Loading...

メシアの生涯(175)—過越の食事(3)—

  • 2015.10.26
  • マルコ14章:18〜21、ルカ22章:19
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

過越の食事の中に隠されたキリストを発見する。

「過越の食事について」の動画をYou Tubeにアップロードしました。
You Tubeのリンク先です。

「過越の食事(3)」

マコ14:18~21、ルカ22:19

1.はじめに

  (1)文脈の確認

    ①木曜日に、ペテロとヨハネは過越の食事の準備をした。

    ②日没後(金曜日)、過越の食事が始まった。

    (2)過越の食事の手順(ロバートソンの順番とは異なる)

      ①食前のことば

②第一の杯

      ③洗足とユダの裏切りの予告(1)

      ④カルパス(野菜)とユダの裏切りの予告(2)

      ⑤2枚目の種なしパン(マッツァ)

      ⑥ハロセットとユダの裏切りの予告(3)

      ⑦第三の杯

      ⑧偉大さに関する教え

      ⑨ペテロの拒否の予告

      ⑩ハレル(賛美)

  (3)A.T.ロバートソンの調和表

    §146aと148b 

2.アウトライン

  (1)カルパス(野菜)とユダの裏切りの予告(2)

  (2)2枚目の種なしパン(マッツァ)

  3.結論:

    (1)アフィコーメンの儀式の神学的意味

    (2)過越の食事と最後の晩餐

過越の食事の中に隠されたキリストを発見する。

Ⅳ.カルパス(野菜)とユダの裏切りの予告(2)

  
1.18節


Mar 14:18
そして、みなが席に着いて、食事をしているとき、イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたのうちのひとりで、わたしといっしょに食事をしている者が、わたしを裏切ります。」

    (1)「わたしといっしょに食事をしている者が、わたしを裏切ります」

      ①詩41:9への言及

      ②ダビデはアヒトフェルの裏切りに会った。

      ③食卓を共にした者が裏切りを働くのは、最悪の罪である。

    (2)食事の順番

20節の訳文の比較

①「わたしといっしょに鉢に浸している者」(新改訳)

②「わたしと一緒に鉢に食べ物を浸している者」(新共同訳)

③「わたしと一緒に同じ鉢にパンをひたしている者」(口語訳)

④「我と共にパンを鉢に浸す者」(文語訳)

    (3)この段階で行うのがカルパス(野菜)の儀式である。

      ①使用されるのは、緑色野菜(パセリかレタス)である。

      ②これを塩水の中に浸して食べる。

      ③この儀式は、紅海を渡ってエジプトから解放されたことを記念するものである。

    (4)複数の塩水の鉢が分散して食卓の上に置かれている。

      ①横になって過越の食事を食するのが紀元1世紀のユダヤ教の律法である。

        *どんなに貧しくてもこれを実行した。

      ②2~3人でひとつの鉢を使用した。

      ③イエスとユダは、同じ鉢を使う位置関係にあった。

    (5)ここでイエスは、ユダの裏切りの予告をする。

      ①これは2度目の予告である。

      ②12弟子の中でこの言葉の意味を理解したのは、ユダだけである。

  2.19節

Mar 14:19 弟子たちは悲しくなって、「まさか私ではないでしょう」とかわるがわるイエスに言いだした。

    (1)イエスの言葉は弟子たちに衝撃を与えた。

      ①ひとりひとり、自分の嫌疑を晴らして行った。

    (2)ユダも同じことをした。マタ26:25参照。

Mat 26:25
すると、イエスを裏切ろうとしていたユダが答えて言った。「先生。まさか私のことではないでしょう。」イエスは彼に、「いや、そうだ」と言われた。

      ①ユダはイエスを「主」ではなく、「先生(ラビ)」と呼んでいる。

      ②質問の形式は、「ノー」という答えを期待するものである。

      ③「いや、そうだ」とは、「あなたが言った通りだ」ということ。

      ④ここでの会話は私的なもので、他の弟子たちは気付いていない。

  3.20節

Mar 14:20 イエスは言われた。「この十二人の中のひとりで、わたしといっしょに鉢に浸している者です。

    (1)イエスは依然として裏切り者の名を明かさない。

      ①カルパスをともに食している者が裏切り行為を働くのは、重大な罪である。

      ②イエスは、ユダに悔い改めの機会を提供された。

  4.21節


Mar 14:21
確かに、人の子は、自分について書いてあるとおりに、去って行きます。しかし、人の子を裏切るような人間はわざわいです。そういう人は生まれなかったほうがよかったので

す。」

    (1)ユダヤ教は、神の主権と人間の責務の両方を認める。

      ①聖書信仰に立つ者もまた、神の主権と人間の責務の両方を受け入れる。

    (2)神の主権に基づけば、キリストは預言通りに十字架の死を遂げる。

      ①ユダの裏切りがなくても、キリストの死は成就した。

    (3)人間の責務に基づけば、ユダには責任がある。

      ①彼はサタンの手先として動いている。

      ②本来、存在することは祝福である。

      ③しかし、ユダにとっては、存在することが呪いとなった。

      ④彼は、存在目的に反することを意図的に行った。

Ⅴ.2枚目の種なしパン(マッツァ)

