Q371救われた人が救いを失うことはありますか。

  • 2023.11.30
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

371 救われた人が救いを失うことはあるか

Q:救われた人は救いを失わないということは、どこの聖書箇所からきているのでしょうか。

A:はじめに

これは非常に重要な質問です。結論から言いますと、救われた人(クリスチャン)が救いを失うことはありません。このテーマについて、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、クリスチャンということばを定義する必要があります。

(1)自称クリスチャンがすべてクリスチャンだというわけではありません。

  ①洗礼を受けただけでは、クリスチャンとは言えません。

  ②信仰熱心なだけでは、クリスチャンとは言えません。

(2)クリスチャンの特徴は、次の2点です。

  ①イエス・キリストを救い主と信じ、心からの信頼を置いた。

  ②聖霊が内にとどまっている。

(3)救いを失わないというのは、真のクリスチャンに関して言えることです。

2番目に、救いを表現する比ゆは、すべて取り消し不可能なものです。

(1)救いは、神からの贈り物です(ヨハ3:16)。

  ①贈り物(永遠のいのち)が取り消されることはありません。

(2)救いは、新しい創造です(2コリ5:17)。

  ①古いものは過ぎ去り、すべてが新しくなりました。

(3)救いは、新生です(ヨハ3:5)。

  ①誕生した赤子は、母の胎内に戻ることはできません。

(4)救いは、贖いです(1ペテ1:18~19)。

  ①キリストの血による贖いは、取り消されることがありません。

3番目に、信者になってから信仰を捨てる人は、最初から救われていなかった人です。

(1)信者が罪を犯せば、神はその人を訓練されます。

(2)罪にとどまり続ける人やイエスを拒否する人がいることは事実です。

  ①その人は、最初から救われていなかった可能性が大です。

  ②聖霊の内住があるなら、イエスを拒否するのは不可能です。

(3)「罪にとどまるなら救いを失う」というのは、脅迫であり、真理ではありません。

 一度救われたなら、救いを失うことはありません。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(29)復活(3)―からだの復活―15:35~49

2

出エジプト記(46)—金の子牛事件(3)—

3

コリント人への手紙第一(28)復活(2)―死者の復活―15:12~34

4

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

5

ヨハネの福音書(11)第3のしるしヨハ5:1~18

6

コリント人への手紙第一(27)復活(1)―キリストの復活―15:1~11

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.