ルカの福音書(91)イエスの教え3題 -ダビデの子、偽善、献金-20:41~21:4

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

イエスの教え3点について考える。

ルカの福音書 91回

イエスの教え3題 -ダビデの子、偽善、献金-

20 :41~21:4

1.文脈の確認

(1)エルサレムでの奉仕が始まった(19:28~21:38)。

  ①勝利の入城(19:28~44)

  ②諸々の教え(19:45~21:4)

  ③神殿崩壊の予告(21:5~36)

  ④まとめ(21:37~38)

(2)諸々の教え(19:45~21:4)

  ①宮きよめ(19:45~46)

  ②イエスの教えの要約(19:47~48)

  ③権威に関する論争(20:1~8)

  ④ぶどう園の農夫のたとえ話(20:9~18)

  ⑤カエサルへの納税に関する質問(20:19~26)

  ⑥復活に関する質問(20:27~40)

  ⑦ダビデの子に関する質問(20:41~44)

  ⑧律法学者の偽善(20:45~47)

  ⑨やもめの献金(21:1~4)

(3)注目点

  ①この箇所から、イエスが攻めの姿勢に転じる。

2.アウトライン

(1)質問-ダビデの子(20:41~44)

(2)警告-律法学者の偽善(20:45~47)

(3)称賛-やもめの献金(21:1~4)

3.結論

(1)メシアの二性

(2)長い衣

(3)やもめの献金

イエスの教え3点について考える。

Ⅰ.質問-ダビデの子(20:41~44)

1.41節

Luk 20:41

すると、イエスが彼らに言われた。「どうして人々は、キリストをダビデの子だと言うのですか。

(1)パリサイ人やサドカイ人が質問しなくなったので、今度はイエスが質問する。

  ①これは、メシアの本質を理解させるための神学的質問である。

  ②イエスは「私を誰だと言うか」ではなく、一般論的な質問をした。

(2)パリサイ人たちは、メシアはダビデの家系から誕生すると教えていた。

  ①それゆえ、メシアのことを「ダビデの子」と呼んだ。

  ②彼らが描くメシア像は、ダビデのような解放者としてのメシアである。

    *メシアはローマの圧政から自分たちを救ってくれるという期待があった。

  ③イエスの質問は、「メシアはどういう意味でダビデの子なのか」ということ。

2.42~43節

Luk 20:42

ダビデ自身が詩篇の中で、こう言っています。/『主は、私の主に言われた。/「あなたは、わたしの右の座に着いていなさい。

Luk 20:43 わたしがあなたの敵を/あなたの足台とするまで。」』

(1)詩110:1からの引用

Psa 110:1 【主】は 私の主に言われた。/「あなたは わたしの右の座に着いていなさい。/わたしがあなたの敵を/あなたの足台とするまで。」

  ①前書きには、「(ダビデによる。賛歌)とある。

  ②イエスは、詩篇110篇がダビデの作であることを認めた。

  ③詩篇110篇は、新約聖書に最も引用されている詩篇である。

(2)ダビデは、神から啓示を受けた預言者としてメシア預言を語っている。

  ①最初の「【主】」は、「ヤハウェ」である。

    *父なる神である。

  ②次の「私の主」は、「アドナイ」である。

    *子なる神である。

  ③これは、父なる神から子なる神への宣言である。

    *昇天したメシアは、今、父なる神の「右の座」に着いておられる。

    *「右の座」とは、権威ある地位のことである。

    *この状態は、「わたしがあなたの敵を あなたの足台とするまで」続く。

    *つまり、敵が完全に征服されるまで続くということである。

3.44節

Luk 20:44

ですから、ダビデがキリストを主と呼んでいるのです。それなら、どうしてキリストがダビデの子なのでしょう。」

(1)イエスが投げかけた質問

  ①なぜダビデは、自分の子孫である人物を、「私の主」と呼ぶのか。

  ②マタ22:46

Mat 22:46 するとだれ一人、一言もイエスに答えられなかった。その日から、もうだれも、あえてイエスに質問しようとはしなかった。

  ③回答は、メシアの二性にある。

Ⅱ.警告-律法学者の偽善(20:45~47)

