ルカの福音書(59)恐れなき信仰告白12:1~12

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

恐れなき信仰告白の重要性について学ぶ。

ルカの福音書 59回

恐れなき信仰告白

ルカ12:1~12

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①ルカ9:51からエルサレムへの旅が始まった(ルカ9:51~19:27)。

  ②ルカは、エルサレムへの旅という枠組みの中に、種々の教えを配置している。

(2)今後の展開

  ①前回の箇所では、イエスに対する拒否がクライマックスを迎えた。

  ②拒否という現実がある中で、弟子としていかに生きるべきかが教えられる。

  ③クリスチャンは、霊的戦いに巻き込まれている。

(3)ルカ12:1~13:17の内容

  ①恐れなき信仰告白(12:1~12)

  ②永遠の視点(12:13~21)

  ③神の備え(12:22~34)

  ④人の子の来臨(12:35~48)

  ⑤苦難の日の予告(12:49~59)

  ⑥悔い改めの勧め(13:1~9)

  ⑦教えの正しさを証明するしるし(13:10~17)

(4)注目すべき点

  ①7つのポイントは、拒否という現実の中でいかに生きるべきかを教える連続し

たメッセージである。

  ②教えの対象は、弟子たちから群衆に広がっていく。

  ③最後に出てくる病の癒しは、イエスの教えの信頼性を保証するしるしである。

2.アウトライン

(1)パリサイ人のパン種(1~3節)

(2)5羽の雀のたとえ(4~7節)

(3)恐れなき信仰告白(8~12節)

3.結論

(1)偽善とは

(2)恐れなき信仰告白とは

(3)聖霊に逆らう罪とは

恐れなき信仰告白の重要性について学ぶ。

Ⅰ.パリサイ人のパン種(1~3節)

1.1節

Luk 12:1

そうしているうちに、数えきれないほどの群衆が集まって来て、足を踏み合うほどになった。イエスはまず弟子たちに話し始められた。「パリサイ人のパン種、すなわち偽善には気をつけなさい。

(1)イエスの教えは、第一義的には弟子たちに向けられたものである。

  ①しかし、多数の群衆が集まって来て、イエスの教えに耳を傾けた。

    *「数えきれないほどの」とは、誇張法である。

(2)イエスは、パリサイ人の偽善を取り上げ、偽善の危険性について警告を発する。

  ①マタイの文脈では、この教えは12使徒派遣の前に語られたものである。

  ②ルカの文脈では、この教えはエルサレムへの旅の途上で語られたものである。

  ③イエスは、同じ教えをくり返されたということである。

  ④教えの内容は、迫害の中での恐れなき信仰告白の重要性である。

(3)「パリサイ人のパン種」

  ①パン種は、パンを焼く際に必要なものである。

  ②比ゆ的に用いられた場合は、「悪影響を与えるもの」という意味になる。

  ③パン種は、小さな塊が粉全体に影響を及ぼす。

  ④パン種は、パリサイ人の誤った教えである(マタ16:6、12、マコ8:15)。

  ⑤ルカの福音書では、パン種はパリサイ人の偽善である。

  ⑥偽善とは、邪悪な内面を敬虔そうな行為によって隠すことである。

2.2~3節

Luk 12:2
おおわれているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずにすむものはありません。

Luk 12:3

ですから、あなたがたが暗闇で言ったことが、みな明るみで聞かれ、奥の部屋で耳にささやいたことが、屋上で言い広められるのです。

(1)ここで、霊的真理が語られる。

  ①偽善によって今は隠されていることは、やがて明らかにされる。

  ②人間の経験としては、必ずしもそうとは言えない。

  ③イエスは、全知全能の神がおられることを前提に、これを語っている。

  ④クリスチャンの希望は、神はすべてをご存じだという点にある。

  ⑤神の前に立ったとき、すべてのものが明るみに出される。

(2)弟子たちへの励ましが語られる。

  ①迫害のゆえに隠れて行う福音伝達が、公然とできるようになる。

  ②奥の部屋で耳にささやいたことが、屋上で言い広められる(比ゆ的ことば)。

  ③このことは、聖霊降臨以降に成就する。

    *ユダヤ人がイエスを拒否する。

    *イエスが十字架上で死に、復活し、昇天する。

    *聖霊が降臨する。

    *弟子たちによる福音伝達が開始される。

Ⅱ.5羽の雀のたとえ(4~7節)

  
1.4~5節

Luk 12:4
わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、その後はもう何もできない者たちを恐れてはいけません。

Luk 12:5

恐れなければならない方を、あなたがたに教えてあげましょう。殺した後で、ゲヘナに投げ込む権威を持っておられる方を恐れなさい。そうです。あなたがたに言います。この方を恐れなさい。

