ルカの福音書(74)忠実な管理人としての責務16:1~13

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

不正な管理人のたとえ話について学ぶ。

ルカの福音書 74回

忠実な管理人としての責務

16:1~13

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①ルカは、エルサレムへの旅という枠組みの中に、種々の教えを配置している。

  ②ルカ15章のテーマは、「罪人に対する神の愛」である。

    *神は罪人を招いておられる。

  ③ルカ16章のテーマは、弟子の責務である。

    *特に、富の使用に関する教えが語られる。

(2)ルカ16:1~31の内容

  ①不正な管理人のたとえ話(1~8節)

  ②たとえ話の適用(9~13節)

  ③パリサイ人たちを叱責するイエス(14~18節)

  ④金持ちとラザロの物語(19~31節)

2.アウトライン

(1)不正な管理人のたとえ話(1~8節)

(2)たとえ話の適用(9~13節)

3.結論

(1)富に関する誤解

(2)富に関する正しい理解

(3)2人の主人

不正な管理人のたとえ話について学ぶ。

Ⅰ.不正な管理人のたとえ話(1~8節)

はじめに

(1)「不正な管理人のたとえ話」は、極めて難解である。

  ①イエスが不正を奨励しているかのように読める。

  ②解釈の鍵は、「不正の富」ということばにある。

  ③このたとえ話は、「悪いこと」を用いて「良いこと」を教えている。

1.1節

Luk 16:1

イエスは弟子たちに対しても、次のように語られた。「ある金持ちに一人の管理人がいた。この管理人が主人の財産を無駄遣いしている、という訴えが主人にあった。

(1)イエスは、弟子たちに話している。

  ①これは、「忠実な管理人としての責務」を教えるためのたとえ話である。

  ②聴衆が誰かを判断することが、たとえ話の解釈のために重要である。

  ③周りで、パリサイ人たちも聞いている。

    *彼らは、イエスの教えをあざ笑う(14節)。

(2)ある金持ちが、ひとりの管理人を雇っていた。

  ①管理人とは、現代のファイナンシャルプランナーや管財人に相当する。

  ②イエス時代、金持ちは資産運用のために管理人を雇うことが一般的だった。

    *管理人は、奴隷の場合も、自由人の場合もあった。

  ③資産は主人のものであり、管理人はその運用を任されているだけである。

  ④この管理人は、主人の財産を無駄遣いしていた。

    *放蕩息子が父の遺産を「湯水のように使った」のと似ている。

    *ともに、「diaskorpizo」(ディアスコルピゾウ)という動詞である。

  ⑤誰かがそのことを主人に訴えた。

2.2節

Luk 16:2

主人は彼を呼んで言った。『おまえについて聞いたこの話は何なのか。会計の報告を出しなさい。もうおまえに、管理を任せておくわけにはいかない。』

(1)たとえ話からは、管理人の失敗が意図的なものなのかどうかは分からない。

  ①主人は、管理人のことを不正直というよりも無責任と考えている。

  ②それゆえ、解雇する前に、管理人に帳簿を整理する時間を与えた。

3.3~4節

Luk 16:3

管理人は心の中で考えた。『どうしよう。主人は私から管理の仕事を取り上げようとしている。土を掘る力はないし、物乞いをするのは恥ずかしい。

Luk 16:4
分かった、こうしよう。管理の仕事をやめさせられても、人々が私を家に迎えてくれるようにすればよいのだ。』

(1)管理人は、対策を考えた。

  ①誰も自分を管理人として雇ってくれないだろう。

  ②肉体労働は、自分には無理である(老年になる。事務職であった)。

  ③物乞いは、不名誉な職業である。

  ④知恵を働かせることならできる(主人の財産を盗むこと)。

(2)彼は、主人の債務者たちの多くが、小作農であることを思い出した。

  ①彼らは、収穫量の中からある歩合を払うことになっていた。

  ②収穫期までは、支払う必要はない。

  ③管理人は、負債を減らしてやれば将来自分を雇ってくれるだろうと考えた。

4.5~7節

Luk 16:5
そこで彼は、主人の債務者たちを一人ひとり呼んで、最初の人に、『私の主人に、いくら借りがありますか』と言った。

Luk 16:6
その人は『油百バテ』と答えた。すると彼は、『あなたの証文を受け取り、座ってすぐに五十と書きなさい』と言った。

Luk 16:7

それから別の人に、『あなたは、いくら借りがありますか』と言うと、その人は『小麦百コル』と答えた。彼は、『あなたの証文を受け取り、八十と書きなさい』と言った。

(1)最初の人

  ①油100バテ → 50バテ

  ②バテとは「娘」のこと。1人の少女が運べる水の量。

    *1バテは、約8.5ガロン(約32リットル)

    *100バテは、約3,200リットル

    *オリーブの木150本分(1000デナリに相当する)

    *この人は、現代の貨幣価値で約500万円免除された。

(2)別の人

  ①小麦100コル → 80コル

  ②100コルは、100エーカーの収穫量(2,500デナリに相当する)

