ルカの福音書(18)悪霊につかれた人の癒し4:31~37

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

悪霊の追い出しについて学ぶ。

ルカの福音書 18回

悪霊につかれた人の癒し

ルカ4:31~37

1.はじめに

(1)文脈の確認

  ①悪魔に勝利したイエスは、聖霊の力によってガリラヤ伝道を開始する。

    *ガリラヤ伝道の前に、短期間のユダヤ伝道があった(ヨハ1~4章)。

  ②イエスは、ナザレを訪問した。

  ③ナザレの人々は、イエスを信じなかった。

  ④カペナウムを拠点とした奉仕が始まる。

    *この状態が、十字架に付く半年前に、ユダヤに向かって出発するまで続く。

    *約2年半、ガリラヤを巡回したり、エルサレムに上ったりした。

2.アウトライン

(1)カペナウムでの奉仕(31~32節)

(2)悪霊との対決(33~35節)

(3)うわさの拡がり(36~37節)

3.結論

(1)今日における悪霊の働き

(2)イエスのメッセージの特徴

悪霊の追い出しについて学ぶ。

Ⅰ.カペナウムでの奉仕(31~32節)

1.31節

Luk 4:31
それからイエスは、ガリラヤの町カペナウムに下られた。そして安息日には人々を教えておられた。

(1)ナザレ(標高360m)からカペナウム(標高マイナス200m)までは下りである。

  ①カペナウムは、ガリラヤの町である(異邦人読者のための情報)。

  ②漁業の町で、ペテロとアンデレのホームタウンである。

  ③交通の要衝の地(国境の町)であるため、異邦人たちの往来があった。

  ④国際都市であるため、新しい教えに対してオープンであった。

  ⑤地理的にも、政治的にも、文化的にも、伝道の拠点にふさわしい町である。

(2)イザヤ書9章1~2節の預言の成就

  ①この視点は、マタイが取り上げている。

  ②イエスは、「死の地と死の陰にすわっていた人々」に奉仕をした。

(3)イエスは、安息日に会堂に行き、人々を教えることを習慣としていた。

  ①イエス時代のカペナウムの人口は、千人前後と推定される。

  ②会堂の遺跡が、1900年代初頭に発掘された。

  ③玄武岩の土台の上に、紀元4世紀の白色石灰石の会堂が建てられている。

  ④会堂の規模は、縦横20メールで、2階建てである。

  ⑤会堂での礼拝風景に関しては、すでにナザレの会堂での例を見た。

    *トーラーと預言書の朗読の後で、奨励のメッセージが語られる。

2.32節

Luk 4:32
人々はその教えに驚いた。そのことばに権威があったからである。

(1)人々は、イエスの教えに非常に驚いた。

  ①律法学者の教え

    *過去のラビたちの教えを引用し、その上に自分の教えを付け加えた。

  ②イエスの教え

    *イエスは、預言者として、権威ある神のことばをそのまま語った。

    *私たちが伝道する際のヒントがここにある。

  ③ナザレの人々とカペナウムの人々の対比は、鮮明である。

    *不信仰と信仰の対比である。

(2)イエスの権威は、一連の奇跡によって可視化される。

  ①最初に出てくるのが、悪霊の追い出しである。

  ②次に出てくるのが、ペテロの姑の癒しである。

Ⅱ.悪霊との対決(33~35節)

