メシアの生涯(102)—エルサレムに顔を向けるイエス—

  • 2014.03.31
  • ヨハネ7章:2〜9、ルカ9章:51〜56
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

エルサレムに顔を向けるイエスの姿から、クリスチャン生活の原則を学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

「エルサレムに顔を向けるイエス」

§094 ヨハ7:2~9

§095 ルカ9:51~56、ヨハ7:10

1.はじめに

  (1)文脈の確認

①ガリラヤでの弟子訓練が終わった。

②この箇所から、迫害に立ち向かうイエスの姿が描かれる。

③弟子訓練の内容は、迫害の中でどのように生きるかという点に移行する。

④本来であれば、§93を扱うべきであるが、ルカの順序に従う。

  *ルカだけが時間の順に出来事を並べている。

  *§93は、次回取り上げる。

    (2)イエスの活動

      ①最初は、ユダヤで弟子たちが集まってきた。

      ②しかし、パリサイ人の嫉妬のために、ユダヤを去った。

      ③活動の拠点をガリラヤに移した。

      ④最初は、かなりの人気を博した。

⑤しかし、いのちのパンのメッセージ以降、多くの弟子たちが去った。

  (3)A.T.ロバートソンの調和表

「不信仰なイエスの兄弟たちの助言」(§94)

ヨハ7:2~9

      「サマリヤを通ってエルサレムに向かう」(§95)

ルカ9:51~56、ヨハ7:10

2.アウトライン

  (1)出発前の出来事

    ①出来事の文脈

    ②兄弟たちの提案

    ③イエスの回答

  (2)移動中の出来事

    ①出来事の文脈

    ②ヤコブとヨハネの提案

    ③イエスの回答

  3.結論:3つのキーワード

    (1)時

    (2)この世

    (3)復讐

エルサレムに顔を向けるイエスの姿から、クリスチャン生活の原則を学ぶ。

Ⅰ.出発前の出来事(ヨハ7:2~9)

  1.出来事の文脈

  「さて、仮庵の祭りというユダヤ人の祝いが近づいていた」 (2節)

     (1)ユダヤの3大巡礼祭

      ①過越の祭り

        *出エジプトの記念。メシアの身代わりに死の予表。

      ②七週の祭り(五旬節、ペンテコステ)

        *律法の付与の記念。聖霊降臨の予表

      ③仮庵の祭り

        *荒野の放浪の記念。メシア的王国の予表

        *最も喜びに満ちた祭りである。

    (2)時期的には、十字架の死の半年ほど前のことである。

      ①イエスの弟子たちは、メシア的王国の到来が近いと感じていた。

      ②人々の間では、イエスがメシア的王国をもたらすメシアであるかどうか話題に

なっていた。

    (3)仮庵の祭りの成就は、メシア的王国の実現に直結している。

    「エルサレムに攻めて来たすべての民のうち、生き残った者はみな、毎年、万軍の【主】

である王を礼拝し、仮庵の祭りを祝うために上って来る。地上の諸氏族のうち、万軍

の【主】である王を礼拝しにエルサレムへ上って来ない氏族の上には、雨が降らない。

もし、エジプトの氏族が上って来ないなら、雨は彼らの上に降らず、仮庵の祭りを祝

いに上って来ない諸国の民を【主】が打つその災害が彼らに下る。これが、エジプト

への刑罰となり、仮庵の祭りを祝いに上って来ないすべての国々への刑罰となる。そ

の日、馬の鈴の上には、『主への聖なるもの』と刻まれ、【主】の宮の中のなべは、祭

壇の前の鉢のようになる。エルサレムとユダのすべてのなべは、万軍の【主】への聖

なるものとなる。いけにえをささげる者はみな来て、その中から取り、それで煮るよ

うになる。その日、万軍の【主】の宮にはもう商人がいなくなる」(ゼカ14:16~21)

  2.兄弟たちの提案

  「そこで、イエスの兄弟たちはイエスに向かって言った。『あなたの弟子たちもあなたがし

ているわざを見ることができるように、ここを去ってユダヤに行きなさい。自分から公の

場に出たいと思いながら、隠れた所で事を行う者はありません。あなたがこれらの事を行

うのなら、自分を世に現しなさい。』兄弟たちもイエスを信じていなかったのである」 (3~

5節)

     (1)イエスの兄弟たち

      ①母を同じくする兄弟たちのことである。

      ②彼らは、最初はイエスに好意的であった(ヨハ2:12)。

③しかし、後に懐疑的になり、この時点ではイエスを疑っている。

    (2)兄弟たちの挑戦

      ①イエスはガリラヤでは人気があったが、エルサレムでは排斥されていた。

      ②そこで兄弟たちは、ユダヤに上って自分を公にするように挑戦した。

      ③「あなたの弟子たち」とは、12弟子以外の弟子たちである。

      ④メシアであるなら、自分を公に表すべきだという挑戦である。

    (3)不信仰の言葉

      ①皮肉に満ちた言葉でもある。

      ②もしイエスがメシアなら、自分たちも有名になれるという思いがあったのか。

      ③イエスもまた、まだ救われていない家族の問題で心を痛めた。

  3.イエスの回答

「そこでイエスは彼らに言われた。「わたしの時はまだ来ていません。しかし、あなたがた

の時はいつでも来ているのです。世はあなたがたを憎むことはできません。しかしわたし

を憎んでいます。わたしが、世について、その行いが悪いことをあかしするからです。あ

なたがたは祭りに上って行きなさい。わたしはこの祭りには行きません。わたしの時がま

だ満ちていないからです。』こう言って、イエスはガリラヤにとどまられた」 (6~9節)

