ルカの福音書(24)断食論争5:33~39

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

断食論争の内容と背景について学ぶ。

ルカの福音書 24回

断食論争

ルカ5:33~39

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①罪の赦しの宣言を境に、メシア運動の吟味は次の段階に入った。

    *観察→審問→決定

  ②イエスは、取税人レビを召された。

  ③レビは、自分の家でイエスのために盛大なもてなしをした。

  ④その場にいたパリサイ人たちは、審問を開始した。

    *弟子たちに、なぜ取税人たちや罪人たちと交わるのかと文句を言った。

    *次に、イエスに断食に関する質問をした。

(2)この時期、イエスは公生涯の重要な時期に入っていた。

  ①パリサイ人たちとの論争が始まる。

  ②論争のテーマは、口伝律法に関するものである。

  ③聖書は、ユダヤ的視点で読まないと深い意味を理解することができない。

2.アウトライン

(1)断食に関する質問

(2)花婿の友人のたとえ

(3)新しい着物と古い着物のたとえ

(4)ぶどう酒と皮袋のたとえ

(5)古いぶどう酒のたとえ

3.結論

(1)混ざることのない4つのもの

(2)メシア的王国の希望

(3)ロマ書7章から8章へ

断食論争の内容と背景について学ぶ。

Ⅰ.断食に関する質問

1.33節

Luk 5:33

また彼らはイエスに言った。「ヨハネの弟子たちはよく断食をし、祈りをしています。パリサイ人の弟子たちも同じです。ところが、あなたの弟子たちは食べたり飲んだりしています。」

(1)質問したのは、誰か。

  ①ルカは、別の状況での話をここに入れた可能性がある。

  ②マコ2:18

Mar 2:18
さて、ヨハネの弟子たちとパリサイ人たちは、断食をしていた。そこで、人々はイエスのもとに来て言った。「ヨハネの弟子たちやパリサイ人の弟子たちは断食をしているのに、なぜあなたの弟子たちは断食をしないのですか。」

  ③ヨハネの弟子たちとパリサイ人たちは、ともに、口伝律法を重視していた。

(2)断食の習慣の歴史的経緯

  ①旧約聖書が命じる断食の日は、贖罪の日だけである。

    *レビ16:29

  ②捕囚期以降、エルサレム崩壊を嘆くために4回の断食が加わった。

    *ゼカ8:19

Zec 8:19
万軍の【主】はこう言われる。「第四の月の断食、第五の月の断食、第七の月の断食、第十の月の断食は、ユダの家にとって、楽しみとなり、喜びとなり、うれしい例祭となる。だから、真実と平和を愛しなさい。」

  ③イエス時代になると、パリサイ人たちは、週に2回断食をした。

    *月曜と木曜に、水も飲まない断食を実行した。

    *師は、弟子たちに断食を教えるべきである。

    *パリサイ人たちは、イエスも口伝律法に従うべきであると考えていた。

    *イエスは悔い改めを説いていた。断食は、悔い改めの表現である。

    *イエスは断食を否定しなかったが、その誤用を批判された。

    *イエスが断食したという記録は、荒野での40日間の断食しかない。

(3)タルムード誕生の歴史的経緯

  ①ソフリム学派(前450年~前30年)

    *捕囚から帰還した時期に、律法学者エズラが活躍した。

    *彼がソフリム学派を設立した。

    *ソフリムとは、書記(律法学者)のことである。

    *目的は、モーセの律法を教え、再び捕囚が起こらないようにすること。

    *モーセの律法は、613の命令から成る。

    *その周りに「垣根」を作れば、民は律法違反の罪を犯すことがなくなる。

    *その「垣根」が、ラビ的律法である。

    *過半数が賛成した時に、それは、全世界のユダヤ人が守るべき律法となる。

  「子やぎを、その母親の乳で煮てはならない」

(出23:19、34:26、申14:21)

