ガラテヤ人への手紙(9)キリストにあって一つ ー論理に基づく議論ー

  • 2020.06.21
  • ガラテヤ人への手紙 3章15~29節
  • スピーカー 中川健一
  • 東京定例会
このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

メッセージを会場で聞く

これらのメッセージは、恵比寿と大阪で定期的に行っている集会で収録されています。
どなたでもお気軽にお越し下さい。

このメッセージでは...

論理に基づく議論について学ぶ。

関連テーマ

テーマを全て見る

関連キーワード

キーワードを全て見る

ガラテヤ 9

「キリストにあって一つ」

-論理に基づく議論-

ガラ 3 15 29

1.はじめに

(1)ガラテヤ人への手紙の位置づけ

①ガラテヤ地方の諸教会は、律法主義者の教えの影響を受けた。

②パウロは、律法主義者の教えに反論する必要を感じ、この書簡を書いた。

 

(2)ガラテヤ人への手紙のアウトライン

①個人的弁明:パウロの使徒職(1:1~2:21)

②教理的教え:信仰義認(3:1~4:31)

③実践的教え:キリスト者の自由(5:1~6:18)

 

(3)文脈の確認

①3章から、ガラテヤ人たちに対する教理的教えが始まる。

*パウロは、旧約聖書から論じる。これが4章の最後まで続く。

*律法主義者たちは、旧約聖書の教えに従っていると自負していた。

*パウロは、彼らが誇りとしていた旧約聖書を用いて彼らを論駁する。

②3章の内容

*体験に基づく議論(1~5節)

*聖書に基づく議論(6~14節)

*論理に基づく議論(15~29節)

③今回は、論理に基づく議論(15~29節)を取り上げる。

 

2.メッセージのアウトライン

(1)契約の普遍性(15~18節)

(2)律法の目的(19~25節)

(3)信者の地位(26~29節)

 

3.結論

(1)アブラハム契約の内容

(2)アブラハムの子孫の意味

 

論理に基づく議論について学ぶ。

 

Ⅰ.契約の普遍性( 15 18 節)

1.15~16節

Gal 3:15 兄弟たちよ、人間の例で説明しましょう。人間の契約でも、いったん結ばれたら、だれもそれを無効にしたり、それにつけ加えたりはしません。

Gal 3:16 約束は、アブラハムとその子孫に告げられました。神は、「子孫たちに」と言って多数を指すことなく、一人を指して「あなたの子孫に」と言っておられます。それはキリストのことです。

(1)パウロは、律法主義者たちの反論を想定し、それに対する回答を用意する。

①彼らはこう反論するであろう。

*アブラハムが恵みと信仰によって義とされたことは、認める。

*しかし、その後与えられた律法により、義とされる方法は変更された。

②そこでパウロは、「人間の例」を用いて説明する。

「人間の例」とは、ローマ法の慣習のことである。

 

(2)ローマ法では、一度結ばれた契約は、無効にしたり、何かを付け加えたりは

できない。

①人間の契約が不変だと言うなら、神の契約はもっとそうである。

②アブラハムとその子孫に与えられた約束は、律法が与えられる前に成就し

たわけではない。

③律法が与えられた時点で、その約束は依然として有効であった。

④つまり、律法によって神の約束が変更されることはないのである。

 

(3)アブラハムとその子孫に与えられた約束は、キリストにあって成就した。

「あなたの子孫に」は単数形であり、キリストのことである。

②「子孫」はギリシア語で「スペルマ」、ヘブル語で「ゼラ」である。

*この言葉は、文字通りには「種」であり、比喩的には「子孫」である。

*この言葉は単数形であるが、集合名詞として「子孫」を指す場合もある。

*この言葉が単数形であることを基に、パウロはそれをキリストに適用。

③マタイ1:1は、キリストがアブラハムの子孫であることを記している。

Mat 1:1 アブラハムの子、ダビデの子、イエス・キリストの系図。

④キリストは永遠のお方なので、キリストにあって成就した約束も永遠である。

*つまり、信仰によって義とされることは、永遠の約束である。

 

2.17~18節

Gal 3:17 私の言おうとしていることは、こうです。先に神によって結ばれた契約を、その後四百三十年たってできた律法が無効にし、その約束を破棄することはありません。

Gal 3:18 相続がもし律法によるなら、もはやそれは約束によるのではありません。しかし、神は約束を通して、アブラハムに相続の恵みを下さったのです。

(1)神がアブラハムと結んだ契約は、430年後にできた律法の影響を受けない。

①430年は、ヤコブとの契約の更新から数えてのことであろう(創46:1~4)。

②出12:40

Exo 12:40 イスラエルの子らがエジプトに滞在していた期間は、四百三十年であった。

 

(2)相続は、約束によるか、律法によるかのいずれかである。

①神が与えた相続の恵みは、約束による。

②相続の恵みとは、恵みと信仰による救いのことである。

Ⅱ.律法の目的( 19 25 節)