    *この人もまた、約500万円免除された。

    *免除された割合は異なるが、ほぼ同額が免除されたことになる。

(3)この管理人には知恵がある。

  ①両者ともに裕福な人なので、将来管理人として雇ってもらえる可能性がある。

  ②自分が手を染めるのではなく、負債者に修正させている。

  ③書類上の変更なので、発覚の可能性が低い。

  ④当時、干ばつの時には負債を減額し、名声を得る人が多くいた。

    *もし主人が免除を取り消せば、面目を失くす可能性がある。

  ⑤古代世界では、奴隷が主人を出し抜くという物語が流布していた。

5.8節

Luk 16:8

主人は、不正な管理人が賢く行動したのをほめた。この世の子らは、自分と同じ時代の人々の扱いについては、光の子らよりも賢いのである。

(1)主人は、管理人が賢く行動したのをほめた。

  ①管理人の不正をほめたのではない。

  ②管理人は、将来への備えをしたのである

  ③これは、「悪いこと」を用いた良い教えである。

(2)未信者(この世の子ら)と信者(光の子ら)の対比

  ①未信者は、この世のことに関しては賢く振る舞う。

    *この管理人は、自分の将来の備えをしたのである。

  ②それに比べると、信者は、天国のことに関して賢く振る舞っていない。

Ⅱ.たとえ話の適用(9~13節)

1.9節

Luk 16:9

わたしはあなたがたに言います。不正の富で、自分のために友をつくりなさい。そうすれば、富がなくなったとき、彼らがあなたがたを永遠の住まいに迎えてくれます。

(1)地上の富を、魂を勝ち取るために使用すべきである。

  ①「不正の富」(unrighteous mammon)とは、この世の富のことである。

    *これは、ラビ用語である。

  ②「富がなくなったとき」(when you fail)とは、死んだ時という意味である。

    *ギリシア語の「エクレイポウ」である。

  ③地上の富を用いて伝道したなら、天での友人ができる。

    *これは、富の使用によって天に入れるという意味ではない。

2.10~12節

Luk 16:10
最も小さなことに忠実な人は、大きなことにも忠実であり、最も小さなことに不忠実な人は、大きなことにも不忠実です。

Luk 16:11
ですから、あなたがたが不正の富に忠実でなければ、だれがあなたがたに、まことの富を任せるでしょうか。

Luk 16:12
また、他人のものに忠実でなければ、だれがあなたがたに、あなたがた自身のものを持たせるでしょうか。

(1)小さいこと

  ①地上の富(不正の富)のことである。

  ②他人のもののことである(富は神のもの)。

  ③富の価値は低い(小さいこと)。

(2)大きいこと

  ①永遠に価値あるもの(霊的財産)である。

  ②真の富のことである。

  ③自分が所有できるもののことである(永遠の命は自分のもの)。

(3)小さいことに忠実な人に、大きいことが委ねられる。

  ①地上の富の管理に忠実な人は、キリストから報賞を得る。

3.13節

Luk 16:13

どんなしもべも二人の主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛することになるか、一方を重んじて他方を軽んじることになります。あなたがたは、神と富とに仕えることはできません。」

(1)2人の主人に仕えることはできない。

  ①神に仕えるか。

  ②富(マモン)(アラム語)に仕えるか。

結論

1.富に関する誤解

(1)パリサイ人たちの教え

  ①神は愛する人を富ませる。

  ②富は、神に愛されている証拠である。

(2)今日の「繁栄の神学」も、同じ教理的過ちを犯している。

  ①信仰によって、健康、富、成功などが手に入るという教えである。

  ②人格の完成については、ほとんど取り上げない。

2.富に関する正しい理解

(1)地上の富を軽視するのは間違っている。

  ①光の子らは、この世の子ら以上に、富の管理について長けている必要がある。

  ②神がすべて与えてくださると言って、無責任になるのはよくない。

(2)地上の富を重視し過ぎるのも間違っている。

  ①地上の富は、「まことの富」を得るために用いるべきである。

  ②「まことの富」とは、救いであり、主イエスとの関係である。

  ③御国の拡大のためにお金を使う人は、幸いである。

  ④それは、「小さなこと」を使って、「大きなこと」を成し遂げることである。

3.2人の主人

(1)奴隷が2人の主人を持てば、矛盾した命令が来て、働くことができなくなる。

(2)光の子らはマモンに仕えるではなく、マモンを利用して神に仕えるべきである。

(3)1テモ6:9~10

1Ti 6:9
金持ちになりたがる人たちは、誘惑と罠と、また人を滅びと破滅に沈める、愚かで有害な多くの欲望に陥ります。

1Ti 6:10

金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは金銭を追い求めたために、信仰から迷い出て、多くの苦痛で自分を刺し貫きました。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

2

コリント人への手紙第一(19)女のかぶり物11:2~16

3

コリント人への手紙第一(21)御霊の賜物(1)―御霊による信仰告白―12:1~3

4

Q391 女のかぶり物

5

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

6

Q390 パワースポットは存在しますか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.