Q284 神学は必要ですか

  • 2021.03.26
  • スピーカー 中川健一
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

284 神学は必要ですか

Q
:神学的議論をしている人たちを見ていると、行動が伴っていないように感じることがあります。神学校に行って信仰をなくした人がいると聞いたこともあります。神学は本当に必要なのですか。

A:神学について否定的な思いがあるというのは、よく理解できます。ちなみに、「神学論争」といった場合、「結論が出ない無意味な抽象的議論」を指す場合が多いです。このテーマに関して、いつものように3つ申し上げます。

1番目に、すべての人は、なんらかの意味で神学者です。

神の存在を信じない人は、「無神論」という神学的枠組みを通して、世界や人生を見ています。同様に、神がいるかどうか分からないという人は、「不可知論」という神学的枠組みを通して、また、神はいると思っている人は、「有神論」という神学的枠組みを通して、この世の現象を見ています。ほとんどの人は、無意識的に自分なりの「前提」を選んでいるのです。質問者の方は、神学の必要性を疑っておられますが、問うべきは、「神学は必要かどうか」ではなく、「正しい神学と誤った神学の違いは何か」です。誤った神学は、否定的な結果をもたらします。

 2番目に、クリスチャンの神学は、聖書研究の上に成り立っています。

 
クリスチャンが前提として受け入れているのは、以下の3点です。(1)神は、さまざまな方法で人類にお語りになった。(2)聖書は、その神のことばを記した誤りなき書である。(3)それゆえ、神の語りかけに耳を傾けるのは、人間の義務である。

 聖書を読む際に重要なのは、字義通りに解釈するということです。つまり、著者が意図した通りに読む、最も自然な方法で読むということです。そういう方法で収集した情報を体系化すると、組織神学が出来上がります。誤った情報をいくら積み上げても、正しい神学を構築することはできません。神に関する正しい情報を収集することが大切です。

 3番目に、礼拝のない神学はなく、神学のない礼拝もありません。

正しい神学的営みは、その人を礼拝に導きます。私も、聖書研究の途中で、神の素晴らしさに触れて、思わず礼拝を捧げたことが何度もあります。クリスチャンは神を礼拝しますが、その礼拝の純度は、神学的理解の深さに正比例しています。それゆえ、神学のない礼拝はないのです。聖書を土台として神について学ぶなら、それが「無意味な抽象的議論」に終わることはありません。

参考になる聖句

「聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です」
(2テモ3:16)

礼拝のない神学はなく、神学のない礼拝もありません。

週間アクセスランキング

1

コリント人への手紙第一(29)復活(3)―からだの復活―15:35~49

2

出エジプト記(46)—金の子牛事件(3)—

3

Q400 ダビデとバテ・シェバの子はなぜ死んだのか。

4

コリント人への手紙第一(28)復活(2)―死者の復活―15:12~34

5

60分でわかる旧約聖書(22)雅歌

6

ヨハネの福音書(11)第3のしるしヨハ5:1~18

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
聖書 新改訳2017(C)2017 新日本聖書刊行会 許諾番号4-2-856号
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.