1.33~34節

Luk 4:33
そこの会堂に、汚れた悪霊につかれた人がいた。彼は大声で叫んだ。

Luk 4:34

「ああ、ナザレの人イエスよ、私たちと何の関係があるのですか。私たちを滅ぼしに来たのですか。私はあなたがどなたなのか知っています。神の聖者です。」

(1)悪霊は、人々よりも先に、イエスがメシアであることを認識した。

  ①悪霊は、汚れた悪霊である。

    *その霊は、悪意を持って行動する。それゆえ悪霊である。

    *その霊は、汚れており、汚れをまき散らす。それゆえ汚れた霊である。

  ②聖霊は、聖い霊である。

    *聖霊は、善意を持って行動する。それゆえ慰め主である。

    *聖霊は、聖い霊である。それゆえ、信者を聖化に導く。

(2)悪霊につかれた人が、大声で叫んだ。

  ①叫んでいるのは、その人の内側に住みついている悪霊である。

  ②福音書では、悪霊につかれた人は、大声で叫ぶことが多い。

(3)叫んだ内容

  ①「ああ」(Ha!)は、驚きのことばであるが、憤りの意味を含んでいる。

  ②悪霊は、「ナザレの人イエス」と呼んでいる。

    *悪霊を追い出す際には、その悪霊の名を呼んで、支配権を確立した。

    *悪霊は、イエスに対して支配権を確立しようとした。

  ③「私たちと何の関係があるのですか」

    *どうして私たちの邪魔をするのですか、という意味である。

    *悪霊は、「私たち」と言った。

  ④「私たちを滅ぼしに来たのですか」

    *再び、「私たち」と言った。

    *悪霊の集団は、イエスがいかに危険な存在であるかを知っていた。

    *荒野の誘惑に失敗した悪魔が、悪霊の集団に情報を伝達したと思われる。

    *公生涯の間、光の国と闇の国の戦いは継続する。

    *イエスは悪霊を制する権威を使徒たちに与えた(9:1~2、10:9~10、17)。

  ⑤「私はあなたがどなたなのか知っています。神の聖者です」

    *「聖者(Holy One)」とは、神である。

    *「神の聖者」(Holy One of God)とは、神の使者という意味である。

    *イエスは、聖霊によって力を受け、特別な使命のために遣わされている。

    *悪霊は、イエスの権威の源を見抜いている。

    *悪霊は、知識は持っているが、信仰は持っていない。

2.35節

Luk 4:35

イエスは彼を叱って、「黙れ。この人から出て行け」と言われた。すると悪霊は、その人を人々の真ん中に投げ倒し、何の害も与えることなくその人から出て行った。

(1)イエスが叱っているのは、悪霊である。

「イエスはこれをしかって、『黙れ、この人から出て行け』と言われた」(口語訳)

  ①イエスは、悪霊の証しを必要としない。

    *悪霊に、「あなたがどなたなのかを知っている」とは言わせない。

    *信者と未信者のイエスに関する知識は、大いに異なる。

  ②イエスは、悪霊の証言を認めない。

    *イエスに興味があるかのような印象を与えてしまう。

(2)イエスは、ことばだけで悪霊を追い出した。

  ①「黙れ」と「この人から出て行け」

  ②悪霊は、その人を人々の真ん中に投げ倒して出て行った。

  ③その人は、なんの害も受けなかった。

Ⅲ.うわさの拡がり(36~37節)

1.36~37節

Luk 4:36

人々はみな驚いて、互いに言った。「このことばは何なのだろうか。権威と力をもって命じられると、汚れた霊が出て行くとは。」

Luk 4:37
こうしてイエスのうわさは、周辺の地域のいたるところに広まっていった。

(1)人々はみな驚いた。

  ①イエスは、通常の悪霊の追い出しとは異なった方法で、悪霊を追い出した。

  ②命じるだけで、悪霊は従う。

(2)人々は、イエスの教えが権威あるものだと認めた。

  ①権威ある教えと悪霊の追い出しは、イエスのメシア性を証明するものとなった。

  ②イエスの評判が、短時間の内にガリラヤ全地に広がるのも当然のことである。

結論

1.今日における悪霊の働き

(1)悪霊につかれた状態

「ある人の中に悪霊が住み、ある種の精神的錯乱や肉体的不調を用いて、その人を直

接的に支配している状態のことである」

(2)2種類の区別が必要である。

  ①悪霊につかれているのか、精神的原因によるものなのか。

  ②悪霊につかれているのか、悪霊の攻撃なのか(外からのもの)。

(3)信者は悪霊に支配されない。

  ①悪霊の所有物にはならない(完全に支配されることはない)。

  ②しかし、悪霊が一時的に信者を支配することはある。

    *使5:3

Act 5:3

すると、ペテロは言った。「アナニア。なぜあなたはサタンに心を奪われて聖霊を欺き、地所の代金の一部を自分のために取っておいたのか。

    *エペ4:27

Eph 4:27
悪魔に機会を与えないようにしなさい。

    *機会とは、場所、上陸地点のことである。

  ③信者と未信者の違いは、支配の度合いの違いである。

    *信者には2つの性質がある。

    *聖霊は新しい性質の内に宿り、悪霊は罪の性質の内に宿る。

(4)福音書の記述は、現代の悪霊の活動を判断するための規準ではない。

  ①闇の王国は、イスラエルの地に勢力を集中させていた。

2.イエスのメッセージの特徴

(1)愛―イエスは、愛をもって語った。

  ①律法学者たちは、往々にして、個人的な利得を求めていた。

  ②イエスは、聴衆の最善を求めた。

(2)いのち―イエスは、人生の重要テーマについて語った。

  ①律法学者たちは、些細なことを重視した。

  ②イエスは、生死に関わるテーマを取り上げた。

(3)動き―イエスは、ゴールに向かって語った。

  ①律法学者たちは、荒野をさ迷うようなメッセージを語った。

    *テト1:14

Tit 1:14
ユダヤ人の作り話や、真理に背を向けている人たちの戒めに、心を奪われないようにさせなさい。

  ②イエスは、人々の心を父なる神に向かわせるメッセージを語った。

(4)絵―イエスは、たとえを用いて語った。

  ①律法学者たちは、退屈な教えを語った。

  ②イエスは、理解しやすい方法で霊的真理を語った。

(5)お墨付き(authority)―イエスは、父なる神の権威に基づいて語った。

  ①律法学者の権威は、前の時代のラビたちに依存している。

  ②イエスは、父なる神から受けたことばを伝えた。

  ③イエスがメシアとしての権威を持っていることが証明された。

    *悪霊に対する権威

    *病に対する権威

週間アクセスランキング

1

ルカの福音書(31)弟子の性質6:39~49

2

パートⅡ.旧約時代9章 律法と幕屋

3

ルカの福音書(30)弟子の行い6:27~38

4

60分でわかる旧約聖書(26)エゼキエル書

5

#035 ロシアのウクライナ侵攻 エゼキエル書 38 章 2022.2.28

6

ルカの福音書(29)4つの祝福と4つの呪いルカ6:20~26

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.