Loading...

メシアの生涯(118)—マルタとマリア—

  • 2014.07.28
  • ルカ10章:38〜42
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

マルタとマリアに語られたイエスのことばから、霊的教訓を学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

「マルタとマリア」

ルカ10:38~42

1.はじめに

  (1)文脈の確認

①前回に続いて、この箇所はルカだけの記録である。

②70人の派遣、永遠のいのちに関する律法学者との議論(良きサマリヤ人)

③そして、マルタとマリアの話へと続く。

④ルカは、イエスに仕えた婦人たちについて記録している福音記者である。

  (2)A.T.ロバートソンの調和表

「マルタとマリアの家の客となるイエス」(§104)

ルカ10:38~42

  2.アウトライン

  (1)安らぎの家(38~39節)

  (2)苛立ちの家(40節)

  (3)権威ある言葉(41節)

  3.結論:

    (1)優先順位(1)

    (2)優先順位(2)

    (3)正しい優先順位の結果

マルタとマリアに語られたイエスのことばから、霊的教訓を学ぶ。

Ⅰ.安らぎの家(38~39節)

  
1.38節


Luk 10:38 さて、彼らが旅を続けているうち、イエスがある村に入られると、マルタという女が喜んで家にお迎えした。

    
(1)ある村とは、ベタニヤである(ヨハ11:1、12:1~3)。

      ①エルサレムから約3キロ離れた所にある村。

      ②オリーブ山の東山麓に位置する。

      ③最後の過越の祭りの際の訪問とは、別のものである。

    (2)イエスを迎えたのは、マルタである。

      ①マルタ、マリア、ラザロの3人はベタニヤに住んでいた。

      ②マルタとマリアが初めて登場する。

      ③マルタがイエスを迎えているので、一家の主人であったと思われる。

      ④この家は、70人の派遣によって用意されたものである可能性がある。

      ⑤イエスは、この家に留まった。それ以降も、ここに泊まることを好まれた。

  2.39節

Luk 10:39 彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。

    
(1)マリアの姿勢

      ①主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。

      ②これは、弟子が師から学ぶときの姿勢である。

      ③将来自分が師になって弟子に教えようとする者は、このような姿勢を取った。

    (2)婦人の役割に関する伝統的なイメージが覆される。

      ①婦人は、教師にはなれない。だから専門的に学ぶ必要はない。

      (例話)2世紀に、高名なラビの娘がいた。博学なラビと結婚した。

          ほとんどのラビたちは、彼女の意見を受け入れなかった。

      ②マリアは、伝統的な婦人の役割を捨てて、イエスの教えを吸収しようとした。

      ③イエスは、彼女の学びの姿勢を受け入れた。

      ④その様子を見て、男性たちはショックを感じたことであろう。

Ⅱ.苛立ちの家(40節)

  
1.40節a

Luk 10:40a ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず、

    
(1)マルタは、伝統的な婦人の役割に徹した。

      ①客をもてなすのは、主人の責務である。

      ②客は、少なくとも13名はいた。イエスと弟子たち。

  ③中東風のおもてなし

    (2)訳文の比較

    「ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず、」(新改訳)

    「マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、」(新共同訳)

    「ところが、マルタは接待のことで忙がしくて心をとりみだし、」(口語訳)

    「マルタ饗應(もてなし)のこと多(おほ)くして心(こころ)いりみだれ、」(文語訳)

    「一方マルタはというと、てんてこ舞の忙しさです。『どんなごちそうで、おもてなし

しようかしら。 あれがいいかしら、それとも……。』気を使うことばかりです」(リビ

ングバイブル)

  2.40節b


Luk
10:40b みもとに来て言った。「主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするように、妹におっしゃってください。」

    
(1)マルタの自己義認の態度

      ①自分は正しいことをしている。

      ②他の人はそうではない。

      ③自己義認は、怒りの感情を生む。

      ④怒りやすい人は、怒りの理由について考えるとよい。

    (2)マルタの怒り

      ①最初は、妹のマリアに向けられた。

      ②次に、マリアの怠惰を放置しているイエスに向けられた。

      ③イエスをもてなそうとしたのに、イエスを批判するようになった。

Ⅲ.権威ある言葉(41節)

  
1.41~42節a

Luk 10:41 主は答えて言われた。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。

Luk 10:42a しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです」

    
(1)イエスは、マルタをたしなめた。

      ①一時的なことに気を取られて、動転してはならない。

      ②ものごとを大局的に見ることを教えた。

    (2)どうしても必要なことは、一つだけである。

      ①メシアの教えを受けることは、メシアに仕えることよりも重要である。

      ②ともに良いことであるが、メシアの教えを受けることを優先すべきである。

  2.42節b

Luk 10:42b 「マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません」

    
(1)イエスは、マリアを擁護された。

      ①イエスは、婦人がみことばを学ぶことを奨励された。

    (2)マリアは、良い方を選んだ。

      ①彼女は、弟子たちでさえも理解できなかったことを学んだ。

      ②イエスは、死のうとしておられる。

結論:

  1.優先順位(1)

    (1)与えることと、受けること

      ①マルタは、イエスに与えようとした。

      ②マリアは、イエスから受けようとした。

      ③ともに良いことである。

      ④しかし、イエスから受けずして、他者に与えることは難しい。

      ⑤それゆえ、マリアの選びの方がよい。

    (2)行為と、内面の状態

      ①イエスに与えること(奉仕)の中には、傲慢の種が混入する可能性がある。

      ②傲慢の種が芽を出し成長すると、他者への裁きという実を付けるようになる。

      ③イエスから受けること(静思)は、傲慢の種を取り除く作業である。

      ④傲慢の種が取り除かれると、聖霊の実を付けるようになる。

  2.優先順位(2)

    (1)良きサマリヤ人のたとえ話と、マリアの選び

      ①十戒の5戒~10戒は、隣人への愛を教えている。

      ②十戒の1戒~4戒は、神への愛を教えている。

    (2)優先順位は、神への愛、そして、隣人への愛である。

      ①キリストとともに時を過ごした人は、キリストの香りを放つ。

      (例話)アロマオイルのそばにおいたキーホルダーの香り

    (3)神への愛を確認できた人は、平安に、静かに、親切に隣人に仕えるようになる。

  3.正しい優先順位の結果

    (1)マリアは、イエスが死のうとしていることを理解した。

    (2)マリアは、イエスに香油を注いだ。

①マタ26:12~13

Mat 26:12 「この女が、この香油をわたしのからだに注いだのは、わたしの埋葬の用意をしてくれたのです。


Mat 26:13
まことに、あなたがたに告げます。世界中のどこででも、この福音が宣べ伝えられる所なら、この人のした事も語られて、この人の記念となるでしょう」

      ②今も、マリアの行為は世界中で語り継がれている。

    (3)イエスの死を理解したことは、イエスの復活を理解したことでもある。

      ①マリアは、兄弟ラザロの蘇りを体験するようになる(ヨハ11章)。

      ②彼女は、他の婦人たちといっしょにイエスの墓には行かなかった。

    (4)神の計画を理解した人だけが、自分の働き場を見い出すことができる。

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(71)―エペソでの奉仕―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

「自由、希望、誇り」

4

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

5

60分でわかる新約聖書(8)コリント人への手紙第二

6

使徒の働き(70)―12人の弟子たちの救い―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.