    *カナン人たちは、初子のやぎを母の乳で煮て、バアルに献げていた。

    *この命令は、カナン人の偶像礼拝からイスラエルの民を守るものとなった。

    *前1400年頃の律法の目的が、前400年頃には忘れ去られていた。

    *その結果、肉と乳製品を分けて食べるべきだという律法ができた。

    *これが、今日の食物規定(コシェル規定)の中心である。

  ②タナイム学派(前30年~220年)

    *第2の学派である。タナイムとは、教師のことである。

    *彼らは、ソフリム学派の律法を、聖書と同等かそれ以上のものと見なした。

    *紀元220年までは、すべてが口伝律法であった。

    *彼らは、神はモーセに2種類の律法を与えたと教えた。

      ・成文法(613の律法)と口伝律法

    *今日のユダヤ教も、この考え方を踏襲している。

    *口伝律法を暗記していた人たちを、律法学者という。

    *イエスの時代、口伝律法は完成途上にあった。

    *メシアは、口伝律法に従うはずだという期待があった。

    *しかしイエスは、一貫して口伝律法に反対した。

    *バプテスマのヨハネの弟子たちは、口伝律法の断食の教えに従っていた。

    *紀元300年頃に、ユダ・ハナシの命令によって、口伝律法が文字化された。

    *約650年にわたるラビ的律法が、成文法となった。

    *ソフリム学派とタナイム学派の口伝律法をミシュナという。

    *ミシュナは、ヘブル語で約1500ページに及ぶ。

  ③アモライム学派(紀元220年~500年)

    *モライムとは、アラム語で教師という意味である。

    *アモライム学派は、ゲマラ(アラム語)という注解書を付け加えた。

    *ゲマラは、百科事典のブリタニカほどのサイズがある。

    *口伝律法(パリサイ的律法)=ミシュナ

    *ミシュナ+ゲマラ=タルムード

Ⅱ.花婿の友人のたとえ

1.34~35節

Luk 5:34
イエスは彼らに言われた。「花婿が一緒にいるのに、花婿に付き添う友人たちに断食させることが、あなたがたにできますか。

Luk 5:35
しかし、やがて時が来て、花婿が取り去られたら、その日には彼らは断食します。」

(1)イエスは、この宴会を結婚式にたとえられた。

  ①結婚式に行くのは、喜ぶためであって、断食するためではない。

  ②ユダヤの婚礼は、7日間続いた。

  ③その間、断食、喪に服す行為、重労働などは禁じられた。

  ④イエスは花婿であり、花嫁(イスラエルのこと)を迎えるために来られた。

  ⑤イエスの弟子たちは、花婿に付き添う友人たちである。

  ⑥その彼らに断食を強いるのは、正しくない。

(2)しかし、花婿が取り去られたなら、彼らは断食するようになる。

  ①公生涯のこの段階で、イエスは、十字架の死を暗示された。

  ②恐らく弟子たちは、イエスの死と復活の間の3日間の中で断食したと思われる。

Ⅲ.新しい着物と古い着物のたとえ

1.36節

Luk 5:36

イエスはまた一つのたとえを彼らに話された。「だれも、新しい衣から布切れを引き裂いて、古い衣に継ぎを当てたりはしません。そんなことをすれば、その新しい衣を裂くことになり、新しい衣から取った布切れも古い衣には合いません。

(1)新しい布切れは、洗うと縮む。

  ①新しい布切れを古い着物に縫い付けることはしない。

  ②それをすると、新しい着物も、古い着物も、ともにだめになる。

(2)イエスは、ユダヤ教につぎはぎをするために来られたわけではない。

  ①イエスは、新しい秩序をもたらすために来られた。

  ②もしユダヤ人たちがイエスを受け入れていたなら、メシア的王国が成就した。

  ③ユダヤ人たちがイエスを拒否したので、教会が誕生することになる。

  ④メシア的王国の希望は、今も生きている。

Ⅳ.ぶどう酒と皮袋のたとえ

1.37~38節

Luk 5:37

まただれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れたりはしません。そんなことをすれば、新しいぶどう酒は皮袋を裂き、ぶどう酒が流れ出て、皮袋もだめになります。

