コリント人への手紙第一(17)偶像に献げられた肉(3)―偶像礼拝の罪―10:1~22

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

偶像礼拝の罪について学ぶ。

コリント人への手紙第一 17回

偶像に献げられた肉(3)

―偶像礼拝の罪―

10 :1~22

はじめに

1.文脈の確認

(1)イントロダクション(1:1~9)

(2)教会内の分裂(1:10~4:21)

(3)教会内の無秩序(5~6)

(4)教会からの質問(7~16)

  ①結婚に関する教え(7:1~40)

  ②偶像に献げられた肉(8:1~11:1)

    *愛は知識に勝る(8:1~13)

    *使徒職の弁明(9:1~27)

    *偶像礼拝の罪(10:1~22)

    *市場で売っている肉(10:23~11:1)

2.注目すべき点

(1)この箇所では、「偶像に献げられた肉」というテーマが続いている。

(2)パウロは、自分は強いと思っている信者に警告を発する。

  ①神は唯一であり、偶像の神々は存在しない。

  ②異教徒の隣人から誘われて、偶像の宮で食事をしても問題ではない。

  ③しかし、それは偶像礼拝につながる危険性がある。

  ④パウロは、イスラエルの民の荒野での経験を取り上げる。

    *出エジプト記13~17章、民数記10~15章

3.アウトライン(偶像礼拝の罪)

(1)荒野での悲劇的経験(1~5節)

(2)悲劇的経験からの教訓(6~13節)

(3)真の礼拝と偶像礼拝の対比(14~22節)

4.結論 :1コリ10:13

偶像礼拝の罪について学ぶ。

Ⅰ.荒野での悲劇的経験(1~5節)

1.1~4節

1Co 10:1

兄弟たち。あなたがたには知らずにいてほしくありません。私たちの先祖はみな雲の下にいて、みな海を通って行きました。

1Co 10:2 そしてみな、雲の中と海の中で、モーセにつくバプテスマを受け、

1Co 10:3 みな、同じ霊的な食べ物を食べ、

1Co 10:4

みな、同じ霊的な飲み物を飲みました。彼らについて来た霊的な岩から飲んだのです。その岩とはキリストです。

(1)イスラエルの民が行った偶像礼拝は、悲劇的な結果をもたらした。

  ①イスラエルの民の経験とコリント教会の現状には、類似性がある。

(2)イスラエルの民には、5つの特権が与えられていた。

  ① 「私たちの先祖はみな雲の下にいて」

    *シャカイナグローリーによる超自然的な導きが与えられた。

  ② 「みな海を通って行きました」

    *紅海を渡り、エジプトからの奇跡的な脱出を経験した。

  ③ 「モーセにつくバプテスマを受け」

    *神によって立てられた超自然的リーダーであるモーセと一体化した。

  ④ 「みな、同じ霊的な食べ物を食べ」

    *全員が、マナを食べた。それは、超自然的な食べ物で霊的な意味がある。

  ⑤ 「みな、同じ霊的な飲み物を飲みました」

    *全員が、岩から出た水を飲んだ。それは、超自然的な水であった。

    *その岩とは、キリストである。

(3)クリスチャンにも種々の特権が与えられている。

  ①過去において、神はイスラエルの民を支えられた。

  ②今も神は、クリスチャンを支えておられる。

2.5節

1Co 10:5

しかし、彼らの大部分は神のみこころにかなわず、荒野で滅ぼされました。

(1)神はイスラエルの民を愛されたが、彼らの信仰を喜ばれなかった。

  ①エジプトを出たときに20歳以上であった者たちは、大部分が荒野で死んだ。

  ②例外は、カレブとヨシュアだけであった。

  ③モーセでさえも、約束の地に入ることができなかった。

Ⅱ.悲劇的経験からの教訓(6~13節)

