Q216正典は誰が決めたのですか。

このメッセージに感謝を贈る

この無料配信メッセージは、皆様の祈りと献金のサポートで成り立っています。
あなたの「ちょっとした感謝」を300円献金で贈ってみませんか?

ハーベスト・タイム・ミニストリーズへのサポーター献金はこちら

このメッセージでは...

聖書の正典とは、旧・新約聖書に収録された文書のことです。外典や続編と呼ばれるその他色々の文書もあった中、誰が現在の全66巻のみを正典と決めたのでしょう。

 

決めたのは人間?それとも神様?

関連キーワード

キーワードを全て見る

216 正典は誰が決めたのか

 

Q :私は、旧約聖書39 巻、新約聖書27 巻、合計66 巻を、霊感を受けた神のことばと信じています。そのことを友人に話したところ、それは人間が決めたのだろうと言われてしまいました。聖書の範囲は、誰が決めたのですか。

A:キリスト教信仰は、聖書の上に乗っています。それゆえ、どこまでが正典であるかを定めるのは、極めて重要なことです。そこが曖昧だと、誤った教えを吟味する基準がなくなります。いつものように3つ申し上げます。

 

1 番目に、聖書66 巻の各書は、それが書かれた瞬間から神のことばです。

 

神は、御自身の計画を明らかにするために、さまざまな人物を選び、彼らに啓示の内容を書かせました。それゆえ、聖書の各書は、書かれた最初から神のことばなのです。ただし、どの書が神のことばであるかを人間が認識するためには、多少の時間がかかりました。つまり、聖書の範囲は、あるプロセスを経て決まったということです。

 

2 番目に、旧約聖書の正典の認定は、主にユダヤ教のラビたちによって行われました。

 

新約聖書と比べると、旧約聖書の正典の認定は、さほどの論争なしに合意に至りました。ユダヤ人たちは、神から遣わされた預言者が誰であるかを見抜き、彼らが語る預言を神のことばとして受け入れました。イエスも、旧約聖書39巻の正典性を認定されました。 「まことに、あなたがたに言います。天地が消え去るまで、律法の一点一画も決して消え去ることはありません。すべてが実現します」 (マタ5:18)

 

 3番目に、新約聖書の正典の認定は、教会によって行われました。

 

  執筆直後から、神のことばとして認識されたものがあります。ペテロは、パウロが書いたものを神のことばと認めています(2ペテ3:15~16)。また、パウロ書簡のいくつかは、諸教会で回覧して読むべき神のことばと認識されていました(コロ4:16、1テサ5:27)。時の経過とともに、正典と認識される書の範囲が広がっていきました。(1)紀元95年に、ローマのクレメンスは、8つの書を正典と認識しました。(2)紀元108年、ヨハネの弟子ポリュカルポスは、15の書を正典と認識しました。(3)紀元185年、エイレナイオスは、21の書を正典と認識しました。(4)論争を生んだ書は、ヘブル人への手紙、ヤコブの手紙、ペテロの手紙第二、ヨハネの手紙第二と第三です。(5)最終的に、紀元397年のカルタゴ会議で、新約聖書の27巻が認識されました。これは、人間が聖書の範囲を決めたのでなく、神が最初から意図しておられたことを、人間が時間をかけて認識したということです。そのプロセスにおいて、神の守りがあったことを言うまでもありません。

 

参考になる聖句

 

「その手紙でパウロは、ほかのすべての手紙でもしているように、このことについて語っています。その中には理解しにくいところがあります。無知な、心の定まらない人たちは、聖書の他の箇所と同様、それらを曲解して、自分自身に滅びを招きます 」(2 ペテ3 :16

 

 聖書の範囲を認識する過程において、神の守りがありました。

週間アクセスランキング

1

申命記(35)【主】によって立てられた権威(1)16:18~17:13

2

申命記(34)3つの巡礼祭16:1~17

3

ヨハネの黙示録(1)—イントロダクション—

4

Q289 厄年は本当に存在しますか。

5

60分でわかる新約聖書(23)ヨハネの手紙第一

6

申命記(33)初子は【主】のもの15:19~23

ハーベスト・タイムを応援する

ハーベスト・タイムの働きは、サポーターの皆様のお祈りと、献金により維持されております。
ぜひ、応援をよろしくお願いいたします。

ハーベスト・タイムのSNSでは、新着メッセージなどをお知らせしています。

聖書箇所の引用には新改訳聖書を使用しています。その他の場合は明記いたします。
Copyright © Harvest Time Ministries, All Rights Reserved.