Luk 5:38
新しいぶどう酒は、新しい皮袋に入れなければなりません。

(1)当時は、ぶどう酒は皮袋に入れて、ロバやラクダに乗せて運んだ。

  ①古い革袋は、長く使用されて、伸び切っている。

  ②そこに新しいぶどう酒を入れたなら、発酵力が強いので、皮袋は破裂する。

  ③新しい革袋の場合は、弾力性に富むので、持ちこたえることができる。

(2)イエスの教えは、新しいぶどう酒である。

  ①古い革袋であるユダヤ教は、その教えを受容することはできない。

  ②生命力に富んだイエスの教えは、パリサイ的ユダヤ教を破壊する。

Ⅴ.古いぶどう酒のたとえ

1.39節

Luk 5:39
まただれも、古いぶどう酒を飲んでから、新しい物を望みはしません。『古い物が良い』と言います。」

(1)ぶどう酒は、古いものほど良い味がある。

  ①宗教的な人たちは、普通、古くからある伝統を重視する。

  ②ここでの「古いぶどう酒」は、パリサイ的ユダヤ教である。

  ③パリサイ人たちは、伝統的な口伝律法を好み、イエスの教えを拒否する。

結論

1.混ざることのない4つのもの

(1)断食と宴会は、ミックスすることがない。

  ①花婿メシアが到来した今は、婚礼の時である。

  ②ユダヤ人たちがイエスを拒否したなら、断食が必要となる。

  ③ユダヤ人たちがイエスを拒否したので、メシア的王国ではなく教会が誕生した。

(2)新しい布切れと古い衣は、ミックスすることがない。

  ①イエスの教えは、新しい衣である。

  ②新しい布切れで、パリサイ的ユダヤ教の繕いをすることは不可能である。

(3)新しいぶどう酒と古い革袋は、ミックスすることがない。

  ①イエスの教えは、新しいぶどう酒である。

  ②パリサイ的ユダヤ教は、古い革袋である。

  ③イエスの教えは、パリサイ的ユダヤ教の中には収まり切らない。

(4)古いぶどう酒と新しいぶどう酒は、ミックスすることがない。

  ①パリサイ的ユダヤ教は、古いぶどう酒である。

  ②イエスの教えは、新しいぶどう酒である。

  ③古いぶどう酒を好むパリサイ人たちは、新しいぶどう酒を試そうとはしない。

2.メシア的王国の希望

(1)旧約聖書が命じる断食の日は、贖罪の日だけである(レビ16:29)。

(2)捕囚期以降、エルサレム崩壊を嘆くために4回の断食が加わった。

  ①ゼカ8:19

Zec 8:19

万軍の【主】はこう言われる。「第四の月の断食、第五の月の断食、第七の月の断食、第十の月の断食は、ユダの家にとって、楽しみとなり、喜びとなり、うれしい例祭となる。だから、真実と平和を愛しなさい。」

(3)メシア的王国においては、断食は喜びの宴会に変えられる。

  ①それゆえ、【主】が喜ばれる真実と平和を愛するべきである。

  ②【主】に対する断食でなければ、意味はない。

3.ロマ書7章から8章へ

(1)律法に束縛されたクリスチャン生活(ロマ書7章クリスチャン)

(2)聖霊に導かれたクリスチャン生活(ロマ書8章クリスチャン)

(3)この2つの生活は、ミックスすることがない。

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(31)弟子の性質6:39~49

2

パートⅡ.旧約時代9章 律法と幕屋

3

ルカの福音書(30)弟子の行い6:27~38

4

60分でわかる旧約聖書(26)エゼキエル書

5

#035 ロシアのウクライナ侵攻 エゼキエル書 38 章 2022.2.28

6

ルカの福音書(29)4つの祝福と4つの呪いルカ6:20~26

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.