     (1)イエスは、兄弟たちの助言に従ってエルサレムに上ることはない。

      ①イエスの時はまだ来ていない。

      ②イエスは、まだ王になることはできない。

    (2)不信者の特徴

      ①神の御心を考慮しないので、時はいつでも来ている。

    (3)兄弟たちが祭りに上ったとき、イエスは内密にエルサレムに上られた。

      ①イエスの外見は、ごく普通のユダヤ人男性のそれであった。

Ⅱ.移動中の出来事 (ルカ9:51~56)

  1.出来事の文脈 (51~53節)

「さて、天に上げられる日が近づいて来たころ、イエスは、エルサレムに行こうとして御

顔をまっすぐ向けられ、ご自分の前に使いを出された。彼らは行って、サマリヤ人の町に

入り、イエスのために準備した。しかし、イエスは御顔をエルサレムに向けて進んでおら

れたので、サマリヤ人はイエスを受け入れなかった」

   (1)イエスは、ご自分の時に従って、エルサレムに向かわれた。

    ①イエスの公生涯のターニングポイントである。

    ②パウロもまた、エルサレムに向かっている。そしてローマへ(使19:21)。

    ③有能な作家は、プロットの変化を示すヒントを与えてくれる。

    ④「御顔をまっすぐ向け」とは、決意を示す言葉である。

  (2)途中、サマリヤを通過された。

    ①ユダヤ人にとっては一般的な旅程ではなかったが、イエスはここを通過された。

②サマリヤの女の回心がきっかけで、多くのサマリヤ人がイエスに好意を持った。

    ③イエスは、使いを派遣して、宿泊の準備をさせた。

    ④しかし、サマリヤ人はイエスを受け入れなかった。

    ⑤エルサレムから下ってくるユダヤ人は無視したが、エルサレムに上るユダヤ人

は妨害した。

  *ゲリジム山に神殿があり、そこをエルサレム以上に重視した。

  2.ヤコブとヨハネの提案 (54節)

  「弟子のヤコブとヨハネが、これを見て言った。『主よ。私たちが天から火を呼び下して、

彼らを焼き滅ぼしましょうか』」

   (1)ヤコブとヨハネの不寛容

    ①不寛容は、多くの場合、誤った特権意識から出てくる。

  (2)エリヤの奉仕を思い出している。

    ①カルメル山での出来事(1列18:38)

    ②イスラエルの王アハズヤの兵士50人が焼き殺された(2列1:10)。

    ③2度目も同じことが起こった(2列1:12)

  (3)エリヤの場合は、生死をかけた戦いをしている。

    ①サマリヤを通過するイエスの一行が置かれた状況とは、異なる。

  3.イエスの回答 (55~56節)

「しかし、イエスは振り向いて、彼らを戒められた。そして一行は別の村に行った」

   (1)イエスは、彼らの不寛容を戒めた。

    ①今は復讐の時ではなく、恵みの時である。

    「すると、預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてあ

る所を見つけられた。『わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福

音を伝えるようにと、わたしに油をそそがれたのだから。主はわたしを遣わされ

た。捕らわれ人には赦免を、盲人には目の開かれることを告げるために。しいた

げられている人々を自由にし、主の恵みの年を告げ知らせるために』」(ルカ4:

17~19)

    (2)イエスには、サマリヤ人を裁くよりも重要な任務があった。

      ①エルサレムに向かって進んで行かれた。

結論

  1.時

    (1)イエスにとっては、「わたしの時」とは、十字架の時である。

      ①カナの婚礼での奇跡(ヨハ2:4)

      ②エルサレムに上らない理由(ヨハ7:8)

    (2)時とは、神の御心の時である。

      ①ハーベスト・タイムは、種まきの時から、収穫の時に移行しつつある。

      ②神の時を認識している人には、今が「永遠の今」となる。

  2.この世

「世はあなたがたを憎むことはできません。しかしわたしを憎んでいます。わたしが、世

について、その行いが悪いことをあかしするからです」(ヨハ7:7)

    (1)世とは、悪魔が支配する人間社会のことである。

      ①世には、世の価値観や世界観がある。

      ②不信者には、この世との葛藤はない。

      ③この世の一部であるので、この世から憎まれることはない。

    (2)イエスの価値観は、この世の価値観とは対立する。

①イエスは、その行いが悪いことを指摘するので、この世から憎まれる。

    (3)クリスチャンは、この世に住んでいるが、この世のものではない。

    「もしあなたがたがこの世のものであったなら、世は自分のものを愛したでしょう。

しかし、あなたがたは世のものではなく、かえってわたしが世からあなたがたを選び

出したのです。それで世はあなたがたを憎むのです」(ヨハ15:19)

  ①この世とうまくいっているクリスチャンは、自分を吟味すべきである。

  3.復讐

    (1)今が恵みの時であるからといって、神を軽く扱ってはならない。

      ①恵みの時の後に、裁き(復讐)の時が来るからである。

    (2)クリスチャンの心構え

      ①裁きを神に委ねる

      「愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、

こう書いてあるからです。『復讐はわたしのすることである。わたしが報いをす

る、と主は言われる』」(ロマ12:19)

②時が来たなら、すべては清算される。

③ヤコブとヨハネは、神の愛を理解した。

  *殉教者ヤコブ

  *愛の人ヨハネ

週間アクセスランキング

1

申命記(3)約束の地に入る最初の試み(2)―カデシュ・バルネア事件―

2

中川牧師の書斎から#026 「イスラエルとバハレーンの国交正常化」―トランプ大統領の功績か―

3

申命記(2)約束の地に入る最初の試み(1)ーシナイ山からの出発ー

4

中川牧師の書斎から#025「親日国イランの実態」

5

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

6

ヨハネの黙示録(1)—イントロダクション—

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.