思う」ではなく、「聖書はこう言う」を優先すべき。

③神の愛と神の義は永遠である。

    

週間アクセスランキング

1

ガラテヤ人への手紙(15)「罪に打ち勝つ秘訣は何か」

2

中川牧師の書斎から#020「真のインフルエンサー」-恐れないで真実を語り続ける人たち-

3

中川牧師の書斎から#019 「世界統一政府への道」-国連と世界経済フォーラム-

4

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

5

ガラテヤ人への手紙(14)クリスチャンは何をしてもいいのか

6

60分でわかる旧約聖書(25)哀歌

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.