Loading...

メシアの生涯(112)—生まれつきの盲人の癒し(1)—

  • 2014.06.16
  • ヨハネ9章:1〜12
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

イエスは、世の光である。

「生まれつきの盲人の癒し(1)」

ヨハ9:1~12

1.はじめに

  (1)文脈の確認

①十字架にかかる前の年の仮庵の祭り(半年前)

②イエスは神殿を去ったが、まだエルサレムにとどまっている。

③この箇所は、ヨハネの福音書の7つの奇跡の第6番目を含む。

④イザヤによるメシア預言(イザ42:7):メシアは盲人の目を開く。

⑤イエスは何人もの盲人の目を開かれたが、この箇所の癒しは、特別である。

  *イエスのメシア性を示すメシア的奇跡である。

⑥ヨハ8:12の宣言の直後に起きた奇跡である。

「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです」(ヨハ8:12)

  (2)A.T.ロバートソンの調和表

「イエスは生まれつきの盲人を癒す」(§100)

ヨハ9:1~41

  2.アウトライン

  (1)肉体的癒し(1~12節)

  (2)最初の尋問(13~17節)

  (3)両親の尋問(18~22節)

  (4)第2の尋問(23~34節)

  (5)霊的癒し(35~41節)

   *今回は(1)を取り上げる。

  *今回のアウトライン

  (1)イエスの選び(1節)

  (2)神学的質問(2~5節)

  (3)癒しの業(6~7節)

  (4)癒しの結果(8~12節)

  3.結論:

    (1)絶望的なケース

    (2)シロアムの池

イエスは、世の光である。

Ⅰ.イエスの選び(1節)

  
1.1節

「またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた」(1節)

  
(1)盲人は、他者の慈善によってしか生きる道はなかった。

    ①神殿に近い場所が、最も収入を得られる場所である。

    ②使3:2では、生まれつき足のなえた人が、「美しの門」に置かれていた。

  ③この箇所の奇跡は、恐らく、イエスが神殿を去った直後に起こったのであろう。

  (2)イエスは主権者としてこの盲人を選んでいる。

①絶望的なケース:生まれつきの盲人

②この人は、霊的にも盲目である。

Ⅱ.神学的質問(2~5節)

  1.2節


「弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。『先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか』」(2節)

    
(1)ユダヤ人たちは、すべての苦難は罪が原因となって起こると信じていた。

      ①彼自身の罪のゆえに、彼は盲目に生まれついたのか。

②両親の罪のゆえに、彼は盲目に生まれついたのか。

  
(2)エゼ18:4

  「見よ。すべてのいのちはわたしのもの。父のいのちも、子のいのちもわたしのもの。罪を犯した者は、その者が死ぬ」(エゼ18:4)

    ①人は、その人自身の罪の責任を問われる。

  
(3)出20:5

  「それらを拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、【主】であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、」(出20:5)

      ①親の罪は、子孫の代にまで影響を及ぼす。

    (4)人は、誕生の前に罪を犯すことができるのか。

      ①パリサイ派の教え

      ②胎児には、善なる性質と悪なる性質が与えられている。

      ③悪なる性質が勝つと、敵意をもって母親の腹を蹴飛ばすようになる。

      ④これは、両親を敬わないという罪である。

      ⑤この盲人の癒しは、メシアにしかできないものである。

  2.3節


「イエスは答えられた。『この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです』」(3節)

  
(1)イエスによる第3の答え。

    ①AでもBでもなく、Cである。

  (2)ロマ3:23

  「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、」(ロマ3:23)

    
①この人や両親が罪を犯さなかったという意味ではない。

②罪は、この世界に死と呪いをもたらした。

      *すべての人は、罪人である。

    ③しかし、特定の病や試練を、罪の結果だと考えてはならない。

  (3)神はこの人が盲目で生まれることを許された。

    ①神のわざがこの人に現れるためである。

  
3.4~5節


「わたしたちは、わたしを遣わした方のわざを、昼の間に行わなければなりません。だれも働くことのできない夜が来ます。わたしが世にいる間、わたしは世の光です」

  
(1)日常的な体験を用いた教え

    ①夜間に働いているのは、城壁の見張り人か、羊飼いくらいである。

    ②人は、昼の間に働き、夜は休む。

  (2)イエスにとっては、昼の間とは、公生涯の期間である。

    ①イエスは、十字架の時が迫っていることを知っておられた。

    ②夜とは、十字架の死を意味する。

    ③時が与えられている間に、自分を遣わしてくださった父なる神のわざを行う。

Ⅲ.癒しの業(6~7節)

  1.6節


「イエスは、こう言ってから、地面につばきをして、そのつばきで泥を作られた。そしてその泥を盲人の目に塗って言われた」(6節)

