ルカの福音書(37)土壌のたとえ8:4~15

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

土壌のたとえについて学ぶ。

ルカの福音書 37回

土壌のたとえ

ルカ8:4~15

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①イエスは、数々の恵みの業を行われた。

  ②イエスは、罪の女の信仰を評価された(ルカだけ)。

  ③イエスに仕える女たちが登場した(ルカだけ)。

(2)イエスは、たとえを用いて教えられた(ルカ独特)

  ①ルカ8:4~21の内容

    *土壌のたとえ(4~15節)

    *燭台のたとえ(16~18節)

    *イエスの母と兄弟たち(19~21節)

  ②今回は、土壌のたとえを取り上げる。

(3)共観福音書の中のたとえ

  ①マタイの福音書は、最も多くのスペースを割いている(13章)。

  ②マルコの福音書は、2番目に多くのスペースを割いている(4章)。

  ③ルカは、2つのたとえに限定している。

    *神のことばを聞くこと、従うこと、伝えることの重要性を強調している。

2.アウトライン

(1)土壌のたとえ(4~8節)

(2)たとえを用いる理由(9~10節)

(3)たとえの解き明かし(11~15節)

3.結論

(1)土壌のたとえのまとめ

(2)土壌のたとえの重要性

土壌のたとえについて学ぶ。

Ⅰ.土壌のたとえ(4~8節)

1.4節

Luk 8:4
さて、大勢の群衆が集まり、方々の町から人々がみもとにやって来たので、イエスはたとえを用いて話された。

(1)ルカは、このたとえが語られた背景を省略している。

  ①マタ13章とマコ4章では、場所はガリラヤ湖畔である。

(2)ルカが強調しているのは、聴衆の多様性である。

  ①大勢の群衆

  ②方々の町から

  ③多様な聴衆の中に、4種類の土壌を見いだすことができる。

  ④この節は、イエスの教えを聞く人たちへの警告になっている。

(3)このたとえの中心点

  ①種を蒔く人(イエスや弟子たち)ではない。

  ②種(神のことば)でもない。

  ③種が落ちた土壌(聞く人の心)が中心点である。

(4)当時の農業

  ①一般的には、土地を耕してから種を蒔いた。

  ②しかし、種を蒔いてから耕すこともあった。

  ③そのため、種はさまざまな土壌に落ちた。

  ④種を蒔く人は、種を手に取り、それをまき散らした。

2.5節

Luk 8:5

「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。蒔いていると、ある種が道端に落ちた。すると、人に踏みつけられ、空の鳥が食べてしまった。

(1)道端に落ちた種

  ①その種は、人に踏みつけられた(ルカだけの表現)。

    *ヘブ10:29

Heb 10:29
まして、神の御子を踏みつけ、自分を聖なるものとした契約の血を汚れたものと見なし、恵みの御霊を侮る者は、いかに重い処罰に値するかが分かるでしょう。

  ②その種は、空の鳥に食べられた(空の鳥は悪魔の象徴である)。

    *創15:11

Gen 15:11 猛禽がそれらの死体の上に降りて来た。アブラムはそれらを追い払った。

3.6節

Luk 8:6
また、別の種は岩の上に落ちた。生長したが、水分がなかったので枯れてしまった。

(1)岩の上に落ちた種

  ①成長した。

  ②水分がなかったので枯れてしまった(ルカだけの表現)。

    *土壌が薄い。

    *エレ17:7~8

Jer 17:7 【主】に信頼する者に祝福があるように。/その人は【主】を頼みとする。

Jer 17:8
その人は、水のほとりに植えられた木。/流れのほとりに根を伸ばし、/暑さが来ても暑さを知らず、/葉は茂って、/日照りの年にも心配なく、/実を結ぶことをやめない。

4.7節

Luk 8:7
また、別の種は茨の真ん中に落ちた。すると、茨も一緒に生え出てふさいでしまった。

(1)茨の真ん中に落ちた種

  ①茨も一緒に生え出てふさいでしまった。

    *ヘブ6:8

Heb 6:8 茨やあざみを生えさせる土地は無用で、やがてのろわれ、最後は焼かれてしまうのです。

5.8節

Luk 8:8

また、別の種は良い地に落ち、生長して百倍の実を結んだ。」イエスはこれらのことを話しながら、大声で言われた。「聞く耳のある者は聞きなさい。」

(1)良い地に落ちた種

  ①成長して100倍の実を結んだ。

    *パレスチナでは、10倍の収穫が普通であった。

    *マタ13:8

Mat 13:8 また、別の種は良い地に落ちて実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍になった。

(2)イエスは、大声で言われた。

  ①「聞く耳のある者は聞きなさい」

  ②これは、たとえの最後に語る常套句である。

  ③霊的な人はたとえの意味を理解できる。

  ④そうでない人は、表面的な意味しか理解できない。

Ⅱ.たとえを用いる理由(9~10節)

1.9~10節

Luk 8:9
弟子たちは、このたとえがどういう意味なのか、イエスに尋ねた。

Luk 8:10

イエスは言われた。「あなたがたには神の国の奥義を知ることが許されていますが、ほかの人たちには、たとえで話します。/『彼らが見ていても見ることがなく、/聞いていても悟ることがないように』/するためです。

