Q291 国際結婚について聖書はどう教えていますか。

  • 2021.05.14
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

291 国際結婚について聖書はどう教えているか。

Q
:娘が国際結婚を考えています。私たち一家は全員クリスチャンですので、聖書が国際結婚についてどう教えているか、気になります。ご教授ください。

A:国際結婚というと、異人種間結婚のことですね。このテーマに関して、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、モーセの律法は、イスラエルの民の異人種間結婚を禁じました。

 申命記7章3節、4節は、イスラエルの民が異邦の民と婚戚関係に入ることを禁じています。その理由は、人種差別的なものではなく、霊的なものです。異邦の民は偶像を礼拝する民です。彼らと親戚になると、イスラエルの民も偶像礼拝に引き込まれる恐れがあります。それは、【主】の民としての特質と責務を放棄することであり、自らの身に滅びを招くことです。後の時代になると、実際にこのことが起こり、イスラエルの民はバビロン捕囚に引かれて行きました。

2番目に、新約聖書は、異人種間結婚を禁じていません。

モーセの律法は、イエス・キリストの死によってすべて成就し、無効となりました。そのため、イスラエルの民に与えられた異人種間結婚の禁止令は、新約時代の信者には適用されません。しかし、結婚に関する新たなガイドラインが与えられています。それが、コリント人への手紙 第二6章14節の教えです。「不信者と、つり合わないくびきをともにしてはいけません。正義と不法に何の関わりがあるでしょう。光と闇に何の交わりがあるでしょう」。霊的に釣り合いが取れない者同士の結婚、つまり、信者と未信者の結婚については、聖書はこれを禁じています。

3番目に、異人種間結婚には、積極的な側面があります。

すべての人は、アダムとエバから出た親類です。にもかかわらず、地上にはさまざまな人種差別や人種間の争いがあります。これは、神の御心に反することです。教会は、ユダヤ人信者と異邦人信者が「新しいひとりの人」となって誕生しました。教会は、神が人種や肌の色に関係なしに、すべての人を愛しておられることを示しています。国際結婚をする人は、さまざま偏見や迫害に遭遇する可能性がありますが、愛のある家庭を築くことによって、神の栄光を表わすことができます。私の知り合いで国際結婚をしたカップルがいますが、彼らは、「私たちは国際結婚ではなく、天国結婚です」と言っています。これこそ、神の栄光を表わす結婚ではありませんか。娘さんが、神の御心に叶った結婚をなさいますように、お祈りします。

参考になる聖句


「不信者と、つり合わないくびきをともにしてはいけません。正義と不法に何の関わりがあるでしょう。光と闇に何の交わりがあるでしょう」

(2コリ6:14)

国際結婚は、罪ではありません。

週間アクセスランキング

1
申命記 41回「諸々の規定(1)~(2)」

申命記(41)諸々の規定(1)~(2) 21:1~14

2

Q293 新型コロナウィルスのワクチンは黙示録の獣の刻印ですか。

3

60分でわかる新約聖書(25)ヨハネの手紙第三

4

申命記(40)聖戦に関する規定20:1~20

5

Q294 マタイ25章の10人の娘とは誰ですか。

6

申命記(42)諸々の規定(3)~(5)21:15~23

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.