1.6節

1Co 10:6

これらのことは、私たちを戒める実例として起こったのです。彼らが貪ったように、私たちが悪を貪ることのないようにするためです。

(1)「実例」はギリシア語で「タイポス」(型)である。

  ①イスラエルの民の経験は、後の時代の信者たちに起こることの「型」である。

  ②洗礼も、霊的な食物や水も、民を罪の裁きから守ることはできなかった。

  ③同様に、洗礼も、聖餐式も、信者を罪の裁きから守ることはできない。

  ④それゆえ、コリントの信者たちは、貪りの罪に注意すべきである。

  ⑤次にパウロは、イスラエルの民の4つの失敗を列挙する(7~10節)。

2.7~8節

1Co 10:7

あなたがたは、彼らのうちのある人たちのように、偶像礼拝者になってはいけません。聖書には「民は、座っては食べたり飲んだりし、立っては戯れた」と書いてあります。

1Co 10:8

また私たちは、彼らのうちのある人たちがしたように、淫らなことを行うことのないようにしましょう。彼らはそれをして一日に二万三千人が倒れて死にました。

(1)1番目の失敗は、金の子牛事件である(出32:6)。

  ①「立っては戯れた」とは、性的行為を指している可能性がある。

  ②偶像の宮での食事に参加する信者は、これと同じ罪を犯す危険性がある。

(2)2番目の失敗は、バアル・ペオルの礼拝である(民25:1~5)。

  ①イスラエルの民は、偶像礼拝に参加し、モアブの娘たちと淫行を行った。

  ②その罪のゆえに、1日に2万3千人が死んだ。

  ③コリント教会の中には、異教徒に誘われて、淫行を行う者たちがいた。

3.9~10節

1Co 10:9

また私たちは、彼らのうちのある人たちがしたように、キリストを試みることのないようにしましょう。彼らは蛇によって滅んでいきました。

1Co 10:10

また、彼らのうちのある人たちがしたように、不平を言ってはいけません。彼らは滅ぼす者によって滅ぼされました。

(1)3番目の失敗は、キリストの忍耐を試したことである(民21:4~9)。

  ①彼らは、キリストから与えられたマナと水について不平を口にした。

  ②その結果、燃える蛇にかまれた。

  ③コリントの信者たちも、パウロの教えに反発し、キリストを試みている。

(2)4番目の失敗は、コラ、ダタン、アビラムの反抗である(民16:14~47)。

  ①彼らは、モーセに挑戦した。

  ②彼らは、「滅ぼす者」(天使)によって滅ぼされた。

  ③コリントの信者たちも、パウロの権威に挑戦している。

6.11~12節

1Co 10:11

これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです。

1Co 10:12 ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。

(1)今は、旧約時代の預言者たちが預言していたことが成就する時代である。

  ①今の時代の信者は、旧約時代の教訓を軽く扱うべきではない。

(2)このセクションのまとめ

  ①自分の信仰に自信のある者(偶像の宮で食事をする者)は、注意すべきである。

  ②イスラエルの歴史では、自信のある者が倒れることが頻繁に起こった。

7.13節

1Co 10:13

あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えていてくださいます。

(1)信者には希望がある。

  ①「試練」はギリシア語で「ペイラスモス」である。

    *この用語は、誘惑、試み、試練などの訳が可能である。

  ②この文脈では、コリントの信者が経験している誘惑である。

    *偶像礼拝、不道徳、キリストを試みること、不平不満など。

  ③このような誘惑は、誰もが経験するものである。

(2)ここでのパウロの教えは、あらゆる誘惑と試練に適用されるものである。

  ①神は真実な方である。

  ②神は、信者を耐えられない誘惑にあわせることはしない。

  ③誘惑とともに脱出の道も備えてくださる。

  ④「脱出の道」(theが付いている)は、誘惑の内容に応じて種々ある。

  ⑤自らを誘惑に晒すなら、脱出の道は閉ざされる。

Ⅲ.真の礼拝と偶像礼拝の対比(14~22節)