1.45節

Luk 20:45

また、人々がみな耳を傾けているときに、イエスは弟子たちに言われた。

(1)これは弟子たちと群衆に対する警告である。

  ①彼らは、イエスと律法学者たちの論争に耳を傾けてきた。

  ②その彼らに、イエスはパリサイ主義の誤りを教える。

  ③すでに11:37~54で詳細な律法学者への批判が出ていた。

  ④ここでは、短い要約が出てくる。

2.46~47節

Luk 20:46

「律法学者たちには用心しなさい。彼らは長い衣を着て歩き回ることが好きで、広場であいさつされることや会堂の上席、宴会の上座を好みます。

Luk 20:47

また、やもめの家を食い尽くし、見栄を張って長く祈ります。こういう人たちは、より厳しい罰を受けるのです。」

(1)律法学者たちの行動の動機は、人に見せるためである。

  ①内面の実質ではなく、外面の評価にこだわる。

(2)長い衣を着て歩き回ることが好き。

  ①長い衣のすその四隅に、人目を引くようなふさを付ける。

  ②民15:38の規定

(3)広場であいさつされることや会堂の上席、宴会の上座を好む。

  ①自分が重要人物であることを誇示したい。

  ②混雑している広場であいさつされると、エゴが満たされる。

(4)やもめの家を食い尽くし、見栄を張って長く祈る。

  ①やもめの保護は、モーセの律法の要請である。

  ②しかし、パリサイ人たちはやもめの財産を取り上げた。

    *高額の献金の要請

  ③長い祈りは、自らの貪欲を隠すためのものである。

    *この決定をする前に長く祈ったと言いながら、やもめの家を抵当に取る。

  ④長い祈りが問題なのではなく、祈りの動機が問題である。

  ⑤こういう人たちは、人一倍きびしい罰を受ける。

    *白い御座の裁き

Ⅲ.称賛-やもめの献金(21:1~4)

1.1~2節

Luk 21:1

イエスは目を上げて、金持ちたちが献金箱に献金を投げ入れているのを見ておられた。

Luk 21:2

そして、ある貧しいやもめが、そこにレプタ銅貨を二枚投げ入れるのを見て、

(1)諸々の教えの最後のエピソードである。

  ①イエスは異邦人の庭で教えていたが、そこから婦人の庭に移動する。

  ②20:47に続いて、やもめのエピソードが続く。

(2)婦人の庭の一方の壁に、献金箱が置かれていた。

  ①13個あったが、それぞれ目的が異なる献金箱であった。

    *9つが律法の命令によるもので、4つが自発的なささげ物。

  ②箱の入り口が、ラッパの形をしていた。

  ③男女の区別なく献金ができるように、婦人の庭に置かれた。

(3)イエスは、巡礼者たちがどのように献金を献げるかを観察しておられた。

  ①金持ちたちは、大金を投げ入れていた(マコ12:41)。

  ②ある貧しいやもめが、レプタ銅貨を2枚投げ入れた。

    *レプタは、当時流通していた最小単位のユダヤの銅貨である。

    *レプタ2枚は、ローマのデナリの64分の1である。

    *1デナリ(日当)を仮に1万円とすると、レプタ2枚は156円である。

2.3~4節

Luk 21:3

こう言われた。「まことに、あなたがたに言います。この貧しいやもめは、だれよりも多くを投げ入れました。

Luk 21:4

あの人たちはみな、あり余る中から献金として投げ入れたのに、この人は乏しい中から、持っていた生きる手立てのすべてを投げ入れたのですから。」

(1)これは、弟子たちへの教えである。

  ①人間による評価では、どれくらいの額を投げ入れたかで価値が決まる。

  ②イエスによる評価では、どれくらいの犠牲を払ったかで価値が決まる。

  ③このやもめは、生活費の全部を投げ入れた。

結論

1.メシアの二性

(1)「どうして人々は、キリストをダビデの子だと言うのですか」

  ①この質問は、キリストの二性を教えるためのものである。

  ②詩110:1は、キリストが神であり、人であることを教えている。

  ③「ダビデの子」ということばは、キリストの人性を表している。

  ④「私の主」ということばは、キリストの神性を表している。

(2)今もユダヤ人たちは、メシアの二性に目が開かれていない。

  ①現代のメシアニックジューの中にも、目が開かれていない人がいる。

  ②モルモン教、エホバの証人も同じ問題を持っている。

(3)もし「教えられやすい心」を持っているなら、イエスを信じるはずである。

2.長い衣

(1)特殊なデザインの衣服(すその四隅にふさを付ける)は、自分たちが選びの民

であることを思いだすためのものである。

  ①ユダヤ人には、異邦人と同化しないで生きていくことが期待された。

  ②青いひもは、王子の身分を示すものである。

(2)パリサイ人たちは、敬虔そうに見せるために、長い衣をまとった。

  ①律法主義とは、律法の本来の目的を忘れ、外面だけを整えることである。

  ②律法主義とは、神が命じていないことを人間の律法にすることである。

3.やもめの献金

(1)ここには、パリサイ人たちとやもめの信仰の対比がある。

  ①イエスは神殿の中で初めて小さな光を見た。

  ②このやもめは、イエスを信じる者が見習うべき手本である。

(2)ここには、全的献身の姿がある。

  ①口伝律法では、慈善のための献金は2レプタ以上とされていた。

  ②ここでの献金は、慈善のためではないので、1レプタでもよかった。

  ③しかし彼女は、神が必要を満たしてくださることを信じ、すべて献げた。

(3)主イエスの愛に応答する方法は、全的献身しかない。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

2

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

3

イスラエル旅2023#058中川牧師とめぐる旅:【クムラン】死海写本発掘の地

4

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

5

Q392 神学編 解釈学とは

6

Q391 女のかぶり物

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.