(1)弟子たちは、このたとえ(単数形)の意味をイエスに尋ねた。

  ①イエスは、その意味を解説する前に、たとえで教える理由を説明された。

(2)「あなたがたには神の国の奥義を知ることが許されていますが」

  ①奥義とは、今まで隠されていたが新しく啓示された真理である。

  ②当時の人たちは、ギリシア人の神秘宗教のことを良く知っていた。

    *その宗教には神秘(奥義)があり、入信した者だけがそれを知らされた。

  ③イエスを信じた者は、神の国の奥義を知るようになった。

(3)「ほかの人たちには、たとえで話します」

  ①イエスの弟子たちは、深い意味を理解することができる。

  ②弟子でない者たちは、表面的な意味しか理解できない。

    *見ていても見ることがない。

    *聞いていても悟ることがない。

Ⅲ.たとえの解き明かし(11~15節)

1.11~12節

Luk 8:11
このたとえの意味はこうです。種は神のことばです。

Luk 8:12

道端に落ちたものとは、みことばを聞いても信じて救われないように、後で悪魔が来て、その心からみことばを取り去ってしまう、そのような人たちのことです。

(1)たとえの意味の解き明かしが始まる。

  ①種は神のことばである。

  ②種が落ちる土壌は、聞く人の心である。

  ③豊かな収穫を得るためには、人間の側の応答が極めて重要である。

(2)道端に落ちたものが象徴している人とは

  ①みことばを聞いても信じて救われない人

  ②悪魔が、その心からみことばを取り去ってしまうので、救われない。

  ③みとばの内容は、イエスは神が人となられたメシアであるということである。

  ④ルカは、魂の救いに大きな関心を抱いていた。

2.13~14節

Luk 8:13

岩の上に落ちたものとは、みことばを聞くと喜んで受け入れるのですが、根がないので、しばらくは信じていても試練のときに身を引いてしまう、そのような人たちのことです。

Luk 8:14

茨の中に落ちたものとは、こういう人たちのことです。彼らはみことばを聞いたのですが、時がたつにつれ、生活における思い煩いや、富や、快楽でふさがれて、実が熟すまでになりません。

(1)岩の上に落ちたものと茨の中に落ちたもの

  ①前者は、試練に遭って信仰を捨てる人たちである。

    *極端な例は、迫害の中でいのちを守るために棄教する人たちである。

  ②後者は、別の関心事があって、信仰の成長が妨げられる人たちである。

(2)イエスは、彼らが救いを失ったかどうかについては沈黙している。

  ①最初から救われていなかった人たちがいる。

  ②救われているが、途中で信仰を捨てた人たちがいる。

    *救われているなら、救いを失うことはない。

    *救われている人は、実を結ぶ(外面的に観察できる性質)。

    *実を結ぶまでに時間がかかる人がいる。

    *生涯実を結ばない人もいる。

3.15節

Luk 8:15

しかし、良い地に落ちたものとは、こういう人たちのことです。彼らは立派な良い心でみことばを聞いて、それをしっかり守り、忍耐して実を結びます。

(1)良い地に落ちたものが象徴している人とは

  ①みことばに誠実に耳を傾ける。

  ②それをしっかりと守る。

  ③忍耐して実を結ぶ(人格的変化)。

結論

1.土壌のたとえのまとめ

(1)道端の心の人

  ①この人は救われていない。

(2)岩の心の人、茨の心の人

  ①救われていない人も含まれている。

  ②救われているなら、救いを失うことはない。

  ③永遠の救いを論じるよりも、神のことばにどう応答するかを考えるべきである。

(3)良い地の心の人

  ①この人は救われている。

  ②この人は、キリストにとどまり、実を結ぶ人である。

2.土壌のたとえの重要性

(1)奥義としての神の国(神の国の奥義)の状態を説明している。

  ①ユダヤ人がイエスを拒否して以降に登場する霊的状態

  ②教会時代の霊的状況

(2)福音の伝達と4種類の応答

  ①すべてのたとえの土台になっているのが、土壌のたとえである。

(3)良い地になることを願う人

  ①神の啓示を学ぶときに、それを理解させてくださいと祈る。

  ②神はその祈りに答えてくださる。

  ③願わないなら、表面的な理解で終わる。

(4)出8:32と9:12

Exo 8:32
しかし、ファラオはまたも心を硬くし、民を去らせなかった。

Exo 9:12

しかし、【主】はファラオの心を頑なにされたので、ファラオは二人の言うことを聞き入れなかった。【主】がモーセに言われたとおりであった。

(5)ロマ9:17~18

Rom 9:17

聖書はファラオにこう言っています。「このことのために、わたしはあなたを立てておいた。わたしの力をあなたに示すため、そうして、わたしの名を全地に知らしめるためである。」

Rom 9:18
ですから、神は人をみこころのままにあわれみ、またみこころのままに頑なにされるのです。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(29)復活(3)―からだの復活―15:35~49

2

出エジプト記(46)—金の子牛事件(3)—

3

Q400 ダビデとバテ・シェバの子はなぜ死んだのか。

4

コリント人への手紙第一(28)復活(2)―死者の復活―15:12~34

5

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

6

ヨハネの福音書(11)第3のしるしヨハ5:1~18

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.