1.14~15節

1Co 10:14 ですから、私の愛する者たちよ、偶像礼拝を避けなさい。

1Co 10:15

私は賢い人たちに話すように話します。私の言うことを判断してください。

(1)信者が偶像の宮での食事に参加するのは、危険なことである。

  ①「私の愛する者たちよ」という呼びかけは、命令の厳しさを和らげている。

  ②クリスチャンには、聖餐式と聖徒の交わりが用意されている。

(2)パウロは、次に語ることの準備をしている。

  ①パウロは、コリントの信者たちが判断力を持っていると確信している。

2.16~17節

1Co 10:16

私たちが神をほめたたえる賛美の杯は、キリストの血にあずかることではありませんか。私たちが裂くパンは、キリストのからだにあずかることではありませんか。

1Co 10:17

パンは一つですから、私たちは大勢いても、一つのからだです。皆がともに一つのパンを食べるのですから。

(1)ここでパウロは、聖餐式の恵みに言及する。

  ①聖餐式に関しては、通常はパンとぶどう酒という順番で出てくる。

  ②パウロは、その順番を逆にしている。

  ③パンにあずかることを強調するためだと思われる。

(2) 「賛美の杯」

  ①この杯を飲むとき、キリストの血の犠牲のゆえに、神をほめたたえる。

  ②その杯から飲む人は、キリストの血がもたらす祝福にあずかっている。

(3) 「私たちが裂くパン」

  ①キリストのからだと一体化するパンである。

  ②同じパンから食べると、信者は一つのからだとなる。

3.18節

1Co 10:18

肉によるイスラエルのことを考えてみなさい。ささげ物を食する者は、祭壇の交わりにあずかることになるのではありませんか。

(1)ユダヤ教におけるささげ物からの教訓

  ①ささげ物を食する者は、神との交わり、人との交わりにあずかることになる。

  ②聖餐式に参加する者も、神との交わり、人との交わりにあずかる。

  ③偶像の宮での食事に参加する者も、悪霊との交わり、人との交わりにあずかる。

  ④パウロは、偶像には実体がないと語っていたが、その点について説明する。

6.19~20節

1Co 10:19

私は何を言おうとしているのでしょうか。偶像に献げた肉に何か意味があるとか、偶像に何か意味があるとか、言おうとしているのでしょうか。

1Co 10:20

むしろ、彼らが献げる物は、神にではなくて悪霊に献げられている、と言っているのです。私は、あなたがたに悪霊と交わる者になってもらいたくありません。

(1)パウロは、自らの論点を明確にする。

  ①偶像は実体のないものである。

  ②しかし、偶像礼拝の背後には悪霊がいる。

  ③偶像に献げる物は、悪霊に献げられている。

  ④その肉を食べるなら、悪霊と交わる者となってしまう。

  ⑤そうなってほしくはない。

7.21~22節

1Co 10:21

あなたがたは、主の杯を飲みながら、悪霊の杯を飲むことはできません。主の食卓にあずかりながら、悪霊の食卓にあずかることはできません。

1Co 10:22

それとも、私たちは主のねたみを引き起こすつもりなのですか。私たちは主よりも強い者なのですか。

(1)「賢い人たち」(15節)なら理解できるはずだ。

  ①聖餐式にあずかることは、キリストと交わることである。

  ②偶像の宮での食事にあずかることは、悪霊と交わることである。

  ③両者は矛盾しあっているので、両立しない。

  ④矛盾した行為を続ける者は、主のねたみを引き起こす者である。

  ⑤弱い人間が、強い主に挑戦するのは、愚かなことである。

結論:1コリ10:13

1Co 10:13

あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えていてくださいます。

1.誘惑を経験しない人はいない。

(1)金の子牛事件(出32:6)。

  ①偶像礼拝への誘惑

(2)バアル・ペオルの礼拝(民25:1~5)。

  ①偶像礼拝と淫乱への誘惑

(3)キリストの忍耐を試したこと(民21:4~9)。

  ①マナと水に対する不満

(4)コラ、ダタン、アビラムの反抗(民16:14~47)。

  ①モーセの権威に対する敵対

2.耐えられないような誘惑はない。

(1)ヨブ2:6

Job 2:6

【主】はサタンに言われた。「では、彼をおまえの手に任せる。ただ、彼のいのちには触れるな。」

(2)詩103:14

Psa 103:14

主は 私たちの成り立ちを知り/私たちが土のちりにすぎないことを/心に留めてくださる。

(3)2コリ4:8

2Co 4:8

私たちは四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方に暮れますが、行き詰まることはありません。

3.誘惑とともに脱出の道も備えられている。

(1)大祭司であるイエスに近づけ。

(2)祈り合える信仰の友を求めよ。

(3)誘惑に勝った人たちのことを思い出せ。

(4)誘惑の原因になっている人や状況から離れよ。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#058中川牧師とめぐる旅:【クムラン】死海写本発掘の地

4

Q392 神学編 解釈学とは

5

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

6

Q391 女のかぶり物

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.