1.19~20節

Gal 3:19 それでは、律法とは何でしょうか。それは、約束を受けたこの子孫が来られるときまで、違反を示すためにつけ加えられたもので、御使いたちを通して仲介者の手で定められたものです。

Gal 3:20 仲介者は、当事者が一人であれば、いりません。しかし約束をお与えになった神は唯一の方です。

(1)ここでもパウロは、律法主義者たちの質問を想定して回答を提供している。

①律法が救いを提供しないなら、シナイ契約でなぜ律法が与えられたのか。

 

(2)パウロは、律法の目的と性質を説明する。

①律法は、違反を示すためにつけ加えられた。

*律法は、罪を指摘する。

*罪を犯した者の上に、神の怒りが留まる。

②律法は一時的であり、メシアが来られるまでの間だけ機能するものである。

③律法は、約束よりも劣っている。

*約束は、神が直接アブラハムに与えたものである。

*律法は、仲介者(モーセ)を通して制定されたものである。

*実際は、2種類の仲介者がいた。

・天使たちは神を代表し、モーセはイスラエルの民を代表した。

 

(3)20節の訳は、新共同訳が分かりやすい。

Gal 3:20 仲介者というものは、一人で事を行う場合には要りません。約束の場合、神はひとりで事を運ばれたのです。 (新共同訳)

①アブラハム契約は片務契約である。

②神だけが責任を負う。

③それゆえ、仲介者は不要である。

 

2.21~22節

Gal 3:21 それでは、律法は神の約束に反するのでしょうか。決してそんなことはありません。もし、いのちを与えることができる律法が与えられたのであれば、義は確かに律法によるものだったでしょう。

Gal 3:22 しかし聖書は、すべてのものを罪の下に閉じ込めました。それは約束が、イエス・キリストに対する信仰によって、信じる人たちに与えられるためでした。

(1)次に想定されている質問は、律法と神の約束は矛盾するのか、である。

①パウロは、「決してそんなことはありません」と答える。

②ギリシア語の「メイ・ゲノイト」は、強意の否定である。

③約束と律法には、それぞれ異なった目的がある。

 

(2)律法の目的は、いのちを与えることではない。

①理論的には、律法を完全に守れるなら、律法による救いは可能である。

②しかし、律法を完璧に守れる人はいない。

③ロマ8:3~4

Rom 8:3 肉によって弱くなったため、律法にできなくなったことを、神はしてくださいました。神はご自分の御子を、罪深い肉と同じような形で、罪のきよめのために遣わし、肉において罪を処罰されたのです。

Rom 8:4 それは、肉に従わず御霊に従って歩む私たちのうちに、律法の要求が満たされるためなのです。

④申命8:1は、律法を守ろうと努力する人に地上生活の祝福を約束している。

Deu 8:1 私が今日あなたに命じるすべての命令を、あなたがたは守り行わなければならない。そうすれば、あなたがたは生きて数を増やし、【主】があなたがたの父祖たちに誓われた地に入って、それを所有することができる。

 

(3)律法は、福音への道を用意した。

①律法によって罪を示された人は、呪いの下に置かれる(ロマ3:23~24)。

Rom 3:23 すべての人は罪を犯して、神の栄光を受けることができず、

Rom 3:24 神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いを通して、価なしに義と認められるからです。

 

3.23~25節

Gal 3:23 信仰が現れる前、私たちは律法の下で監視され、来たるべき信仰が啓示されるまで閉じ込められていました。

Gal 3:24 こうして、律法は私たちをキリストに導く養育係となりました。それは、私たちが信仰によって義と認められるためです。

Gal 3:25 しかし、信仰が現れたので、私たちはもはや養育係の下にはいません。

(1)次にパウロは、2つの例を用いて律法の役割を解説する。

①牢獄の例

*キリストの到来まで、私たちは律法に監視され、閉じ込められていた。

*ここでの「私たち」とは、ユダヤ人たちである。

②養育係の例

*律法は、私たちをキリストに導く養育係となった。

*信仰による義を獲得するためである。

*キリストが現れたので、私たちは養育係の下にはいない。

 

Ⅲ.信者の地位( 26 29 節)

1.26~27節

Gal 3:26 あなたがたはみな、信仰により、キリスト・イエスにあって神の子どもです。

Gal 3:27 キリストにつくバプテスマを受けたあなたがたはみな、キリストを着たのです。

(1)主語が、「あなたがた」に変化している。ガラテヤの信徒たちのことである。

①信仰義認の説明が、ここでクライマックスを迎える。

②信仰は、3つの変化をもたらす。

 

