Q265箴言とはどういう書ですか?-現代人が箴言を読むべき理由-

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

箴言にはその名の通り、格言が詰まっています。【主】を恐れることは知恵の初め..などなど、聞いたことのある聖句も多いのでは。

箴言は現代の私たちに、どんなことを語りかけているのでしょうか。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

Q265箴言とはどういう書ですか?
-現代人が箴言を読むべき理由-

 

Q :箴言を読もうと思っているのですが、これはどういう書ですか。読む際に、何か注意すべきことはありますか。

 

A:箴言は大変興味深い書ですが、あまり読まれていないように感じます。箴言について、いつものように3つ申し上げます。

 

1番目に、箴言は、自己防衛の方法を教えたマニュアルです。

箴言は、あるテーマを追って体系的に書かれているわけではありません。
短い比喩や格言を用いて、読者に「知恵」を得させ、「正義」を体験させるものです。
箴言が書かれた当時は、いかにして自分を守るかということが、人々の最大の関心事でした。
平穏な生活を送るための秘訣は、隣人との争いを避けることです。箴言には、隣人との紛争を避けるための知恵が詰まっています。

 

2番目に、箴言は、神からの祝福を受ける方法を教えたマニュアルです。

箴言は、信者にも不信者にも祝福をもたらす書ですが、特に、人生経験の浅い若者にとって有益です。
箴言は、若者のことを「わきまえのない者」と呼びますが、年長者であっても、神を恐れることを知らないなら、その人は「わきまえのない者」です。
私も、定期的に箴言に親しみ、それによって生活の軌道修正をしています。
もし教会で、若者たちに対して箴言が体系的に教えられていないなら、それは大変な損失です。
 若者は、箴言を通して人生訓を学ぶことができます。その内容は、一度読んで分かるものではなく、繰り返し読み、実践することによって身に付くものです。

 

3番目に、箴言の教えは、イエス・キリストにあって受肉化しています。

箴言を読みながら、そこにイエス・キリストの姿を見る人は幸いです。箴言の内容は、キリストにあって受肉化しています。新約時代に生きる私たちにとっては、キリストこそ知恵です。パウロは、こう教えています。「このキリストのうちに、知恵と知識の宝がすべて隠されています」(コロ2:3)。また、初代教会のリーダーとなった主イエスの弟のヤコブは、こう勧めています。「あなたがたのうちに、知恵に欠けている人がいるなら、その人は、だれにでも惜しみなく、とがめることなく与えてくださる神に求めなさい。そうすれば与えられます」(ヤコ1:5)。箴言を読むことは、イエス・キリストを深く知ることにつながります。

 

参考になる聖句

「このキリストのうちに、知恵と知識の宝がすべて隠されています」(コロ2:3)

 

箴言は、祝された人生をもたらすマニュアルです。

週間アクセスランキング

1
申命記9:1~21「傲慢に対する警告(1)」

申命記(25)傲慢に対する警告(1)9:1~21

2

申命記(24)歴史からの教訓 8:1〜20

3

申命記(23)主の戦い 7:1~26

4

創世記(1)—初めに—

5

60分でわかる新約聖書(21)ペテロの手紙第一

6

60分でわかる旧約聖書(3)「レビ記」

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.