Q314 罪責感とは何ですか。(2)

  • 2022.08.23
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

314 罪責感について(2)

Q

:自分が罪人だと感じる程度は、人によって違うと思います。罪責感について、私の理解は不十分だと思いますので、教えてください。

A
:はじめに

これは非常に重要なテーマです。罪責感について、3回にわたって解説しています。2回目は、罪責感の効用について、いつものように3つ申し上げます。

1
番目に、罪責感が積極的に用いられる場合があります。

(1)2コリ7:10

  「神のみこころに添った悲しみは、後悔のない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、

世の悲しみは死をもたらします」

(2)「神のみこころに沿った悲しみ」とは、健全な罪責感です。

(3)健全な罪責感は、救いに至る悔い改めを生じさせます。

2
番目に、罪責感が破壊的に用いられる場合があります。

(1)悪魔は、罪責感を破壊的に用います。

(2)「世の悲しみ」とは、破壊的罪責感です。

(3)破壊的罪責感は、死をもたらします。

(4)悪魔は、神のご性質を曲解して人に伝えます。

(5)その結果、人は努力して良い人間にならなければいけないと思い込んでいます。

3
番目に、神の救いはすべての人に提供されています。

(1)すべての人は、神の前で有罪です。

(2)神は、罪責感を与えることによって、人をご自分のもとに招いておられます。

(3)イエス・キリストは、人の罪を赦すために十字架上で死なれました。

(4)罪責と罪責感から解放される方法は、イエス・キリストを信じることです。

  ①これを、恵みと信仰による救いと言います。

(5)ロマ5:1

  「こうして、私たちは信仰によって義と認められたので、私たちの主イエス・キリスト

によって、神との平和を持っています」(ロマ5:1)

(6)「神との平和」こそ、祝された人生を歩む鍵です。

参考になる聖句

「こうして、私たちは信仰によって義と認められたので、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています」(ロマ5:1)

 健全な罪責感は、私たちを神のもとに導きます。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

2

コリント人への手紙第一(19)女のかぶり物11:2~16

3

Q391 女のかぶり物

4

イスラエル旅2023#056中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 サウル王と息子ヨナタンの死

5

イスラエル旅2023#057中川牧師とめぐる旅:【ベテ・シャン】 放蕩息子が住んだ町

6

Q390 パワースポットは存在しますか。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.