(2)第1の変化:信者はみな、神の子どもとなった。

①信者は、「キリスト・イエスにあって」神の子どもとなった。

*「子ども」はギリシア語で「ヒュイオス」(複数形ヒュイオイ)である。

*キリストにある成人、息子・娘である。

*律法が養育係であったときは、未成年であった。

②キリストを信じた人は、聖霊によりバプテスマされた(キリストと一体化)。

「キリストを着た」とは、キリストが与える義の衣を着たということである。

*ローマ社会では、15歳になるとトーガの着用を許された。

*トーガは、その家の息子としての特権を引き継いだことを示すしるし。

 

2.28節

Gal 3:28 ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由人もなく、男と女もありません。あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって一つだからです。

(1)第2の変化:信者はみなキリスト・イエスにあって一つとされた。

①ユダヤ人は、こう祈っていた。

*「私は、異邦人でもなく、奴隷でもなく、女でもないことを感謝します」

②パウロは、この祈りを前提に、キリストにある一致を教えている。

③信者の間に、霊的格差はなくなった。

*ユダヤ人信者と異邦人信者の区別はない。

*奴隷の信者と自由人の信者の区別もない。

*男性の信者と女性の信者の間の区別もない。

④信者はすべて同じ霊的特権と地位に与っている。」

 

3.29節

Gal 3:29 あなたがたがキリストのものであれば、アブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです。

(1)第3の変化:信者は、アブラハムの子孫であり、約束による相続人となった。

①パウロは、アブラハムの子孫とはキリストのことだと論じた(16、19節)。

②信者はキリストと一体化した(キリストを着た)。

③それゆえ、信者はアブラハムの子孫の一部となった。

④信者は、アブラハムとその子孫に与えられた約束の相続人となった。

 

結論:

1 .アブラハム契約の内容

1 )創 12 1 3

Gen 12:1 【主】はアブラムに言われた。
「あなたは、あなたの土地、
あなたの親族、あなたの父の家を離れて、
わたしが示す地へ行きなさい。

Gen 12:2 そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、
あなたを祝福し、
あなたの名を大いなるものとする。
あなたは祝福となりなさい。

Gen 12:3 わたしは、あなたを祝福する者を祝福し、
あなたを呪う者をのろう。
地のすべての部族は、
あなたによって祝福される。」

①土地の約束

②子孫の約束

③祝福の約束

*この約束だけが、異邦人にも与えられる。

 

2 )創 15 章で、正式な契約締結の儀式が行われた。

①アブラハムは、深い眠りに襲われた。

②切り裂かれた物の間を、煙の立つかまどと燃えているたいまつが、通り過

ぎた。

③神だけが責任を持つ片務契約である。

④人間の側の失敗によって、無効になる契約ではない。

これを無条件契約と言う。

 

2 .アブラハムの子孫の意味

1 )ガラ 3 29

Gal 3:29 あなたがたがキリストのものであれば、アブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです。

①この聖句を根拠に、教会は霊的イスラエルであると主張する人がいる。

②この立場を、置換神学を呼ぶ。

③しかしこれは、ここでの文脈を無視した自分勝手な解釈である。

 

2 )アブラハムの肉の子孫は、ヤコブから出たイスラエルの 12 部族である。

①この肉の子孫の中に、少数の真の信仰者(レムナント)がいる。

②彼らは、肉のイスラエルの中にいる霊的イスラエルである。

③彼らは、アブラハムの霊的子孫である。

 

3 )アブラハムの肉の子孫でない者たち(異邦人)の中から、信仰者が出る。

①彼らもまた、アブラハムの霊的子孫となる。

②彼らは、信仰による義認を受け、 3 つの変化を体験する。

 

4 )イスラエルと教会は、別のグループである。

①神は、それぞれのために計画を持っておられる。

②教会が携挙されると、イスラエルに対する計画が成就に向けて動き始める。

週間アクセスランキング

1

申命記(8)「バシャンの王オグに対する勝利」

2

中川牧師の書斎から#030「米大統領選の最大の争点」-連邦最高裁判事の増員問題-

3

中川牧師の書斎から#031「トランプ大統領とメディアの戦い」

4

申命記(7)ヘシュボンの王シホンに対する勝利

5

60分でわかる新約聖書(17)テトスへの手紙

6

60分でわかる旧約聖書(1)「創世記」

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

ハーベスト・タイムの情報

3分でわかる!聖書

大人気動画を書籍化した「3分聖書」第2巻が文芸社より発売!

日本の教会に忍び寄る危険なムーブメント

異端・カルト研究40年のウッド氏が、初めて怖さを感じた。

聖書解釈の逸脱と回復

なんか変だな?摩訶不思議な聖書解釈が生まれる理由を検証!

1日でわかるセミナー「イスラエル論」

1日セミナーCD化!イスラエルがわかると、聖書がわかる。

イスラエル学 組織神学の失われた環

「神のご計画」その全貌を理解できる!フルクテンバウム博士 著

なぜ良い人に悪いことが起こるのか

クリスチャンカウンセラーとうつを通過した牧師が綴る「苦難の歩き方」

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.