Q385 どうしたら天国に入れますか。

  • 2024.03.07
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

385 どうしたら天国に入れるか


Q:癌の宣告を受けました。死ぬのが怖いです。天国に行くのか、地獄に行くのか、確信がありません。どうしたら天国に入れますか。

A:はじめに

 死期が近づいた人には、これは理屈ではなく、実存的な問いかけです。聖書には、答えがあります。死のテーマについて、パソコンを例にとって、3つ申し上げます。①初期設定、②変更プログラム、③再起動

1番目に、初期設定とは、「原罪」のことです。

(1)人間は、原罪を宿した状態で誕生します。

(2)罪人である人間は、死ぬと神の裁きに遭い、地獄に行きます。

(3)「原罪」が初期設定になったのは、アダムが罪が犯して以降のことです。

(4)人間は「神のかたち」に創造され、神とともに生きるように命じられました。

(5)アダムは、神の命令に背き、「善悪の知識の木」から取って食べました。

(6)その結果、神との調和、隣人との調和、自然界との調和が失われました。

2番目に、変更プログラムとは、「神の恵み」のことです。

(1)神は、罪人のために救いの道を用意されました。

(2)それが、キリストの福音と呼ばれるものです。

  ①キリストは、私の罪のために死なれた。

  ②死んで墓に葬られた。

  ③3日目によみがえられた。

(3)この変更プログラムは、神の作品であり、完璧なものです。

3番目に、再起動とは、「信仰」のことです。

(1)救いとは、神の怒りからの解放です。

(2)神の怒りから解放された人は、天国に入ります。

(3)パソコンの再起動と救いに至る信仰の間には、類似性があります。

  ①初期設定(原罪)に問題があることを認めなければなりません。

  ②変更プログラム(神の恵み)を理解し、それに同意しなければなりません。

  ③再起動によって、初期設定を変更しなければなりません(神の和解を受け取る)。

①罪の認識、②福音の理解、③キリストに対する信頼、この3つが重要です。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(19)女のかぶり物11:2~16

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#056中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 サウル王と息子ヨナタンの死

4

ヨハネの福音書(9)弟子訓練とサマリア人の回心ヨハ4:27~42

5

コリント人への手紙第一(18)偶像に献げられた肉(4)―市場で売っている肉―10:23~11:1

6

Q389 神学編 ギリシア語の愛

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.