(1)イエスは、弟子たちのことを「わたしの友」と呼ばれた。

  ①イエスの友とは、試練の中でも恐れなく信仰を告白する者である。

  ②その人は、肉体の死さえも恐れない。

  ③イエスは、弟子たちを忠実な福音の使者と認めておられる。

  ④共観福音書でイエスが弟子を「友」と呼ぶのはここだけ(ヨハ15:13~15)。

  ⑤友は、苦難をともにし、同じ目的のために労する。

(2)イエスの弟子は、迫害する者ではなく、神を恐れる。

  ①神を恐れるなら、人に対する恐れはなくなる。

  ②神は最後の裁きを行われるお方である。

  ③人間の迫害者は、からだを殺した後は、何もできなくなる。

  ④もし神を否むなら、信者は永遠の報賞を失うことになる。

  ⑤さらに不信者の場合は、ゲヘナに投げ込まれることになる。

    *ルカの福音書でゲヘナへの言及があるのは、ここだけである。

    *ゲヘナは、永遠の苦しみの場所である。

2.6~7節

Luk 12:6
五羽の雀が、二アサリオンで売られているではありませんか。そんな雀の一羽でも、神の御前で忘れられてはいません。

Luk 12:7

それどころか、あなたがたの髪の毛さえも、すべて数えられています。恐れることはありません。あなたがたは、多くの雀よりも価値があるのです。

(1)ここにあるのは、小から大への議論である。

  ①神は、雀のことを覚えておられる。

  ②雀は、5羽が2アサリオンで売られている。

    *雀は、貧者の安価な食べ物であった。

    *アサリオンは、ローマの貨幣の単位で、16分の1デナリに相当した。

    *2羽が1アサリオンで売られる場合もあった。

    *2羽が最小単位で、次が5羽であった。

  ③雀は人間よりもはるかに価値が低いものである。

  ④それなら、神が弟子たちのことを覚えておられるのは、当然である。

  ⑤弟子たちの神の毛さえ、すべて数えられている。

    *神の許しがなければ、神の毛1本地に落ちることはない。

(2)この議論は、迫害する者を恐れなくてもよい理由になっている。

  ①神の愛は、子どもを守る父親の愛である。

Ⅲ.恐れなき信仰告白(8~12節)

  
1.8~9節

Luk 12:8
あなたがたに言います。だれでも人々の前でわたしを認めるなら、人の子もまた、神の御使いたちの前でその人を認めます。

Luk 12:9
しかし、人々の前でわたしを知らないと言う者は、神の御使いたちの前で知らないと言われます。

(1)弟子たちにの前には、2つの道が置かれている。

  ①公に、イエスがメシアであることを認める(告白する)道

    *その人は、祝福を得る。

    *イエスは、天使たちの前でその人を認めてくださる。

  ②人々の前でイエスを拒否する道

    *その人は、不信仰の結果を刈り取る。

    *イエスは、天使たちの前でその人を拒否する。

(2)イエスによる裁きは、死後に行われる。

  ①信者にとっては、「キリストの御座の裁き」がそれである(1コリ3:10~15)。

  ②これは報賞のための裁きである。報賞が多いか少ないかは、これで決まる。

  ③弟子たちは、生涯を通して忠実に歩んだかどうかが判定される。

2.10節

Luk 12:10
人の子を悪く言う者はだれでも赦されます。しかし、聖霊を冒涜する者は赦されません。

(1)赦される罪

  ①イエスのメシア性を否定しても、後に悔い改めるなら赦される。

  ②パウロは、イエスを信じる信仰によって赦された。

(2)赦されない罪

  ①聖霊を冒涜する罪は、赦されない。

  ②これは、ベルゼブル論争でユダヤ人たちが犯した罪である。

  ③この罪は、ユダヤ人の歴史の分水嶺となった。

Luk 12:11

また、人々があなたがたを、会堂や役人たち、権力者たちのところに連れて行ったとき、何をどう弁明しようか、何を言おうかと心配しなくてよいのです。

Luk 12:12
言うべきことは、そのときに聖霊が教えてくださるからです。」

(1)イエスは、弟子たちの苦難を予見しておられる。

  ①彼らは、ユダヤ人の指導者や異邦人の権力者の前で、証言するようになる。

  ②そのことを今から心配する必要はない。

  ③言うべきことは、そのときに聖霊が教えてくださる。

(2)聖霊の2面性

  ①聖霊に対する冒涜は、赦されない。

  ②聖霊に信頼するなら、弁明のことばが与えられる。

    *これは通常の説教のことではない。

    *審問を受けた際に与えられる弁明のことばのことである。

結論

1.偽善とは

(1)内面と外面が一致しない見せかけの行為である。

(2)真理を知っていながら、行動に移さないことである。

(3)自己中心的な動機で生きることである。

(4)信仰を厳格な規則の体系に置き換えることである。

2.恐れなき信仰告白とは

(1)弟子は、迫害に遭っても沈黙すべきではない。

(2)使徒の働きの中では、弟子たちの勇気ある証言が何度も出てくる。

(3)使4:8~12

Act 4:8
そのとき、ペテロは聖霊に満たされて、彼らに言った。「民の指導者たち、ならびに長老の方々。

Act 4:9

私たちが今日取り調べを受けているのが、一人の病人に対する良いわざと、その人が何によって癒やされたのかということのためなら、

Act 4:10

皆さんも、またイスラエルのすべての民も、知っていただきたい。この人が治ってあなたがたの前に立っているのは、あなたがたが十字架につけ、神が死者の中からよみがえらせたナザレ人イエス・キリストの名によることです。

Act 4:11
『あなたがた家を建てる者たちに捨てられた石、それが要の石となった』というのは、この方のことです。

Act 4:12

この方以外には、だれによっても救いはありません。天の下でこの御名のほかに、私たちが救われるべき名は人間に与えられていないからです。」

3.聖霊に逆らう罪とは

(1)イエスは、旧約聖書に預言されていたメシア的王国を提供しておられた。

(2)聖霊がイエスのメシア性を示した場合、それを否定するなら、赦しはない。

(3)この罪は、個人的な罪ではなく、民族的(国家的)罪である。

(4)この罪は、イエスと同時代のユダヤ人だけが犯すことのできる罪である。

(5)その裁きは、紀元70年にやって来た。

(6)今でもユダヤ人たちは、その裁きの影響を受けている。

(7)メシア的王国の成就は、先に延ばされた。

(8)聖書は、この罪以外ならどんな罪でも赦されると教えている。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(67)神の国への入国13:22~30

2
挑戦の年2023年-3つの完成を目指して-

挑戦の年 2023年

3

ルカの福音書(66)神の国のたとえ話13:18~21

4

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

5

Q336消極的御心とはなんですか。

6

パートⅡ.旧約時代17章 ペルシア時代

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.