ルカの福音書(44)ペテロの信仰告白9:18~27

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

ペテロの信仰告白とそれに続くイエスの教えについて学ぶ。

ルカの福音書 44回

ペテロの信仰告白

ルカ9:18~27

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスのガリラヤ地方での奉仕(ルカ4:14~9:50)

  ②ルカ9:1~50は、そのクライマックスである。

  ③エルサレムへの旅(ルカ9:51~19:10)へのブリッジである。

  ④ルカ9:1~50の中心テーマは、弟子訓練である。

    *教会時代への準備が始まる。

(2)ルカ9:1~27の内容

  ①12人の派遣(1~6節)

  ②挿入句的エピソード(ヘロデの心理状態)(7~9節)

  ③12人の帰還(10~17節)

  ④ペテロの信仰告白(18~27節)

    *ルカだけが、5000人の給食の直後に、ペテロの信仰告白を置いている。

    *イエスが誰かということを強調するためである。

2.アウトライン

(1)ペテロの信仰告白(18~20節)

(2)イエスによる受難の予告(21~22節)

(3)弟子が負う十字架(23~27節)

3.結論:ルカ9:27の「神の国を見る」の意味

ペテロの信仰告白とそれに続くイエスの教えについて学ぶ。

Ⅰ.ペテロの信仰告白(18~20節)

1.18~19節

Luk 9:18

さて、イエスが一人で祈っておられたとき、弟子たちも一緒にいた。イエスは彼らにお尋ねになった。 「群衆はわたしのことをだれだと言っていますか。」

Luk 9:19

彼らは答えた。「バプテスマのヨハネだと言っています。エリヤだと言う人たち、昔の預言者の一人が生き返ったのだと言う人たちもいます。」

(1)ルカは、他の福音記者たちが記録している多くの情報を省略している。

  ①このことが起った場所はピリポ・カイザリヤであるが、その情報は出て来ない。

  ②ルカの視点からすると、場所に関する情報は重要なものではない。

  ③「この人は、いったい誰なのだろうか」という質問は重要である。

    *ヘロデは、直接的にこの質問をした。

    *群衆は、パンを食べながら間接的にこの質問をした。

  ④この質問への回答が、ペテロの信仰告白である。

  ⑤イエスを誰だと考えるかによって、私たちの生き方は変ってくる。

(2)「イエスが一人で祈っておられたとき」

  ①ルカだけがこれを書いている。

  ②イエスは、父なる神に絶対的な信頼を置いていた。

  ③ルカ9:16

Luk 9:16
そこでイエスは、五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げ、それらのゆえに神をほめたたえてそれを裂き、群衆に配るように弟子たちにお与えになった。

  ④5000人の給食も、ペテロの信仰告白も、祈りに対する答えである。

  ⑤ここでは、イエスは弟子たちが正しい信仰に導かれるように祈られた。

(3)「群衆はわたしのことをだれだと言っていますか」

  ①群衆とは、まだ態度を決めていない人々である。

  ②「群衆は自分が果たしている役割をどう評価しているのか」という質問である。

(4)弟子たちの答えは、すでにルカ9:7~8に出ていた内容である。

  ①バプテスマのヨハネ

  ②エリヤ

  ③昔の預言者の一人が生き返った。

2.20節

Luk 9:20
イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」ペテロが答えた。「神のキリストです。」

(1)「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか」

  ①イエスは、同じ質問を弟子たちに向けた。

(2)ペテロは弟子集団を代表して、「神のキリストです」と答えた。

  ①「神のキリスト」とは、神から送られたメシアという意味である。

  ②ペテロは、イエスが偉大な預言者であるという理解を否定した。

    *イスラムの教理では、イエスは偉大な預言者である。

  ③ペテロは、イエスが旧約聖書で約束されたメシアであることを信じた。

  ④当時のユダヤ人が持っていたメシア像

    *メシアはダビデの子孫である。

    *ローマの支配を打ち破り、地上に神の国を建設する。

    *メシアを神とは考えない。

(3)マタ16:15~16

Mat 16:15 イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」

Mat 16:16 シモン・ペテロが答えた。「あなたは生ける神の子キリストです。」

  ①「生ける神の子」は、イエスの神性を示すことばである。

  ②ペテロは、イエスの神性を信じた。

  ③ルカは、「生ける神の子」ということばを省略した。

    *異邦人は、「キリスト」ということばは神性を示していると理解していた。

    *異邦人の読者は、ペテロの告白はイエスの神性を認めたものだと理解した。

Ⅱ.イエスによる受難の予告(21~22節)

1.21節

Luk 9:21
するとイエスは弟子たちを戒め、このことをだれにも話さないように命じられた。

(1)イエスは、このことを誰にも話さないように弟子たちに命じた。

  ①群衆が騒ぎ立てると、今後の奉仕に支障が出る。

  ②時が来たなら、イエスはご自身がこのことを明らかにされる。

  ③勝利の入城の時が、それである。

2.22節

Luk 9:22

そして、人の子は多くの苦しみを受け、長老たち、祭司長たち、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日目によみがえらなければならない、と語られた。

