Q303 さまざまな聖書解説があるのはなぜですか。

  • 2022.06.07
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

Q
:同じ聖書を読んでも、人によって解釈が異なります。なぜそういうことになるのですか。

A
:はじめに

正しい解釈は、常に1つである。しかし、誰が読むか、どういう方法で読むかによって、解釈は違ってくる。聖書解釈について、いつものように3つ申し上げる。

1
番目に、不信仰が解釈を歪めている場合がある。

(1)聖書は、神の霊感によって書かれた書である。

  ①つまり、誤りは含まれていないということである。

  ②神は、著者が誤りを書かないように、守り導かれた。

(2)不信者にとっては、聖書は人間の作品であり、誤りを含んでいる。

(3)不信者にとっては、自分の理性が最終的な権威である。

(4)不信者は、聖書の上に立って、聖書を解釈する。

2
番目に、解釈学を正しく適用していない場合がある。

(1)解釈学とは、文章を解釈するためのルールである。

(2)信者であっても不信者であっても、解釈学が間違っていると、正しい結論に到達

できない。

(3)最も注意すべきは、比ゆ的解釈である。

  ①難解な箇所が出てくると、比ゆ的解釈に走る人が多い。

(4)聖書は、字義どおりに解釈すべきである。

3
番目に、聖霊の導きよりも人間の判断が優先される場合がある。

(1)信者であっても、聖霊の導きに頼らないなら、誤った解釈をしてしまう。

(2)聖書の最終的な著者は、聖霊である。

(3)聖霊は、私たちの理解を助けてくださる。これを「啓明」という。

(4)自我が強い信者は、自分の思いを聖書に押しつける傾向がある。

 聖書は、聖霊の導きによって読まなければならない。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(26)御霊の賜物(6)―正しい賜物の行使―14:26~40

2

イスラエル旅2023#062中川牧師とめぐる旅:【エイン・フェシュカ】千年王国の予兆

3

コリント人への手紙第一(25)御霊の賜物(5)―異言よりも預言―14:1~25

4

コリント人への手紙第一(20)聖餐式11:17~34

5

Q397 イスラエルはジェノサイド国家ですか。

6

Q396 神学編 字義どおりの解釈とは。

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.