  
1.アフィコーメンの儀式について

    (1)3層に分かれたマッツァ用の布袋を用意する。

      ①そこに3枚のマッツァを入れる。

      ②三位一体の神を象徴している。

    (2)使用するマッツァの3つの条件

      ①種なしパンであること

      ②焦げ目がついていること

      ③小さな穴が開いていること

    (3)食事の途中で真ん中のマッツァを半分に割り、片方を麻布にくるんで隠す。

      ①真ん中のマッツァは、第二位格の神を象徴している。

    (4)食事の最後にそれを見つけ出し、小片に割って全員がそれを食べる。

      ①アフィコーメンとは、デザートという意味である。

  2.19節


Luk 22:19
それから、パンを取り、感謝をささげてから、裂いて、弟子たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与える、わたしのからだです。わたしを覚えてこれを行いなさい。」

    (1)イエスが弟子たちに与えたパンは、アフィコーメンである。

      ①ユダヤ教のラビたちは、アフィコーメンの儀式を神学的に説明できない。

      ②メシアニックジューたちは、その意味を深く理解している。

      ③聖餐式の目的は、イエスの御業を記念することである。

  3.教理的誤り

    (1)化体説(Transubstantiation)

      ①パンがキリストの体に変化する。

      ②カトリック教会の立場である。

    (2)実体共存説(Consubstantiation)

      ①カトリック教会の化体説を認めない立場である。

      ②ルター派と聖公会がこの説に立つ。

    (3)霊的存在説(The Spiritual Presence)

      ①キリストの体と血は、パンとぶどう酒の中に物理的にではなく、霊的に存在し

ている。

②ジョン・カルバンの立場である。

      ③従って、改革派の教会の立場となっている。

    (4)記念説(A Memorial)

      ①聖餐式は、イエスを記念するために行うものである。

      ②宗教改革者の中では、ツウィングリ(スイスの宗教改革者)が提唱した。

③最も聖書的な説である。

結論:

  1.アフィコーメンの儀式の神学的意味

    (1)種なしパンであること

      ①イエスは罪のないお方であることを象徴している。

    (2)焦げ目がついていること

      ①茶色の焦げ目は、イエスが受けた鞭の痕を象徴している。


Isa 53:5
しかし、彼は、/私たちのそむきの罪のために刺し通され、/私たちの咎のために砕かれた。/彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、/彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。

      ②私たちの霊的な傷が癒されたということ。

    (3)小さな穴が無数に開いていること

      ①穴は、イエスが刺し通されたことを象徴している。

      ②茨の穴、釘の穴、槍の穴

      ③詩22:16

Psa 22:16 犬どもが私を取り囲み、/悪者どもの群れが、私を取り巻き、/私の手足を引き裂きました。

      ④ゼカ12:10


Zec 12:10
わたしは、ダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと哀願の霊を注ぐ。彼らは、自分たちが突き刺した者、わたしを仰ぎ見、ひとり子を失って嘆くように、その者のために嘆き、初子を失って激しく泣くように、その者のために激しく泣く。

(4)イエスは砕かれ、亜麻布にくるまれ、墓の中に隠された。

  ①隠されたマッツァを見つけ、それを割り、全員がその小片を食する。

  ②私たちは、イエスの贖いの死を受け入れ、それを体験する。

  2.過越の食事と最後の晩餐

    (1)過越の食事は、神がイスラエルの民をエジプトから解放されたことを記念する

(思い出す)ためのものである。

(2)最後の晩餐は、霊的解放を記念する(思い出す)ためのものである。

  ①イエスは、「わたしを覚えてこれを行いなさい」と言われた。

  ②聖餐式の目的は、イエスが十字架上で為してくださったことを記念する(思い

出す)ことである。

    (3)1コリ11:23~26

1Co 11:23 私は主から受けたことを、あなたがたに伝えたのです。すなわち、主イエスは、渡される夜、パンを取り、


1Co 11:24
感謝をささげて後、それを裂き、こう言われました。「これはあなたがたのための、わたしのからだです。わたしを覚えて、これを行いなさい。」


1Co 11:25
夕食の後、杯をも同じようにして言われました。「この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行いなさい。」


1Co 11:26 ですから、あなたがたは、このパンを食べ、この杯を飲むたびに、主が来られるまで、主の死を告げ知らせるのです。

      ①記念のため

      ②主の再臨を待ち望むため

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(75)―マケドニアとアカヤ再訪―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

使徒の働き(74)―エペソでの騒動―

4

「イエスとアブラハム契約」中川洋

5

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

6

60分でわかる旧約聖書(23)イザヤ書

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.