(1)ルカは、いくつかの重要な情報を省いている。

  ①教会設立の預言

  ②ペテロがイエスをいさめた出来事

  ③イエスがペテロを叱責した出来事

  ④ルカは、受難の予告に焦点を合わせるために、それ以外の情報を省略している。

(2)これは、イエスが語った最初の受難の予告である。

  ①メシアの受難は、弟子訓練のための重要なテーマである。

    *指導者たちに捨てられる。

    *殺される。

    *3日目によみがえる。

  ②イエスによる受難の予告は、毎回、復活の希望で終わる。

  ③弟子たちは、毎回、この予告を理解することができない。

(3)「人の子」というタイトル

  ①ダニ7:13~14

Dan 7:13
私がまた、夜の幻を見ていると、/見よ、人の子のような方が/天の雲とともに来られた。/その方は『年を経た方』のもとに進み、/その前に導かれた。

Dan 7:14
この方に、主権と栄誉と国が与えられ、/諸民族、諸国民、諸言語の者たちはみな、/この方に仕えることになった。/その主権は永遠の主権で、/過ぎ去ることがなく、/その国は滅びることがない。

  ②人の子は、世界を統治する方である。

  ③イエスは、殺されるが、復活して世界を統治するようになる。

  ④弟子たちは、そのようなことが起るとは信じられなかった。

Ⅲ.弟子が負う十字架(23~27節)

1.23節

Luk 9:23

イエスは皆に言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負って、わたしに従って来なさい。

(1)次にイエスは、イエスの弟子たちが経験する苦難について教える。

  ①「わたしについて来たいと思うなら」とは、弟子になりたいならという意味。

  ②「自分を捨て」とは、物を捨てるよりも根本的な自我の否定である。

    *自分の栄光ではなく、神の栄光を求める姿勢

  ③「自分の十字架を負って」とは、弟子として受ける非難を甘受することである。

  ④信者には、未信者にない重荷が与えられている。

  ⑤イエスの弟子には、イエスのライフスタイルに倣って生きることが求められる。

2.24~26節

Luk 9:24
自分のいのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを救うのです。

Luk 9:25
人は、たとえ全世界を手に入れても、自分自身を失い、損じたら、何の益があるでしょうか。

Luk 9:26

だれでも、わたしとわたしのことばを恥じるなら、人の子もまた、自分と父と聖なる御使いの栄光を帯びてやって来るとき、その人を恥じます。

(1)信者には2つの選択肢が与えられている。

  ①自分の栄光を求めて生きる道。その者は、人生の意味を見失う。

  ②神の栄光を求めて生きる道。その者は、人生の本当の意味を見いだす。

(2)献身を妨害する最大の要因は、物欲である。

  ①全世界を手に入れるとは、物質的に富むことである。

  ②そうなったとしても、本当の人生を味わっていないなら、なんの益もない。

(3)今の状況と将来の状況を対比させる。

  ①信者には、現世においてキリストと神のことばを恥じる可能性がある。

    *この世から受け入れられないことを、恥ずかしく思う。

  ②キリストは、栄光の姿で再臨されるとき、そのような人を恥じる。

    *来たるべき世においては、より大きな恥を受けることになる。

3.27節

Luk 9:27

まことに、あなたがたに言います。ここに立っている人たちの中には、神の国を見るまで、決して死を味わわない人たちがいます。」

(1)「神の国を見るまでは、決して死を味わわない人たちがいます」

  ①これは、ペテロとヨハネとヤコブのことである。

  ②次に続くのは、変貌山の出来事である。

  ③変貌山では、神の国の予兆が現れた。

結論:ルカ9:27の「神の国を見る」の意味

Luk 9:27

まことに、あなたがたに言います。ここに立っている人たちの中には、神の国を見るまで、決して死を味わわない人たちがいます。」

1.復活を見る。

(1)イスカリオテのユダを除いた全員が、復活のイエスに出会っている。

(2)それゆえ、この可能性はない。

2.ペンテコステを見る。

(1)使徒たち全員が、ペンテコステの出来事を体験している。

(2)それゆえ、この可能性はない。

(3)そもそもペンテコステは、メシア的王国の始まりではない。

3.エルサレムの崩壊を見る。

(1)エルサレムの崩壊は、メシア的王国をもたらしたわけではない。

(2)それゆえ、この可能性はない。

4.メシア的王国そのものが始まるのを見る。

(1)使徒たちが生きている間に、メシア的王国が始まったわけではない。

(2)それゆえ、この可能性はない。

5.神の国を見るとは、イエスを信じることである。

(1)見ない人たちとは、イエスを信じない人たちである。

(2)文脈上、不信者は含まれていないので、この可能性はない。

6.栄光のイエスを見る。

(1)変貌山の出来事は、メシア的王国の予兆であり、前味である。

(2)それを目撃するのは、たった3人である。

(3)それ以外の弟子たちは、神の国を見る前に死ぬということが暗示されている。

(4)イエスは、神の国の成就が延期されたことを示しておられる。

(5)神の国(メシア的王国)の重要性を理解しないと、終末論は整理されない。

(6)弟子たちが期待した神の国は、再臨のメシアによって地上に成就する。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第二(1)あいさつ ―苦しみの中で受ける慰め―1:1~11

2

コリント人への手紙第一(32)結びのことば16:13~24

3

イスラエル旅2023#069中川牧師とめぐる旅:【マサダ】ユダヤ人の歴史の回顧

4

Q403 「5つのソラ」とはどういう意味ですか。(前半)

5

ヨハネの福音書(12)父と子は同等ヨハ5:19~29

6

コリント人への手紙第一 1回あいさつ ―聖化について考える―1:1~3

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.