Q362 なぜ聖書には、さまざまな訳があるのですか。

  • 2023.09.28
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

362 なぜ聖書には、さまざまな訳があるのですか

Q :なぜ聖書には、さまざまな訳があるのですか。どの訳の聖書が一番いいですか。

A :はじめに

確かに、聖書にさまざまな訳があるのは、祝福であると同時に、問題でもありますね。複数の訳を比較できるのは、祝福です。訳の内容が異なる場合があるのは、問題です。さまざまな訳がある理由について、いつものように3つ申し上げます。どの聖書が一番いいかについては、次回回答します。

1 番目に、学問的な進歩があります。

(1)新しい写本の発見によって、難解な箇所に新たな光が当てられる場合があります。

(2)考古学上の発見によって、ヘブル語やギリシア語の単語を、より正確に理解できるようになる場合があります。

(3)学問的な進歩の結果、新しい訳文が必要になってきます。

2 番目に、日常語の変化があります。

(1)私たちが使用している日本語も、時代とともに変化しています。

(2)辞書の場合でも、ある年数が経てば、改訂版が出版されます。

(3)聖書も、今の時代の人が理解できるような表現に改訂する必要があります。

(4)文語訳聖書の日本語は、若い世代には難解です。

3 番目に、次世代に翻訳技術を継承する必要があります。

(1)聖書翻訳は、1度完成すればそれでよいというものではありません。

(2)20~30年ごとに、改訂作業に取り組む必要があります。

(3)もし翻訳に関わる研究をストップすれば、そこで終わってしまいます。

(4)正確な訳文の聖書を出版するためには、翻訳技術の継承がどうしても必要です。

聖書にさまざまな訳があるのは、祝福です。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(19)女のかぶり物11:2~16

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#056中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 サウル王と息子ヨナタンの死

4

ヨハネの福音書(9)弟子訓練とサマリア人の回心ヨハ4:27~42

5

コリント人への手紙第一(18)偶像に献げられた肉(4)―市場で売っている肉―10:23~11:1

6

Q389 神学編 ギリシア語の愛

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.