  
(1)イエスは、つばきで泥を作られた。

    ①アダムは、地のちりから造られた。同じ物質である。

    ②癒しの方法としてではなく、この盲人の信仰を育てるためであろう。

  (2)この方法は、パリサイ人たちとの論争を喚起するためのものである。

    ①安息日に行われた癒しである。

    ②口伝律法では、安息日に行ってはならない癒しの方法が例示されている。

      *目にぶどう酒を塗る。

      *目に、つばきで作った泥を塗る。

2.7節


「『行って、シロアム(訳して言えば、遣わされた者)の池で洗いなさい。』」そこで、彼は行って、洗った。すると、見えるようになって、帰って行った」(7節)

  
(1)シロアムの池は、エルサレムの南端にある池である。

    ①言葉遊びがある。ヘブル語で「シロアハ」は「遣わされた」の意味である。

    ②イエスは、父なる神から遣わされて、御業を行っている。

    ③イエスは盲人をシロアムの池に遣わし、癒しを行う。

  (2)この池は、仮庵の祭りの期間、エルサレムで最もにぎやかな場所となる。

    ①この癒しは、群衆が注目する中で行われた。

    ②盲人は、イエスの命令通りに行い、癒された。

    ③もしイエスがメシアなら、どうして安息日に癒すのかという反発が起こる。

Ⅳ.癒しの結果(8~12節)

1.8~9節


「近所の人たちや、前に彼が物ごいをしていたのを見ていた人たちが言った。『これはすわって物ごいをしていた人ではないか。』ほかの人は、『これはその人だ』と言い、またほかの人は、『そうではない。ただその人に似ているだけだ』と言った。当人は、『私がその人です』と言った」

  
(1)人違いではないかという議論が起こった。

  ①盲人の様相が、激変したことがうかがわれる。

  (2)当人は、自分がそれだと言い張った。

2.10~11節


「そこで、彼らは言った。『それでは、あなたの目はどのようにしてあいたのですか。』彼は答えた。『イエスという方が、泥を作って、私の目に塗り、「シロアムの池に行って洗いなさい」と私に言われました。それで、行って洗うと、見えるようになりました』」(10~11節)

  
(1)もしそれが当人なら、当然の疑問は、どうして目があいたのかということである。

  (2)彼は、事実をありのままに述べている。

    ①イエスという方

    ②彼は盲人だったので、一度もイエスを見たことがない。

3.12節

「また彼らは彼に言った。『その人はどこにいるのですか。』彼は『私は知りません』と言った」(12節)

    
(1)見たことがないので、その人がどこにいるのか、知らない。

      ①肉体的な目は開かれた。

  ②霊的な目は閉ざされたままである。

結論:

  1.絶望的なケース

    (1)「神の栄光が現れるためである」

      ①生まれつき盲人であることが、神の栄光の現れだということではない。

      ②神は盲人を癒すことができるということが、証明された。

      ③すべての状況は、神の管理下に置かれている。

    (2)ヨハ5:5~6


    「そこに、三十八年もの間、病気にかかっている人がいた。イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。『よくなりたいか』」(ヨハ5:5~6)

      ①ベテスダの池の周りには、多くの病人が伏せっていた。

      ②イエスは、絶望的なケースを選ばれた。

      ③この時も、安息日の癒しである。

  ④神は悪の作者ではないが、悪を用いてでも栄光を現される。

    (3)試練に会ったとき、神には第3の答えがあることを思い出せ。

  2.シロアムの池

    (1)地理的状況

      ①ヒゼキヤ王がアッシリヤ軍の攻撃に備えて、全長533mのトンネルを掘った。

      ②ギホンの泉からシロアムの池まで水を導いた。

      ③仮庵の祭りの間、大いに賑わっていた。

    (2)聖句


    「この民は、ゆるやかに流れるシロアハの水をないがしろにして、レツィンとレマルヤの子を喜んでいる。それゆえ、見よ、主は、あの強く水かさの多いユーフラテス川の水、アッシリヤの王と、そのすべての栄光を、彼らの上にあふれさせる。それはすべての運河にあふれ、すべての堤を越え、ユダに流れ込み、押し流して進み、首にまで達する。インマヌエル。その広げた翼はあなたの国の幅いっぱいに広がる」(イザ8:6~8)

      ①北王国イスラエルは、アッシリヤに対抗するために、アラムに頼った。

      ②【主】は、ゆるやかに流れるシロアハの水である。

      ③アッシリヤは、洪水のように北王国を滅ぼす。

      ④エルサレムは、首まで水に浸かるような経験をする。

    (3)主イエスのご人格を思い出せ。


    「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです」(マタ11:28~30)

週間アクセスランキング

1

使徒の働き(71)―エペソでの奉仕―

2

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

3

「自由、希望、誇り」

4

60分でわかる旧約聖書(24)エレミヤ書

5

60分でわかる新約聖書(8)コリント人への手紙第二

6

使徒の働き(70)―12人の弟子たちの救い―

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.